> > > アルバイトだとカードローンの審査には不利になっちゃいますか

アルバイトだとカードローンの審査には不利になっちゃいますか

アルバイトで生計を立てているフリーターです。今度、引っ越しを計画しています。引っ越しのためのお金をある程度は貯めているのですが、足りなかったら嫌なので、念のため、カードローンですぐに借りれるようにしておきたいです。アルバイトだとカードローンの審査には不利になっちゃいますか?

アルバイトでも安定した収入があれば審査に不利にはならない

アルバイトでもカードローンの審査に必ず不利になるわけではありません。一昔前は正規雇用でなければ、カードローンの利用は難しいところがありましたが、現在ではアルバイトやパート・契約社員などの非正規雇用でも借入ができるようなカードローンが増えています。そのことを特徴としてあげているところもあるほどです。なので、アルバイトだからダメだと言われるカードローンは少なくなっています。

ただし、カードローンによっては非正規雇用の借入を積極的に行っておらず、審査が厳しいところもあります。利用対象者や“よくある質問”にアルバイトも安定した収入があれば可能と明記があるところなら、充分、アルバイトでも利用できる可能性がありますが、明記がない場合はもしかしたら厳しいところかもしれません。

そういう情報は口コミサイトなどで見てみると、同じようにアルバイトで借りている人がいるかどうかで確認できます。ただ、口コミはあくまでも口コミなので、全てを鵜呑みにせずに、自分に必要な情報だけを受取るようにしましょう。どういう人が通って、どういう人が通ってないのか。事実部分だけ見ることが肝心です。それを確認することで、アルバイトでも利用できるカードローンなのか参考になります。

アルバイトで安定した収入の他に、審査に通りやすいためには勤務期間が長期だと尚更いいです。勤務期間が長ければ長いほど、アルバイトやパートでも信頼を得やすくなります。アルバイトだから審査に落ちることはありませんが、信頼が得れる条件を揃えておくことは、審査に通るコツになりますよ。
(⇒カードローン審査に通るための申込みのコツを教えて!

職業がアルバイトの場合、いかにしてカードローン審査を有利に運べば良いか

私たちの毎日の暮らしの中では、急なタイミングで大金の出費に見舞われてしまうことが少なくありません。日々の生活費から飲み会や食事会の費用、服や靴などのファッションアイテムの購入費、有給休暇を計画した旅行の費用、実家への帰省費などに至るまで、その可能性は数限りなく存在します。しかしながら、その逐一それらを捻出していると、いつしかどうしようもなくお金が不足してしまうケースもあるでしょう。そんな時には銀行や消費者金融が提供するカードローンを有効に活用することでなんとかピンチを抜け出したいものです。

一枚の個人カードを発行して持ち歩くことで、お金の必要性が生じると近場のATMで簡単に融資金を引き出すことの出来るカードローンですが、これを利用するには然るべき審査を受けなければなりません。審査においては、申請時に記載した氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの情報を金融会社の担当者が入念に精査することになります。そうした中で融資するに相応しいと判断された場合にのみ最終的な融資が決定されるのです。

とりわけ、審査結果に大きな影響を及ぼすのが職業や年収と言った項目です。たとえば職業がアルバイトであった場合、そこには二種類の可能性が生まれます。まずは、審査規定の厳しいカードローンの中にはある一定の基準以上の職業の顧客を相手にしたものも多く、アルバイトとして申請した時点で落ちてしまう可能性があります。一方、最近では利用者層の拡大によってアルバイトであっても融資してくれる金融会社は数多く存在しています。しかしながら、そうは言っても法律によって融資が認められる限度額は年収の3分の1となっていますので、それ以上に及ぶ希望額を提示してもそれが認められることはまずありません。

こういった事柄を事前にしっかりと把握した上で、ネットの口コミ情報などでアルバイトでも借りやすい条件を備えた金融会社のカードローンサービスをチェックしてみると、効率の良い借り入れ先探しが出来ることでしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ