> > > 学生カードローンを使ってる人ってどんな学生さんなの

学生カードローンを使ってる人ってどんな学生さんなの

アルバイトで生活費を稼いでいる苦学生です。試験の期間などはアルバイトができず、ひもじい生活を強いられています。逆に夏休みなどは大学が休みなので、思う存分アルバイトができるので、生活が潤ってきます。毎月の収入に差があるので、厳しいときにカードローンを利用できればと考えています。

もちろんフルにアルバイトができたときにきちんと返済する自信はあります。ぜひカードローンを申し込みたいと思うのですが、学生なので審査はなかなか通りにくいと聞きました。学生でカードローンを使っている人ってどんな学生なのでしょうか。なぜ審査に通ったのか知りたいと思います。

学生でも20歳以上でアルバイトしていることが条件です

学生カードローンという商品はいろんな金融機関でよく見かけますよね。なにを基準にカードローンの審査をしているのでしょうか。金融機関によっても審査の内容は違ってきますが、一般的にはだいたい同じでしょう。一般的な学生ローンの条件をみていきましょう。

学生カードローンに申し込む条件は、当たり前ですが学生であること。専門学校生・短大生・大学生などですね。ただし、学生なら誰でもいいわけではありません。学生でも20歳以上の成人した人が対象になります。20歳未満の未成年は、いくら学生でも対象とならないので注意してください。同じ学生なのになぜ年齢を設けているのかというと、未成年というのは法律で守られているからなんですね。

例えば、未成年がお金を借りて返せなくなったとしても、「未成年者なんだから返さなくてもいい」という、金融機関にとってやっかいな法律があります。仮に未成年に貸したとしても、この法律を盾に返済してもらえなくても文句は言えない、というわけなんですよ。こんな法律があるので、金融機関が貸し渋るのも仕方ないですよね。

学生といっても一定の収入があることが条件となります。すなわち学生なのでアルバイトということですね。学業の合間にアルバイトでお金を稼いでいる人は、審査に通るための条件といえるでしょう。ただし、朝から晩までめいっぱい働かなくても構いません。本業は学生なわけなので、週に2~4日の短期アルバイトでOKです。とにかく継続してアルバイトしていて、一定の収入がある、というのが大事なことになります。

当たり前のことですが、他社からの借入れがないのも条件になりますよ。あちこちから借入れをしている人はやはり信用度が下がります。借入れがあったとしても延滞することなく、きちんと返済していればまだマシかもしれませんが、それでもやはり借入れはないほうが審査には通りやすいでしょう。

審査に通るコツとして、最初からいきなり融資の限度額を高く設定しないこと、です。学生にいきなり高額な融資はしてくれないところが多いので、最初は限度額を低く設定するのがポイントです。5~10万程度の限度額で設定しておき、まずは審査に通ることを目指しましょう。審査に通ってカードローンが組めたら、あとは信頼関係で限度枠はあげてもらえます。返済が遅れたりしなければ信頼度はどんどんあがっていくので、おのずと限度額もあがります。

学生カードローンの審査に通るには、20歳以上であること、少しでもいいのでアルバイトしていること、他社からの借入れがないこと、最初の限度額は低く設定すること、が条件でしょう。学生カードローンをつかっている人はたいていこのような条件だと思われますよ。

学生カードローン使ってる人は意外に多いのか

大学生や、または専門学校や短大なとに通い始めると、高校生の時よりも多くの出費がかかってきます。例えば、コンパやサークル活動などでもお金が必用になってきます。生活費ぐらいは、両親に頼って仕送りなどをしてもらうことも出来ますが、更に他の出費までとなると両親にとっても負担になりますし、また学生本人もそこまで心配をかけたくないと思うのではないでしょうか。

もし、どうしてもお金が必用になったときには学生カードローンを利用するというのも選択の一つです。学生カードローンは、18歳以上の大学や専門学校、短大などに通っている人が利用できるローンです。まだ、仕事にも就職してない上に、社会人になってないのに申し込めるのかと思いがちですが、長期アルバイトなどの収入があれば申し込むことは可能です。実際、学生カードローン使ってる人は多いですし、助かったという方もいます。

カードローンのメリットには、お金が必用なときにいつでも利用できることです。指定した口座に振り込んでもらうことも出来ますし、現金が必用なら提携しているATMから引き出すことも出来ます。最近は、銀行やコンビ二にあるATMと提携しているところが多いので、銀行やコンビニに行くついでに、普段、貯金などを引き出すのと同じようにおろすことが出来るので便利です。特に、コンビニは24時間営業なので、急に必要なときでも対応出来ます。

以前は、カードローンとなると悪徳業者などあまりよいイメージがありませんでしたが、今は便利で簡単に利用出来るので多くの方が利用しています。学生以外でも、主婦の方や年金受給者の方など幅広いです。(こちらもご参考に→専業主婦は銀行カードローンでどれくらい借りられるの?

ただ、便利がよくて簡単におろせるので、借り過ぎには注意が必要になってきます。借りたお金にには、当然利息なども付いてきますので、利用するときには先に返済計画をたてることが大切です。大手のカードローン会社のホームページには、借りた金額などを入力するだけで、簡単に毎月の返済金額や利息を計算できるサービスが無料で利用できるようになっているので活用しましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ