> > > 地方銀行カードローンは消費者金融より審査ゆるいって本当ですか

地方銀行カードローンは消費者金融より審査ゆるいって本当ですか

5年ほど前に、クレジットカードの延滞をしてしまいました。それからは事故は起こしていません。最近子どもが生まれて、生活が変わり、生活費が思うようにいかなくなってしまったので、カードローンを作ろうと思うのですが、延滞した経験があるので、審査に通るか不安です。銀行のカードローンは審査が厳しいと聞き、消費者金融会社の方に申し込みしようと思うのですが、地方銀行のカードローンも魅力的だな、と思えてきました。地方銀行のカードローンの方が、消費者金融よりも審査ゆるいと聞いたのですが、本当なのでしょうか。

地方銀行の審査はそこまでゆるくはありません

銀行のカードローン審査は、確かに、たくさんあるカードローンの種類の中では、厳しい方です。大手の都市銀行であれば、消費者金融に比べると厳しいですね。ところが、地方銀行のカードローンとなると、なんとなく「審査ゆるいかも?」といイメージがあるかもしれませんね。地域密着の地方の銀行ですし、競争率もそこまで高くないように思えます。

しかし、地方銀行だからといって、甘くみていると、審査に落ちることもあります。基本的に、カードローンの審査というのは、厳しすぎるものもなければ甘すぎるものもありません。あまりにゆるいものだと、多重債務者専門のカードローンのような特殊なものになってしまいます。

安定した職業についていて、返済するあてもあり、ピンチを救うために少額をカードローンで借りようと思うのであれば、基本的に、どのカードローンも通るはずです。都市銀行であろうとも、消費者金融であろうとも、地方銀行でも同じです。どのカードローン会社も、審査基準は同じです。あなたがきっちり返済できるかどうかをみるのです。ですので、地方銀行だからといって審査ゆるいと思わずに、消費者金融と比べて、サービスが充実している方に申し込みするのが賢いと思います。

ちなみに、地方銀行によっても、その審査のゆるさは多少違うこともおさえておくとよいかもしれません。地方銀行とはいっても全国どこからでも借りられるカードローンもありますし、営業区域内のみ、年収○○○円以上の方しか申し込みできないカードローンもあります。それはやはり幅が違いますから、通る確率も違います。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業って決まってる?

地方銀行カードローンは審査ゆるい、というのは本当か

予定外の出費というのは、想像以上に続いてしまう事が珍しくありません。そんな時に限って、断れない誘いが来る事も多く、そんな時に便利なのが、限度額の範囲内であれば、いつでも自由にお金を借りる事が出来るカードローンです。

カードローンの利用には、銀行か消費者金融の審査を受ける必要があります。消費者金融の場合、年収の1/3を超えて借入する事が出来ないという、総量規制の対象となります。それに対して、銀行は総量規制の対象にならない為、銀行が設定した限度額の範囲内であれば、年収の1/3以上の借入も可能となります。更に、銀行は利率が低いというメリットもあります。

そんな銀行は、審査が厳しい事が有名です。それに対して消費者金融は審査がゆるいとされています。(こちらもご参考に→)ただ、銀行の全てが審査が厳しいかといえば、大手メガバンクなど審査基準が厳しめになっているところがあるという意味で、その基準は銀行によって大きく変わってきます。

中でも審査ゆるい、とされるのは地方銀行カードローンです。地方銀行の数は多く、全てが審査ゆるい、とは限りませんが、銀行のカードローンを利用したいと考えた場合、大手メガバンクのみではなく、地方銀行も視野に入れて考えておくと良いでしょう。

実際に、審査の厳しさなどを知りたいと考えたら、クチコミなどを探して参考にしてみるのがお勧めです。銀行も消費者金融も審査基準は明確にしていませんから、確実に審査に通る条件を知る事は出来ません。ですが、クチコミなどを参考にする事で、審査が厳しいかどうか、落ちやすい条件があるかどうかが見えてくる事になります。

特に、年収や雇用形態、その他、審査を受ける上で、不安を感じる要素がある人は、審査を受けたいと考える銀行や業者についてクチコミなどを確認しておいて損はありません。審査落ちをすると、カードローンが利用できないだけでなく、信用情報に傷がつく事になるので、不安がある状態での審査はお勧めできません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ