> > > カードローン借り入れは年収か手取りか?どちらか?

カードローン借り入れは年収か手取りか?どちらか?

今友人と話をしていて思ったのですが、カードローン借り入れは年収か手取りか?どちらなのでしょうか。カードローン借り入れは年収か手取りか?というのは、いわゆる総量規制などについて、借入をするときに年収などを書かないといけないと思います。収入を書くときにどれを書いていいのか、というのがわからないのです。

手取りを書いたらいいのか総額の年収を書いたらいいのか、かなりの違いになるわけですし、できれば書くときにはちゃんと正しい方を書きたいものです。どちらが正しいとされていますか?

サラリーマンは年収を自営業は最終利益を書こう

消費者金融も銀行系カードローンも、確かにカードローン借り入れは年収か手取りか?と言われると、それがちゃんと説明されているわけじゃないのでわからないという人のほうが多いかもしれません。一応、これはちゃんと基準というのが決まっているのですが、それが年収を書くようにすることです。手取りではなく多い方の総額年収を書いてください。
(⇒カードローン利用と年収の関係についてオススメ記事

総額年収は手取りと違って税金などが引かれる前の金額になっていますが、こちらの方を中心に総量規制が考えられるというわけです。利用者にとってもその方が総量規制に引っかかる金額が高くなるわけで、結果的に有利になることは間違いありません。

もちろんこれはサラリーマンにとってでありますから、会社員ではない自営業者はまた別です。自営業者が書かないといけないのはサラリーマンと違って利益です。最終的な所得と書かれている、申告書の最終利益が収入になるのです。これを書いて借り入れをするようにしましょう、売り上げの方ではありません。

売り上げの方はかなり大きい人も多いですが、最終的な利益や所得というのはすごく少なくなりがちです。どうしても税金をあまり払いたくないということもありますから、税金を払わないためにも、少なめになっています。だからこそ自営業というのは会社員に比べて借り入れをするのが難しいというわけです。

単純に自営業の人なら所得を増やせばいいので、経費を減らしたり、売上を上げるようにすれば問題ありません。逆にサラリーマンは残業などで収入を増やすと審査に通りやすくなるでしょう。(こちらもご参考に→カードローンの審査に通過するためには

カードローン借り入れは年収か手取りか?どちらなのか

カードローンの申し込みをする時必ず年収を書かされます。ここで年収を手取りで書くべきか迷うところです。当然収入が多い方が審査が通りやすいから、ほとんどの人は年収を書きます。ただ貸金業者もそういうのをわかっていますから、年収で書かせても手取りで考えています。

貸金業者からすれば契約書に書かれた年収は自己申告だから、最初から参考にする気はないみたいです。だから借入希望額が多い時は、必ず収入証明書を提出させていました。それで総量規制が始まってからは、50万円を超える場合から収入証明書の提出を求めています。

カードローンの融資額は毎月の返済額で決まりますから、だから毎月いくら返済出来るかですから、年収で考えるより手取りで考えた方がいいのですが、貸金業はなぜか年収で考えています。そして総量規制も手取りではなく年収で考えていて、貸出総額を年収で規制しています。

だからカードローンの申し込みの契約書には、手取りではなく年収で書いておけば問題ないということです。

しかし借りる側は必ず手取りで考えるべきです。いくら年収が有ろうとも、毎月いくら余裕が有っていくら返済に回せるかを考えなければなりません。例え同じ年収でも自宅と賃貸じゃ返済可能な額では家賃分差が開いています。だから自宅の人と同じ額を借りるとそれだけ生活が苦しくなります。

ゆえに新しくカードを作ると毎月どれだけ返済を増やして、どれだけ返済しなければならないかを、年収なんかよりも毎月の手取りで考えないと、返済できるかできないかがわかりません。だから年収など借りる時には全く役に立たないということです。

カードローン借り入れは年収か手取りか?といえば、貸金業者には年収いくらと語ればいいけど、借りる場合は、手取りで毎月いくら返せる余裕が有るかを考えなければなりません。だから借りる側は年収など全く役に立たず、毎月の手取りでカードローンの借り入れを考える必要が有ります。

【参考ページはこちら】
カードローンの極度額と年収はどんな関係?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ