> > > イーバンク銀行が楽天銀行に買収後、カードローンはどうなった?

イーバンク銀行が楽天銀行に買収後、カードローンはどうなった?

いつの頃か覚えてないですけど、イーバンク銀行ってありましたよね?たしか楽天銀行に買収されたとか。イーバンク銀行にもカードローンがあったと思うんですが、そのローン契約はその後どうなったんでしょうか?銀行が合併したりなくなったときのカードローンがその後どうなるのかに興味があったので質問させてもらいました。

旧「マイワン」は「楽天スーパーローン」に引き継がれています

まず、「イーバンク銀行が楽天銀行に買収」というのは正確には誤りなんです。イーバンク銀行が楽天株式会社に買収され、その結果、商号を「楽天銀行」に変えたというのが正しい流れです。2つの銀行が1つになったのではなく、イーバンク銀行が楽天銀行を名乗るようになったということですね。
(⇒楽天銀行カードローンの審査は通りやすい?

商号変更なので、カードローンが消えてなくなるという事もありませんでした。イーバンク銀行時代のカードローンは「マイワン」という名称でしたが、楽天銀行になってからは「楽天スーパーローン」または「楽天カードローン」として引き継がれています。その際、再審査のようなものが行われ、限度額の変更やポイント付与サービスの追加、逆に限度額減額や審査落ち(限度額没収)された方もいるようです。

イーバンク銀行から楽天銀行への移り変わりは先に書いたように「合併とか消滅」ではないので、銀行カードローンがこのように引き継がれるかどうかの参考にはならないかもしれません。絶対ではありませんが、銀行が経営破綻などで存続不可能になった場合でも、「消滅」というのはまずありません。どこかの銀行に吸収されるとか、対等な立場で合併するとか、(名称がなくなったとしても)何かしらの形で顧客は守られるようになっているのが既定ラインのようですね。

それによって、カードローンなども引き継がれたり、返済条件は維持したまま借入だけ停止したりという措置を取ることもあるようですが、それはその銀行の判断次第といったところでしょう。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関から自分に合ったカードローンを探すには?

イーバンク銀行のカードローンはどうなっているの?

銀行がカードローン事業に参入するようになったのはそれほど昔のことではありません。メガバンクを初めとして多くの銀行がカードローン事業に参入し、消費者金融を子会社化するなどの方法でノウハウを吸収していきました。最近ではネット銀行も積極的にカードローン事業に参入しています。

ネット銀行が登場したときにシェアを拡大されたイーバンク銀行は、現在のところはカードローン事業を行っているのでしょうか。実は、イーバンク銀行は楽天グループの参加企業となり、現在のところは楽天銀行と商号を変更して営業しています。ですから、現在は楽天銀行のサービスだと考えれば良いでしょう。(こちらもご参考に→楽天銀行カードローンの審査は甘いってホント?

イーバンク銀行は2001年に誕生しました。発足当時は色々な企業が出資していましたし、パートナー企業もたくさん存在しました。ただ、融資業務を行っていなかったことなどから、一般的な銀行とは大きく異なっていたと言えるでしょう。

発足した後にも新たに色々な企業と提携を行います。決済事業が主な収益源でしたから、提携先はできるだけ多く必要だったのです。現在のライブドアは、当時はエッジ株式会社という商号で営業をしていましたが、このエッジ株式会社から資本提供を受けます。エッジの傘下に入るとも思われたのですが、企業文化の違いなどからうまく行かず、提携を解消することになります。

その後もGMOや西日本シティ銀行などとの提携を経て、2008年に楽天グループと資本業務提携を行うことになります。具体的には、楽天に対して第三者割当増資を行い、連結子会社となります。このような経緯を経て楽天グループの参加となり、楽天銀行と商号を変更したのです。

なお、かつては「イーバンク銀行」という名前になっていましたが、「バンク」と「銀行」は同じ意味が重複していておかしいと感じる人もいるようですが、これは銀行法が原因です。銀行法では「銀行」という文字を商号として用いなければならないと定められていますから、このような名前になったのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ