> > > 就職内定者がカードローンを利用する方法はありますか

就職内定者がカードローンを利用する方法はありますか

現在就職内定中の22歳の独身男性です。今、お金に困っているんですが、就職内定者という状態でカードローンを利用する方法はありますか?

どうしてもというのでしたらアルバイトが最良と思います

就職内定中の状態は、実際は無職という状態です。その状態でカードローンに申し込む場合、就職内定証明書を提出すればお金を貸してくれる業者が有るらしいですが、絶対にそういう方法はとるべきではありません。どうしてかというと、一番大事なのは就職する事です。就職内定の状態は正規社員でなく無職である事に変わりはありません。

ですから内定証明書を出して貰うこと自体が、あなたにとって大きなリスクになってしまいます。折角、就職が決まっているのに、そんな大きなリスクを冒す必要などさらさらありません。第一、大手のカードローン会社で就職内定者という条件だけで融資するという情報はありません。という事で現実的に一番可能な方法は、アルバイト先を探す方法が最良だと思います。(こちらもご参考に→バイトしたてでもカードローンを利用することはできる?

期間限定のアルバイトの求人は沢山ありますから探せば見つける事が出来ます。よく言われる事ですが、綺麗で楽な所を探すから就職が難しい。汚くてきつい仕事なら、仕事は山ほどある、という格言は、まさに名言です。そう言う意味でバイト料や労働条件を我慢できるならアルバイトは難しくないと思います。

その上で、アルバイト収入で申し込めば利用限度額は少なくても、ある程度まとまったお金は借りる事が出来ます。そして就職してから、登録情報を変更して、一定の期間を経過して増額して貰えば利用限度額が増やせます。もっとも、無理に使う必要もないのに限度額を増やす必要はありませんが、ともあれカードローンの利用は、まず収入を得てからにしましょう。

就職内定者のカードローン申し込みについて

就職内定者となるとカードローンを申込みをしてお金を借りるには微妙な時期になります。内定者とは、就職活動が終わってすでに企業に採用された人のことを指します。働くことは決まっています。しかし、採用されたはいいが現在住んでいるところから通える範囲ではなく、勤務地が遠隔地の場合は、新しく住む場所を探さなければならないですし、そこまでの交通費や引越し代もかかります。スーツも新調するならそのお金もかかります。

大手企業に内定をしたのであるならば、引越費用や交通費は内定先の企業がすべて費用を負担してくれるところもありますが、そうでない場合が多数ですので、費用は自分で賄わなくてはならなくなります。そうなると預貯金で賄えないのであればカードローンを利用する方法があります。

ただし、ほとんどの消費者金融の場合は内定者は無職扱いになります。内定というのは正式に働いているわけではありません。学校を卒業できなかったら採用は取り消されます。また、入社までの間にやはり採用を辞退したいというのであれば、それがお金を借りた後に会社を止められたのであらば返済はどのようにしていくかということになります。

カードローンを申込みをするのであれば、入社してから申込みをしてくださいとほとんどの会社で断られてしまいます。ただし、内定は決まったが現時点でアルバイトをしているのであれば、そのアルバイト先を勤務先として申込みをすることができます。そして、正式に入社後は、変更事項の届け出をするだけになります。

消費者金融の中には、内定だけでも融資してくれる会社があるのは確かです。内定の証明書などを提出してお金を貸してくれる会社もあります。勤務先への在籍確認ですが、正式に入社していないので電話して確認する会社もないことはないのですが、入社前に電話をかけられるので会社での印象が悪くなったりすることも考えられます。基本内定の証明書だけで借りられる場合が多いですが、ほとんどそういった会社はないです。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用したい学生さんにオススメの記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ