> > > 個人事業を始める前にカードローンを利用することはできますか?

個人事業を始める前にカードローンを利用することはできますか?

個人事業を始める前にカードローンを利用することはできますか?

銀行カードローン、日本政策金融公庫を利用する

個人事業といってもお金がかかるものからインターネット上でほとんどが済んでしまい、お金はあまり必要ないものなどいろいろあると思います。今回はカードローンを利用したい、ということでしょうからそういう場合は、なるべく銀行カードローンや日本政策金融公庫の新規開業資金を利用した方が良いでしょう。しかし、全てを借りようとするのは返済も大変になりますし、無謀な考えです。必ず、資金をご自分でも貯金しておきましょう。

日本政策金融公庫を利用するには、条件がいくつかあります。同じ業種で独立を考えており、同業を6年以上勤めている、とか、開業したい業種に直結する内容を大学等でも学んでおり、2年以上その職に就いている、とか、創意工夫で多様なニーズに応える事業を展開したい、とか、雇用を伴う事業である、とか、なかなか厳しい条件ですね。お金を借りるということはそれだけ、重みがあるということです。

銀行のカードローンにしても、まとまったお金を借入するには、あなたが信用してもらえるだけの、資質や返済能力が求められ、事業に関する綿密な計画や収益を推しはかる面接もあります。それでもまずは前述した、日本政策金融公庫、もしくは銀行カードローンの利用を検討した方が良いでしょう。それが、結果、融資を受けられなかった場合は消費者金融を利用すると良いですよ。プロミス、アコム、モビット、オリックスクレジット、ビジネクストなどを利用されている方が多いです。内容や金利も異なりますので、比較検討して、ご自分に合致した商品を選んで利用しましょう。

【参考ページはこちら】
事業資金をカードローンで借りることはできる?

個人事業を始める前にカードローンを用意して置きましょう

起業して、個人事業主になる前にしておいた方がいい事の一つに、カードローンやキャッシングの申込があります。それだけでなく、クレジットカードの申込もしておいた方がいいでしょう。起業前はおそらくサラリーマンでしょうからある程度安定した収入があると言う事で、カードローンやクレジットカードの契約がしやすいはずです。ぜひ起業前に申し込んで用意しておくといいでしょう。

個人事業主でもこの様な金融サービスが利用できないわけではありません。しかし問題なのは起業間もない場合には審査が厳しく普通は起業後1年は通らない物と考えていいでしょう。2年を過ぎると通るようになりますが、一番使いたいのは起業間もない収入も支出も不安定なころですから、それでは間に合いません。ですから始める前に用意しておくのが重要です。

クレジットカードもカードローンも転職したり年収が大きく変わったりすればそれを伝えなければなりませんし、その事が理由で限度額が変更されたりする事がありますが、基本的に既に契約している物は簡単に解約される事はありません。もちろんカードローンの限度額は借入が50万円に上あれば定期的に収入証明を提出する事を求めたれたりするので、転職している事を知らないわけはないのですが、それで限度額が引き下げられるにしても、解約と言う事はまずありません。

事業を始めてある程度たてば、今度は事業向けの融資や、個人事業主向けのカードローンや、キャッシングの付いたビジネスカードを申し鋳込むのがいいでしょう。ビジネスカードは起業間もなくても事業計画などの提出があれば、申し込めるような仕組むがありますので、必要なら早めに申し込むのもいいかもしれません。
(⇒カードローンの申込み方法に関するオススメ記事

いずれにしろまだ実態がはっきりしない状態では、個人事業向けに融資してくれるところはありません。その為に、始める前に用意しておく事が肝心ですし、必要です。起業の時は忙しくてこういうことは忘れがちですが、気をつけましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ