> > > 日雇いなのでカードローンの審査は通らないですよね

日雇いなのでカードローンの審査は通らないですよね

5年ほどずっと日雇いとして働いています。いつ仕事がなくなるかという不安は常についてまわっていますが、この5年間仕事が途切れたことはありません。まだ20代ということもあり、50代が中心のこの業界ではかなり重宝されています。特に、工事現場での力仕事はまっさきに仕事の依頼がくるので、ここ最近は休みがないほど忙しく働いています。

ただ、去年結婚して子供ができたので、もう少し広い家に引っ越ししたいと考えています。引っ越しするための費用をカードローンで借りようかと思っていますが、日雇いだとカードローンの審査は通りませんよね。

日雇いでも一定の収入があれば審査は通るでしょう

日雇いでも定期的に収入が安定していれば審査に通りますよ。「日雇い」というだけで落とされることはないはずです。ただ、一般の会社員や公務員の人に比べると、仕事が安定していないということで多少審査に影響はあると思ってください。日雇いといってもいろいろな形態があると思いますが、どこかから派遣されているのであれば、収入もはっきりしているでしょうし、大丈夫でしょう。

その日に集まっていきなり現場に連れて行かれて、その日のうちにキャッシュで給料をもらっているような場合は、収入を得ているという証明が難しいのでちょっと厳しいかもしれませんね。収入の証明書はとても大事ですよ。仮にない場合は確定申告をしたときの書類等が必要になってくるので、申し込む前にきちんと準備しておきましょう。

日雇いの場合の給料支払いですが、派遣されている日雇いであれば月収の場合が多いかと思います。月収としてもらっているのであれば、給与明細もあるでしょうから、審査は通りやすいでしょうね。月収ではなく、日払いでもらっている場合は、審査のときに安定性が低いとみなされることになります。日払いだとすぐに辞めてしまうのではないか、と思われてしまうからなんですね。

カードローンの申し込みには在籍確認というものがあります。ほんとうに働いているかどうかの確認ですが、毎回現場が違う日雇い労働者の場合、その連絡先をどうすればいいのでしょうか。派遣されている日雇いの人は、派遣元の会社を連絡先にしましょう。もちろん派遣元に在籍確認の連絡があることを説明意しておかなければいけません。派遣元の電話にでた人が日雇い労働者全員を把握しているとは限りませんよね。電話にでた人が悪気もなく「そんな人いません」と言ってしまったらそこで審査は終了です。カードローンはつくれません。このようなちょっとしたミスで審査に落ちることはたまにあるようなので、事前にきちんと説明しておくことが審査に通るポイントともいえるでしょう。

派遣されていない日雇い労働者の人はどうすればいいのでしょうか。現場は当日にならないとわからないし、行く現場の連絡先も知りようがないという場合ですね。このような場合は、在籍確認の連絡をどこにすればいいのかわかりませんよね。まずはカードローンを申し込むときに今までの収入証明書をきちんと提示し、現在の勤務形態を説明してみてください。何かしらいいアイデアをもらえるかもしれません。多分、個人の携帯電話に確認の電話がかかってくることになるかと思いますが、担当者の指示に従うのがいちばんいいでしょう。

日雇いでも定期的に働いて、安定した収入があればカードローンの審査は通りますが、本当に収入があるという証明書が大事になってきます。毎月の給与明細や確定申告の書類はきちんと保存しておき、すべて提示できるようにしておくのがポイントです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

日雇いで収入を得ている人でもカードローンは利用できる

消費者金融にしろ銀行にしろカードローン最も大きな審査ポイントは継続した安定している収入がある否かです。このため離職率が低い公務員などが最も審査に通りやすいといえます。しかし最近では消費者金融をはじめ、融資する対象を増やそうとする動きがあり、昔はサラリーマンが借りるものであったためサラ金などとも呼ばれていましたが現在では比較的誰でも簡単に借りることができ、日雇いの方でも融資を受けることが可能です。

しかし日雇い派遣と言っても様々な方がいらっしゃいます。メリットを大きく活かし、時間が空いたときだけ働く人もいれば、派遣会社に登録して、ほとんど毎日働いて継続的に安定した収入を稼いでいる方もいます。無論通りやすいのは安定した収入の方です。安定した労働者であればあまりキャッシング業者を選ぶことなく審査に通過します。ただし、勿論収入証明が必要になってきます。

最近一般的な消費者金融ではなるべく短期間で借り入れを行おうと、例えば50万円以下の融資の場合であれば、会社勤めが確認さえできれば、収入証明を省くなどの方法が流行っていますが、日雇い労働者の場合は多くの場合収入証明が必要になってきます。日雇いに限ったことではありませんが、審査の段階で、もしくは審査通過が決定したあと在籍確認のため派遣先に電話がかかってきます。このときも特に身構えることはなく、消費者金融や銀行はカードローンを利用していることを他の従業員になるべくバレないように電話をかけてきてくれます。

不安があれば、どのように電話をかけて在籍確認をするのかを担当員に聞いてみたり、働いている派遣先に個人名で電話があるかもしれないことを伝えておくといいです。中には派遣先を一つに絞らずに、多くの働き先を持った方もいらっしゃいますが、そういう場合であれば、収入証明書を先に提出するなどしてから事情を話せば免除されることも多くあります。安定した収入さえあれば日雇いでも問題なく融資を受けることが可能なのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ