> > > カードローンで一回に借りれる額って決まっているのですか

カードローンで一回に借りれる額って決まっているのですか

社会人3年目です。仕事もだんだん軌道にのってきて楽しくなってきましたが、お給料はなかなか上がらないのが悩みです。3年目になると後輩もできて、飲みに行ったりするとついおごってあげたりするので、新入社員の頃より生活は苦しいですね。彼女ができたこともあり、とにかくお金がかかります。突然必要になることも多いので、カードローンを申し込もうと思っています。返済はボーナスでするつもりなので、大丈夫ですが、カードローンで一回に借りることができる額って決まっているのでしょうか。少額で足りる場合がほとんどですが、たまに旅行などでどーんと必要になるときがあります。そんなときでも助けてくれるのでしょうか。

カードローンで借りれる額を決めるために審査があります

カードローンで一回に借りることのできる金額は決まっていないのが実情です。金融機関の広告で「最高500万円まで融資可能」と書いてあっても、いきなり最高金額を貸してくれるところはまずありません。限度額は、その人の年収や継続年数などによって金額が決まります。限度額の範囲内であれば借りられるというわけです。限度額を決めるのが、カードローンをつくるときの審査ということになります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

例えば、同じ年収で同じ勤続年数の人が同時にカードローンを申し込んでも、限度額は同じにならない場合もある、ということです。片方は他社から借入れがたくさんあり、返済も遅れがちな人で、もう片方は他社からの借入れがいっさいなかった場合、前者の人のほうが融資の限度額は高くなるでしょう。このように、限度額というのは一概には決められないわけなんですね。審査では、まず貸すことのできる人物かどうかを見極めて、問題ないと判断すれば、限度額を決定します。

では、どうすれば融資の限度額を高く設定してもらえるのでしょうか。カードローンを申し込んだ直後は低いと思っていてください。気を付けなければいけないのは、申請のときにいきなり高い融資額を申請してしまうと、審査に通らない可能性があるので注意しましょう。

まずは低めで設定するのが賢明です。低めの限度額からスタートしても、金融機関から信頼が得られれば、限度額はあがっていくので心配いりません。どんなに年収が高くても、金融機関にしてみれば、はじめての取引ということになるので、やはり不安ですよね。本当に信頼できる人なのかどうか、実際に取引してみないとわからないことはたくさんあるわけですよ。だから最初は低い限度額からスタートして、返済を滞りなくしてくれているお客さんは信頼できるということで、限度額が上がるということになります。

例えば、異なる金融機関に同時にカードローンを申し込んで、どちらも審査に通ったとしても、融資の限度額が同じということないでしょう。限度額の設定は、各金融機関によってそれぞれの審査があると思ってください。同じ条件でも限度額が違ってくるのは、金融機関の考え方の違いということになります。

今回はカードローンで少額を融資してもらいたいとのことなので、まずは限度額を少なめに設定して申請したほうがいいでしょう。あまりに高額な融資を申し込むと、審査で落とされる可能性があります。落とされてしまったのでは本末転倒ですよね。まずは5~10万円程度にしておいて、取引期間を経てから限度枠をあげてもらうようにしましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査が心配…受かり方を教えて!

カードローンで一回に借りれる額の決め方とは

カードローンはお金を借りて利子を付けて返済するというシステムです。つまり借りたお金に金利を上乗せして返済する事になります。つまり、計画も無しに好きなだけ借りてしまうような事があれば、金利がどんどん膨らんでいってとても返せないような金額になってしまいます。

そういった事態は利用者だけではなくカード会社にとっても大きな損害になるので、カードローンで一回に借りれる額を予め設定されています。その設定額の決め方としては、カード利用者の社会的立場や経済力によって変わってきます。

例えば主婦や学生であれば10万が限度額として設定されている場合もあります。高くても20万円までという事が多く、出来るだけ低額に抑えられています。そうする事によって、返済出来る状況を作ると共に万が一この額でさえ返済出来ないという事になっても、カード会社への損害を最小限に抑える事が可能になります。

カード会社はまず自分の会社が損失を受けないように、利用者を選定する事になります。少しでも特例な利用者である場合には状況に応じて利用可能限度額を大きく下げる事になります。こうして利用者とカード会社を守っています。年収が高ければ高い程に利用限度額は高くなっていきます。カード会社としても、より高額を借入してもらう事によって金利によって利益を得る事になるので、しっかり返済する能力がある人により多くの金額を借りてもらう事をカード会社は望んでいます。

つまり何度もカードローンを利用して完済を繰り返す事によって、利用限度額を勝手に上げてくれる事になります。また、自分の年収が上がるタイミングで自分で申請する事も可能になっています。年収が上がればお金を借りる必要がなくなる可能性もありますが、もしもの時のためにも一応利用限度額を上げておく事がお勧めです。タイミングとしては少し給料が上がったタイミングではなく、明らかな年収の変化の時に申請する事が大切です。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方もチェック!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ