> > > jcbはクレジットじゃないの?カードローンとキャッシング?

jcbはクレジットじゃないの?カードローンとキャッシング?

ローンができるカードが1枚欲しいと考えていました。今すぐにお金が必要ではないですが、いざという時に困らないように持っているといいなと、テレビのコマーシャルを見て思いました。ただ、いろいろあるのでどれがいいのかわかりません。とりあえずネットで検索を掛けてみたのですが、やはり沢山の銀行や会社がありました。

その中で疑問に思ったことがあります。JCBはローンを組むキャッシングの会社ではないはずなのに、カードローンの取り扱いの項目がありました。私のJCBのイメージでは買い物の時に使うカードで、欲しいものを買った時の支払いを分割にしたりするためにカードを扱っていると思ったのですが、違うのでしょうか?クレジットとカードローンの違いがよくわかりません。

クレジットとカードローンは違いますが両方扱うこともあります

質問者さんのおっしゃる通り、JCBが買い物時に使うカードを扱うクレジット会社になります。それがカードローンも扱うようになったのです。

そもそもクレジットとカードローン、キャッシングの違いは何なのか。まずJCBも行っているクレジットですが、質問者さんが言っている通り、買い物時に使うカードです。大きな金額が必要な買い物の時に大金を持たなくてもすむ、支払いができなくても分割で支払うことにより買い物ができる。そう言った意味合いのカードです。なので、基本的に物を買う時に使うものです。今は海外旅行でも活用する場合に便利な保険もついていたりします。車の高速料金支払いがその場で必要ないETCがついているカードもあります。どちらにしても、モノを買ったりする場合に活用するカードです。

キャッシングはといいますと、こちらは『お金を借りる』というと行為に使われるカードです。本来の意味ではお金を『借りる』ではなく『引き出す』のですが、キャッシングする側からすればお金を手にするという事には大差ないでしょう。モノはその場になく、お金のやりとりになります。借りたお金を返す(支払う)行為に関しては、本来は一括で返すものでしたが、今は分割で返すことが多くなり、クレジットと同じと考えてもいいでしょう。

では、カードローンは?これもまた『お金を借りる』という行為に使われるカードです。そういう意味ではキャッシングと同じと考えても問題ないでしょう。本来の意味ではキャッシングで書いたとおり違うのですが、今はほとんど差がありません。ただ銀行ではキャッシングというよりもカードローンという形で扱っていることが多いです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

そもそも銀行と金融会社では法律的に差があったりして、金融会社では総量規制で年収の1/3までしか借り入れできないですが、銀行だとその総量規制が当てはまらなかったりします。その分、申し込み時の審査が厳しかったり金利が違ったりはします。

厳密には違うクレジットとキャッシング、カードローンですが、今はほとんど差がわからなくなってきています。扱っている所も以前だったら、クレジット=クレジット会社、キャッシング=消費者金融会社、カードローン=銀行などのはっきりとしたイメージもあったのですが、今はその枠を超えています。それぞれが提携したりグループ企業として成り立っていたりもします。

そのためというわけではないのですが、クレジット会社であるJCBもカードローンを扱っていても不思議ではないのです。ただ、JCBに限ったことではないですが、金利や返済など細かい所は若干メリットがあったりデメリットがあったりしますので、いろいろ見比べて利用する所を選ぶといいでしょう。

【参考ページ】
JCBのカードローンを使いたい方にオススメの記事はこちら

カードローンやキャッシングはjcbなどの大手金融機関が安心安全です

資産運用や資産管理を個人レベルでスタートさせる人が増えています。グローバル経済、新自由主義の経済世界において、格差は広がる一方の現状です。終身雇用や年功序列といった古き良き時代の雇用制度や労働環境は完全に崩壊しました。誰もが個人を守るのは個人だと認識し始めているのです。

今までは労働の対価としての給与所得は消費するか貯金をするかの選択肢で十分でした。それでも資産を増やすことが可能だったからです。しかし、低金利時代に突入している現代においては、貯金を行っても資産が増えていかないことは明らかな状況です。資産を増やすためには、積極的に資産を投資などの運用に回す必要があるのです。

資産運用と聞けば、多くの方は一部の富裕層や投資家が行うものというイメージが強くあるかもしれません。確かに株式や証券、FXなどは素人には手を出しにくい金融商品です。しかし、それらの金融商品だけが投資の対象という訳ではありません。本を買う、セミナーに行くなどの自己研鑽も立派な自己投資という投資法の一つです。投資とは何かが起きることを期待して起こすアクションに対するリアクションのことを指すのです。

投資を行うにあたり、最初の壁にあたるのが初期投資額の設定です。自己資本が既に多くある方は問題ありませんが、特に若い世代に関しては自己資本はほぼないのが実状ではないでしょうか。そこでお勧めするのがカードローンやキャッシングといった金融サービスの活用です。

大手金融機関が大々的にテレビCMなど、訴求力の高い発信を行い続けていることにより、カードローンやキャッシングはかなり身近な存在になりました。jcbもそんな大手金融機関の一つです。これら大手金融機関の商品を活用することにはいくつかのメリットが存在します。
(⇒JCBカードローンの上手な利用方法

一番大きなメリットはリスクの低さです。少額融資も可能ですし、当然コンプライアンスが厳しく求められますので不当な貸付は絶対に行われません。誰もが気軽に始まられますので、積極的に活用し、資産運用を始めましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ