> > > 入社したての新社会人です。さっそくカードローンを申し込みたい

入社したての新社会人です。さっそくカードローンを申し込みたい

就職難を何とか乗り越えて、希望の会社に入社できたのは良かったんだけど、新人ってお給料安すぎ。それなのにスーツや靴、カバンを新調して必要経費ばっかりかさんじゃって、もうマイナスですよ。学生時代は時間があったのでアルバイトしてけっこうな額を稼いでたので、社会人になった今のほうが貧乏ってどうなんでしょうね。でも学生と違うところは、堂々とカードローンが申し込めるところですかね。社会人だし、ちゃんとした企業の正社員だし、すんなり審査は通るはずですよね。早くカードローンを申し込んで、金欠のときは助けてもらいたいと思っています!

新社会人を歓迎してくれるところで申し込みましょう

新社会人になるといろいろな場面でお金が必要になってくることが多くなりますよね。いざというときに困らないためにも、カードローンを申し込むというのもひとつの手でしょう。

新社会人というのは、まだ働いた実績があまりないため、審査が通りにくい場合があります。源泉徴収票なども手にしたことがないですよね。年収を記入する場合も、予測でしか記入できないはずです。貸す側にしてみれば、入社したてでまだどうなるかもわからない、すぐに辞めてしまわないだろうか、など不安はあるわけですよ。こうした不安を重視するところで申し込むとなかなか審査が通らないという結果になってしまったりするんですよね。

ただし、どこもかしこも「新社会人は不安」だと思っているところばかりではありません。新社会人を応援してくれるところもたくさんあります。これから頑張ろうとしている若者に救いの手を入れてくれるところはたくさんあるので安心してくださいね。

学生のときに「学生ローン」などで何度も借りたような人や、借りたのにまだ返済が終わってない人は要注意ですよ。特に何度も返済が滞ったという人は、いくら就職が決まったとしても、今までの信頼があまりよろしくないので、ちょっと厳しいかもしれません。逆に、新社会人になってはじめて借りるという人は、信頼度こそ低いかもしれませんが、「はじめて借りる」というのが大きなメリットになるでしょう。

では、どういう風に探したらいいのでしょうか。「新入社員応援!」などといったコピーを前面にだしているようなところをまず探しましよう。このようなコピーをだしているところは、若い新社会人のような顧客を取り込みたい業者です。そのため、「新入社員という実績のない人だけど、これから付き合っていく大事な顧客なので、待遇を良くさせてもらいます」というサービス商品のような感じなんですね。そのため、金利が若干低く設定されていたり、審査も通りやすいなどのメリットがてんこ盛りです。

お金を借りるにもいろいろな業者があって悩むところですが、一般的に銀行系は金利が低めだけど、審査が厳しく融資までに時間がかかります。消費者金融系は、金利は高めだけど、審査は比較的緩いところが多いです。とにかく急いで融資してもらいたいという場合は消費者金融系がおすすめですよ。びっくりするぐらいスピーディです。

一概にどちらがいいとはいえないので、自分の目的に合ったほうを選べばいいでしょう。とにかく金利を低く抑えたいなら銀行系、今すぐ借りたいなら消費者金融系って感じですね。新社会人は予測していなかったことが次々起こるものですよね。そのたびにお金も必要になる場面が多くあります。そんなときのためにカードローンを申し込んでおけば、いざというときに頼りになるのは確かですよ。社会人になった証としても準備すべきはカードローンでしょう。

新社会人がカードローンを作る時に知っておきたいこと

気持ちも新たに新社会人としてのスタートを切ったけれど、まだお給料もそんなに良いわけではありません。かと言って、人とのお付き合いもあるし、給料日前に急に上司や同僚に誘われて飲みにいかなければならない日だってあります。手持ちのお金がないから・・とお断りするのは大事な社内での人脈構築に響くおそれもありますから、極力お誘いがあれば気持ちよくお付き合いしたいものですよね。

また、女性であればやっぱり最初は洋服やお化粧品も揃えなければなりませんからある程度、まとまったお金が必要になることだってあります。そんな時にお助け役となるのがカードローンなのです。ローンというと、どうしても怖いイメージとか、抵抗感のある人もいるかもしれませんが、初心者におすすめなのが銀行系のカードローンです。まだ社会人になりたての自分が審査に通るのだろうか?と不安に思うかもしれませんが、意外とこれが作れてしまったりするのです。

大きなポイントは源泉徴収票などの収入証明の書類が要らないことです。収入の証明書は会社に頼めば出してもらえるものですが、頼むこと自体が何に使うのだろうと不審に思われて、言い出しづらいですよね。ですからこれらが要らないことは申し込む側にとっては随分ハードルが下がる事由なのです。

そして、自分は新社会人だけれど非正規だから無理なのではと思っている方。これも意外と作れる場合が多いのです。ただし、18歳、19歳など未成年者の場合は年齢を理由に引っかかることがあるというのは覚えておいた方が良いと思います。
(⇒二十歳の学生ならカードローンに申込める?

そして、借りた後に大切なことですが、借りた人の返済履歴、滞納歴等は信用情報という機関に登録されているので、もし事故情報が載ってしまえば大切な自分の信用に傷がつき、将来住宅や車のローンを借りたい時にその履歴が響いてくることもあります。ですから計画的に、しっかりした自己管理のもとで使うことを心掛けなければならないのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ