> > > 福銀のカードローンの返済ってどうなっているのですか?

福銀のカードローンの返済ってどうなっているのですか?

地元の福岡県にUターン就職して働いている30代の男性です。農業に従事しています。ところで今度福銀のカードローンを利用しようと考えています。

理由は、仕事に使うための軽トラックの中古を購入するためです。知り合いから買うので安く手に入れられそうなのでカードローンで借りる金で十分間に合うと思います。

ところで福銀のカードローンは返済方法が少しユニークと聞いたのですが、どのようなものなのでしょうか?教えて下さい。

福銀カードローンの返済方法は2通りなんです

福銀は福岡銀行の愛称であり、福岡県福岡市に本店を構える地方銀行です。福岡銀行の経営理念は、高い感受性と失敗を怖がらない行動力をもって地域住民の最良な選択をバックアップするといったものです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

そんな経営理念の下で福銀は地域住民や地域社会の発展に貢献することを目指して日々融資業務を展開している地銀なのです。そんな福銀が地域住民の皆様に提供しているのが『カードローン ナイスカバー』なんです。『カードローン ナイスカバー』の特徴を挙げれば、利用限度額は300万円で金利は実質年率8.5%~14.5%となっており、使い道は自由なことです。

申し込み条件は、満20歳以上満60歳以下で、継続した一定の安定収入があればアルバイトでもパートでも、また年金受給者でもOKです。ただし、福銀に普通預金口座を持っていない場合には返済用口座として普通預金口座を開設しなくてはなりません。

そして、福銀の『カードローン ナイスカバー』の一番の特徴は、返済方法なんです。本カードローンでは「定例返済」と「随時返済」のどちらかの返済方法を選べるのです。

多くの金融機関では「定例返済」しか基本的に選べず、その上での「随時返済」は可能となります。しかし、福銀のカードローンなら「随時返済」を基本的な返済方法として選択できる点にユニークさがあるのです。

「定例返済」とは、毎月14日に返済用口座から自動的に引き落とす返済方法です。一方、「随時返済」とは、福岡銀行のATMに加えて、提携先のコンビニATM等を利用して、任意の返済額を好きな時に返済できる方法なのです。

それゆえ、返済の自由度が非常に高く、大きく返済したり小さく返済したりして自分の経済情況に合わせた返済が可能になるのです。が、もちろん契約した完済期日までに返済することが条件となり、遅れると遅延損害金の年14%が課せられますので、その点は注意が必要です。また、「定例返済」と「随時返済」とを組み合わせたハイブリッドな返済方法も可能です。

福岡銀行(福銀)カードローンと返済利息について

福岡銀行は、福岡県福岡市に本店を構える日本の地方銀行の一つです。1945年(昭和20年)3月に設立した銀行ですが、ルーツは、1877年(明治10年)に日本の国立銀行として17番目に設立された「第十七銀行」が始まりであり、当時は地銀最大手の銀行として知られていました。

発足以来、地方銀行としての役割である地元経済の発展に貢献し、地域に密着した事業経営を続けていました。県内では福銀(ふくぎん)の略称で親しまれている金融機関です。

福岡銀行のホームページには、「かしこいお金の借り方」という頁があります。お客様のニーズに応じてローン商品を提供しており、用途に応じてどのローン商品が適しているか分かりやすく紹介しています。例えば、急に資金が必要になった時に便利にご利用いただけるのは「カードローン/ナイスカバー」があります。

カードローンは、キャッシング専用のカードを利用して、必要な時にATMからお金を引き出すことが出来るローン商品です。ご利用には審査がありますが、審査に通りカード発行を受けた方は、契約時に設定された上限金額の範囲内であれば、何度でもATMを利用して借入れと返済を繰り返すことが可能です。個人のお客様が資金調達をする方法として利便性が高く、近年急速に需要が高まってきたのが、カードローンです。

福銀のカードローン「ナイスカバー」の概要は、ご利用極度額10万円~300万円、金利は年8.5%、12.5%、14.5%のいずれか、資金使途は問いませんのでどのような用途にもご利用いただくことが出来ます。他行同等商品と比べると下限金利が若干高めに設定されている感はありますが、仮に10,000円を1週間借りた場合の利息は「10,000×14.5%÷365日×7日≒27.80円」となり、28円の利息でご利用いただくことが出来ます。

カードローンは、すぐにキャッシングの予定の無い方でも、お申込みいただくことが出来ます。持っているだけであれば維持費は0円です。賢く使えば、生活に安心を与えてくれるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンの借り入れは最高何社までできる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ