> > > 新卒でのカードローンはやっぱり厳しいでしょうか

新卒でのカードローンはやっぱり厳しいでしょうか

新卒で働き始めたばかりの新人社会人です。独り暮らしをしていることと、大学時代に奨学金をもらって通っていたので、奨学金の返済も毎月返さないといけないため、正直いって生活が厳しいです。食費を切りつめたり、欲しいものもガマンしていますが、それでも厳しくなってきました。

社会人になったら仕送りはしてもらわないという約束なので、実家に援助を求めるのはできない状況です。新卒で働き始めたばかりですが、安定した会社なのでカードローンの審査に通るんじゃないかと少し期待していますが、まだ実績がないこの状況ではやっぱり厳しいでしょうか。

はい、新卒でのカードローンはやっぱり厳しいですよ

新卒で働き始めたばかりでのカードローンはやっぱり厳しいでしょうね。安定した会社に入ったのかもしれないけれど、まだお金を稼いだという実績がないわけですよね。入社したってだけの話しですよね。カードローンの審査には年収を記載する項目があるんだけれど、1年経ってないと年収なんてわからないでしょ。そうすると想定でしか記入できなくなるから、融資する側としても判断のしようがないってことになるわけですよ。

融資してくれるところが何を重視しているかというと、年収よりもどちらかというと勤続年数なんですよ。本当にその会社で働き続けることができる人かどうかが重要なんですね。カードローンの審査は、最低でも勤続年数が1年以上だと通りやすいといわれています。例えば、年収1000万円で勤続半年の人と、年収400万円で勤続10年の人とでは、後者のほうが審査は通りやすいってことになります。いくら年収が良くても働き続けるという実績がないので信頼できないと判断されちゃいます。年収が少なくても、コツコツ働き続けた実績があれば信頼してもらえるってことです。
(⇒カードローンと年収の関係についてもっと知りたい!

特に、融資のスピードが速くて審査も比較的緩い消費者金融ですが、ここは総量規制の対象なので、年収の1/3までが融資の限度額と決まっています。過去の年収の実績がない人には貸しようがないですよね。銀行と銀行系のカードローンは、総量規制の対象じゃないので、融資の限度額に制限はありません。だけど、やっぱりそこは銀行、消費者金融系に比べて若干審査が厳しくなります。そして融資までに時間もかかっちゃいます。働き始めたはいいけど、まだ実績がない人にはなかなか貸してもらえない可能性のほうが高いですかね。

働きははじめてどの程度経ったのかわからないけれど、それぞれの金融機関の判断によってはカードローンを組めるところもあるかもしれませんよ。ただし、何も考えずに次々と申し込むのだけは絶対にやっちゃいけません。申し込んで審査に落ちちゃったら、個人情報に「審査落ち」の烙印がおされてしまいます。烙印を押されちゃったら、次に申し込むときの判断材料にされてしまうわけですよ。何度も「審査落ち」があれば、やはり警戒されてしまいますよね。この烙印は、消費者金融だろうが銀行だろうが関係ありません。お金を貸してくれるところは全部つながっていると思ってください。自分の状況を説明して、通る可能性のあるところだけに申し込むようにしてください。

本当ならもう少したってから申し込むのがいちばんかな。頑張って1年働いてみるっていうのはどうでしょうね。1年経てば年収欄にも堂々と記入ができるわけだし、実績としても信頼してもらえますよ。どちらにしろ、検討を祈ります。

新卒でのカードローンは利用することができるのか

大学を卒業して就職をしたばかりの頃は、なにかと物入りです。社会人として必要なものを買い揃え、場合によっては引っ越しなどで生活環境が大きく変わってしまうこともあります。さらにスキルアップをしようと語学スクールやセミナーなどに通えば、入社したばかりの安月給では、足りなくなることもあるでしょう。初めての給料で両親にプレゼントをしたくても、諦めてしまうこともあるでしょう。

給料をやりくりしても足りない場合は、カードローンが頼りになります。これまでの学生の立場だとアルバイトでしか収入を得られなかったので、カードローンの利用は難しいものでした。しかし新卒でのカードローンなら、アルバイトよりも収入が多くしかも社会人という身分ですから、借りられる可能性は非常に高いと考えるでしょう。給料だけでは足りないときには、すぐにカードローンの申し込みをするかもしれません。

ですが、カードローンの申し込みをしても、実際には利用できないことがほとんどです。新卒でのカードローンが利用できない理由とは、収入の3分の1までしか融資ができない総量規制があるからです。総量規制の基準となる収入とは、これから受け取る収入ではなく、前年の収入を基準としています。そのため、新卒でのカードローンの場合は、学生時代最後の年の年収が基準となるために、難しくなっているのです。

しかし、新卒でのカードローンが全く無理なのかというと、そうではありません。前年にアルバイトなどで収入があれば、小額なら借りることができるでしょう。10万円程度なら問題なく借りられることがあるので、必要なときは申し込んでください。

新卒でのカードローンが難しいとされてはいますが、就職してから数ヶ月経てば大抵の場合問題はありません。1年ほどしっかりと働けば、全く影響を受けることはないでしょう。今すぐお金が必要でない限りは、ある程度の働いてから申し込みをした方が確実といえます。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ