> > > 18歳の大学生です。カードローンを組むことは厳しいですか

18歳の大学生です。カードローンを組むことは厳しいですか

大学に入ったばかりの18歳大学生です。地元を離れて東京の大学に進学しました。生活費は仕送りしてもらっていますが、一人暮らしをしているせいかとにかく出費が多くて参っちゃってます。入学と同時に家庭教師のアルバイトを始めましたが、まだ3ヶ月しか経っていません。家庭教師の時給はいいのですが、週に5日、1日3時間だけなのでなかなかお金はたまりません。

違うアルバイトも始めようかと考えていますが、大学の授業もありなかなかできないのが現実です。カードローンを組んで、ピンチのときに備えたいのですが、こんな私がカードローンを組むのは厳しいでしょうか。

18歳の大学生がカードローンを組むのは厳しいですね

18歳の大学生となると、未成年でしかも学生ですね。家庭教師のアルバイトで安定した収入があるのならカードローンの審査に通るところもあります。ありますが、少ないと思っていたほうがいいかもしれません。これがアルバイトも何もしていない場合はまず無理だと思ってください。組めたとしても、融資額は少ないですよ。未成年の学生に高額な融資をしてくれるところはありません。念のため。未成年で学生、収入もゼロとなると貸してくれるカードローンを組めるところはまずないでしょう。

たいていの消費者金融や銀行のカードローンでは、年齢制限を設けており、20歳以上としているところがほとんどです。(こちらもご参考に→カードローンにはどうして年齢制限があるの?)たとえアルバイトをして安定した収入があったとしても、未成年というだけで審査に通らないことが多いでしょう。なぜ未成年にはお金を貸してくれないのでしょう。「未成年がお金を借りて返せなくなっても貸したほうが悪い」とみなされてしまいます。すなわち未成年は法律でがっちり守られているんですね。未成年だから返さなくていいとなると、どこも貸してくれなくなりますよね。困っているから貸してあげたのに「貸したほうが悪い」なんてことになったらばからしいですもんね。

学生なので各金融機関がだしている「学生ローン」なら18歳以上の未成年でも審査に通るところもありますが、この場合も「安定した収入がある人」という条件がついているところがほとんどです。学生なのでアルバイトを定期的にしている人、ということになりますね。ただ、学生だとしても20歳を超えていれば審査も少しは通りやすくなりますよ。審査に通りやすくするためには20歳になるまで待ってみるのも手かもしれませんね。もちろん待てれば、の話しですけど。

もしくは、「保護者の同意が必要」となっているところが多いと思ってください。未成年なので保護者の同意があれば問題なしとしているところはありますよ。「未成年でしかも学生にお金を貸しますが、返せなくなったら代わりに保護者が返してくださいね」ということですね。この場合はどちらかというと、保護者に対して貸すような感覚でしょう。審査も学生本人ではなく、保護者に対してもおこないます。在籍確認も保護者の勤務先に連絡があると思っていいでしょう。

大学に入ったばかりでお金が必要なことはあるでしょうが、できれば20歳まで待ってみる、定期的なアルバイトで収入を上げる、などしたほうがいいのではないでしょうか。それでもなお必要なら保護者である親に頼み込んで同意してもらうしかないですね。

【参考ページはこちら】
未成年の学生でもカードローンを利用できる?

18歳大学生カードローンが可能かどうかについて

最近では、色々な立場の人がクレジットカードやカードローンを組むようになったといわれています。そもそもカードローンとは個人向けの無担保融資であり、無担保であるがゆえにお金の貸し出しの際に行う審査が担保を取るローンと比較して厳しいのが一般的です。

一方で、土地や建物など担保を有していない人であっても、その人が安定した職業を得て現在働いており、さらに正社員など雇用条件も安定的な地位を得ている場合は、カードローンを借り入れることは難しいことではありません。カードローンと一言で言ってもその形態により、分けることができます。

例えば、自動車ローンなど特定の目的や対象がある場合の目的ローンとそもそも目的や対象がないフリーローンなどです。消費者金融などが積極的にコマーシャルを行っているのはこのフリーローンのことで、多くの人が必要としているのはこのフリーローンといえます。フリーローンでお金を借りて、生活費の補足にしたり趣味に使ったりと、収入の一部として活用することが可能になるためです。フリーローンは使途を問われない分自由度は高いですが、その分目的ローンと比較して金利が高いといわれています。

一般的にフリーローンを活用する場合、主に職業の面から審査を受けるのが普通で、例えば18歳大学生カードローンを作ることが可能かについては、その大学生が審査時にアルバイトなどの収入を得ているかが重要になります。仮にアルバイトなどをして収入を得ていれば、その収入で借りたお金を返すことが可能になります。

一方で、アルバイトなど収入がない場合は、例えば利用制限額が10万円と決まっていたり、親権者の同意が必要な場合があります。また、カードローンの中には、申請者の年齢が20歳以上と指定しているところがあります。そのため、こうしたカードローン会社は18歳の人にとってはたとえ働いていても利用することが困難と言っても過言ではありません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ