> > > 派遣社員がカードローンを申し込むと在籍確認はどこにあるの

派遣社員がカードローンを申し込むと在籍確認はどこにあるの

複数の派遣会社に登録して、コンパニオンとして働いています。依頼があればあちこちのホテルでのパーティやショーなどに出向いて、接客や企業のパンフレットを配ったりしています。時給がいいので、依頼がたくさんある月はけっこういい収入になりますが、依頼がない時は生活費がギリギリになってしまいます。

仕事に波があるのがちょっとやっかいですね。仕事の依頼がないときに備えて、カードローンを申し込もうと思いますが、勤務先が決まっていないし、依頼があったとしても直前までわからないことが多々あります。こんな仕事をしている場合、カードローンの在籍確認はどこにあるのでしょうか。携帯電話にかかってきても仕事中はでられないことがほとんどです。

派遣社員の在籍確認は基本的に派遣元の会社です

派遣会社に登録して、そこからいろんなところへ派遣されて仕事をしている人が、カードローンを申し込んだときの在籍確認は確かに悩むところですよね。派遣社員の人は、基本的に派遣元の会社へ在籍確認の電話が入ることになります。すなわち登録している会社ということですね。複数の派遣会社に登録している場合は、そのことをカードローンの申し込み時に伝えましょう。インターネットから申し込むときは、仕事の依頼がいちばん多い派遣会社にしておけばいいでしょう。

個人の携帯電話に連絡がある場合は、電話にでられる時間帯を知らせておくべきです。電話があったときにでられないからとすぐに審査が終了ということはまずありませんが、何度かけても電話にでない場合は審査で落とされる可能性があります。電話にでられなかっただけで審査に落とされるなんてことのないようにしておきたいですよね。

どちらにしろ、カードローンの申し込み時に在籍確認はどこにあるのか、またある場合は何時くらいにあるのかなどきちんと確認しておくといいでしょう。金融機関の担当者は、依頼してきた人の希望はかなり聞いてくれます。時間帯を知らせておけば、その時間に電話してくれるはずなので、こちらの希望は伝えるようにしましょう。もちろん、派遣会社にも在籍確認の連絡があることはきちんと伝えておくのが鉄則ですよ。派遣会社に登録している人は膨大な数のはずなので、たまたま電話にでた人が何もわからず「そんな人はいません」などと言ってしまったら、それで審査は落ちてしまうでしょう。

派遣社員の人は、登録している派遣会社で働いているということはほとんどないので、派遣された先の会社を連絡先にする人がいますが、これは間違いです。自分が登録している派遣会社が連絡先になります。ただし、派遣されている会社でも問題ない場合もあります。

これは、カードローンを申し込んだ金融機関の考え方次第なので、どちらにすべきか悩んだときは必ず申し込み時に聞いておくべきですね。「派遣社員として働いている」「派遣された先で仕事をしている」「毎回派遣先が違う」など、自分の仕事の形態をきちんと説明すれば、担当者が教えてくれるはずです。ちょっとでも悩んだら、自分で解決せず、必ず金融機関の担当者に相談することをおすすめします。

ちょっとした行き違いで審査に通らない場合がとても多いようです。本来なら審査に通るはずなのに、意思の疎通ができてなかったがために通らないなんて避けたいですよね。

カードローンは派遣会社であっても在籍確認の審査に通る

カードローンでお金を借りるときには、派遣社員であっても在籍確認の審査に通ることが出来ます。そもそも、派遣会社であっても会社に属している事実は変わりありません。在籍確認で確認するのは、あくまでも本人がその会社に属しているかどうかですので、収入を調べることを目的とはしていません。ごく簡単な確認だけで終わらせることが出来るのが在籍確認のメリットなのです。

そもそも、カードローンのように少額融資が可能なサービスでは、収入の証明に書類を用意する必要はありません。これは法律によって認められていることなのです。一定範囲以下の融資ならば証明書が無くてもお金を借りることが出来ますし、それに関して消費者が罰を受けるようなことは絶対にありません。これはどこの金融機関であっても同じだと言えます。

そして、収入の確認をする時には金融機関から直接職場に対して電話をかけることになるわけですから、自身が属している会社の営業時間内にかけてもらう必要があります。基本的に、カードローンの審査は即日で行われますので在籍確認を営業時間の中で行ってもらうためには、申請の日に注意をしておくことで全く問題なく審査を終えることが出来るようになります。

また、電話がかかってくるときに本人がその会社にいる必要はありません。派遣会社にいる人が融資の申請をしている人の不在確認を行ってくれればそれが収入の証明になりますので、会社さえ営業していれば本人が電話に出る必要はないということを知っておかなくてはいけません。だからこそ、営業時間の把握が必要になるのです。

カードローンは、アルバイトやパートであっても申請に通ることが出来るものです。当然ですが、アルバイトしかやっていない学生であってもアルバイト先の職場に電話をして在籍を確認できればお金を借りることが出来るのですから、きちんと社会人として働いている派遣社員がこの審査で落とされることは絶対にないのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ