> > > 大学生でカードローンを作る場合の借入金額はいくらぐらい

大学生でカードローンを作る場合の借入金額はいくらぐらい

21歳の学生です。アルバイト収入で生活をしていますが、学生の身分でカードローンを作る場合の借入金額はいくらぐらい借りる事が出来るんでしょうか?

個人毎に違いますが10万円~30万円くらいでしょう

学生だけの身分でご利用になれるクレジット系のローンがあります。その場合でも学生枠は10万円~30万円ぐらいです。またアルバイトをしているのでしたらアルバイト収入で通常のカードローンに申込む事も出来ます。何れの方法でも、収入的に利用限度額は10万円~30万くらいになると思います。

もちろん審査の状況によって利用限度額が決まりますから、必ずその範囲内の利用限度額になるとは限りません。一時的な利用であれ、使い続けるのであれ最初にご利用になる場合は、無利息ローンを利用された方が便利です。

例えば30日間無利息ローンの場合なら、最初に借り入れした日の翌日から30日以内に返済すれば、利用限度額の範囲内であれば、利息が無料になるという大変お得なサービスです。またカードローン会社を選ぶ時に時に、金利が気になる所ですが、意外と高くつくのがATMの手数料です。

申し込まれる際は、金利の比較に合わせて、返済方法とATMの利用手数料が出来るだけ無料のカードローン会社を選べるなら、その方がお得になります。申し込みの方法は、インターネットをはじめ、いろいろと種類がありますが、一番便利な申し込みの方法がインターネットによる申し込み方法です。

まずは会社選びから始めてみて下さい。会社選びのコツは、金利、人気度などのメジャーな項目で、ランキング表示する方法が一番いいです。複数の項目で、何度かリストアップして利用したい会社を絞り込んで行きましょう。会社が決まれば、申し込む時に必要な書類を確認して準備出来たら、インターネットで申し込めば、最短で30分程度で契約が成立します。

なお申し込み方法によっては、数日かかる場合もありますので、利用したい会社が決まれば、申し込みからカード発行までの手順をご確認後、申し込むようにしてください。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

大学生でも利用できるカードローンの借入金額

お金とはいったいどういった物でしょうか。お金は、現代の生活には無くてはならない物です。現代の貨幣制度では、特別な印刷をされた長方形の形をした紙幣という物と、平たくて丸い形のアルミや銅などの金属でできた硬貨という物を、お金として使用しています。これらは元々は、お金という名の通り、実物の金または銀を使用していました。

お金を得る手段はさまざまです。会社などに就職をして従業員となり、月々決まった給料を貰うことでお金を得ることもできます。または、自分で何かを作るなどして、それに値段を付けて売るという行為をすることによって、お金を得ることもできます。他にもさまざまな方法がありますが、このように、いくつかの方法でお金を得ることができるのです。

しかし、収入源があるからといって、いつもお金が必要な時に必要な分だけあるかといえば、そうとは限りません。自分の収入に見合ったお金の使い方をしないと、お金はあっという間に無くなってしまいます。時には、本当に必要だという時に、手元にお金が無いということもあり得ます。こんな時はどうすればいいのでしょうか。

そんな時は、カードローンというものによって解決できます。カードローンとは、どういったものかというと、簡単に言えばお金を借りるということです。借りた後は、決められた返済期限までに、借入金額に利子を加えた金額を納めればいいのです。このカードローンは、簡単に利用できるので、いざという時には非常に便利なものです。

では、カードローンは、どういった人が利用できるのでしょうか。利用できるのは、満20歳以上の人から利用できます。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってあるの?)ですから、仮に大学生であったとしても、利用できるということです。大学生の場合は学生ですから、借入金額の限度は余程のことが無い限りは、最低限度に設定されているでしょう。

ちなみに、最低限度というと、10万円からということです。しかし、カードローンを行っている金融機関では大学生向けのサービスも展開されているところもあるようなので、大学生に対しては門戸を広げているようです。初めて利用する前には、審査を受ける必要がありますが、それを通過すれば、晴れて利用することができるようになります。

【参考ページはこちら】
未成年の大学生でもカードローンは利用できる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ