> > > 福岡銀行のカードローン仮審査には二種類ありますがこれは何?

福岡銀行のカードローン仮審査には二種類ありますがこれは何?

福岡銀行のカードローンには、仮審査っぽいのが二種類ありますよね?仮審査って大体一つしか用意されていないというか、そもそも二つあるのが特殊すぎるというか…。

私はこれが初めてのカードローンだから分からないだけかもしれませんが、少なくともそれまで調べた銀行のカードローン仮審査は一つしかなかったのですよね。でも福岡銀行だけは仮審査とかんたん仮審査?みたいな感じで二つあるっぽいです。これ、どちらを受けるべきなんですか?仮審査っていう事でどっちでも同じですか?

まあ同じだとしたら何で分けてんの?って話なんですけどね。この二つの仮審査の違いを教えてくれませんか?それによってどっちをクリックするか決めたいと思います。

片方の質問は仮審査以前の簡易チェックみたいなものです

仮審査が二つ?と聞いて私も調べてみましたが…アレって、片方は簡易チェックみたいなものですよ。金融業者によっては簡易チェックの事が仮審査だったりするわけですが、仮審査というのはそもそも本契約前の段階である事も多く、それがこの簡易チェックと混じってしまっていて、質問者さんは混乱しているのだと思います。質問内容を見るだけだと何が何だか分かりませんでしたよ…。
(⇒カードローンの仮審査と本審査の違いって何?

まず年齢や収入、他社借入を書く方が所謂簡易チェックです。この簡易チェックでは、数値を入力すれば本当に簡単な結果を表示してくれます。試しに私の状態(20代・月収25万・他社借入0)で試したところ、とりあえず借入は可能だと思われるみたいな感じで結果を表示してくれました。本当に最低限の事しか聞かれていないので、この結果もアテになるかどうかは分かりませんが…でも、こうした簡易チェックの結果表示も遅いところは結構ありますから、すぐに分かるだけでも悪いものじゃないです。

その隣の仮審査は、本当の申し込みですね。間違ってお試しだと思って適当に入力してしまうと、融資を受けられなくなるから注意が必要ですよ。この仮審査に通過すれば契約ができて、そしてカードローンとして正式に発行してもらえますから、仮審査と言っても本番だと思えば良いです。そもそも私達の立場だと仮審査と本審査のボーダーラインも分かりませんから、申し込みならどんなものでも気を引き締めてかかる必要があります。

なので、仮審査が二つあるというのはちょっと間違っています。仮審査と簡易チェックがあると再認識してもらえれば良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に受かったら気をつけることは?

福岡銀行カードローンの審査はスピーディー

私達が生活していく中で、お金の存在は必要不可欠です。突然の出費や、大きな買い物、旅行など使い道はさまざまですが、やはりそんな時にカードローンを利用できると助かりますよね?福岡銀行のカードローンは、借入時の年齢が満20歳以上、満60歳以下の方なら、アルバイト、パート、年金受給者でもお申込みいただけます。

インターネット、電話から仮審査のお申込みが可能で、その時点では、提出しなければならない書類はありません。結果は最短で当日、お電話で連絡、その後正式なお申込みという流れになります。福岡銀行に口座をお持ちの方なら、インターネットで簡単にお申込みいただけますし、口座をお持ちでない方でも郵送でのお手続きが可能です。来店でのお手続きなら、スピーディーな審査で、最短で2営業日後にお振込みが可能ですので、急にお金が必要になった時でも安心です。

審査が通るのか気になる方も多いでしょうが、審査に通りやすい条件として考えられるのは、他社からの借り入れが少ない、正社員として働いていて一定の収入がある、既婚者で家を持っている、勤続年数が長い、などの条件を満たしている方が多い傾向にあります。

逆に通らない理由として考えられるのは何でしょう?それはやはり信用情報でしょう。以前に借金をされた事のある方は、その情報が確実に残っています。クレジット情報には、個人の契約内容、当時の支払いの状況などが記載されており、毎月返済が遅れていなかったかどうかなどの情報が、取引終了後5年間、あるいは7年間のこります。自己破産などの金融事故を起こしてしまった方も当然ブラックリストにのり融資を断られる可能性が極めて高くなります。(こちらもご参考に→ブラックリストでも借りられる審査が緩いカードローンってある?

このような経験をお持ちの方で、自身の情報が気になる方は、審査を受ける前に一度、信用情報機関に自身の情報を確認することをおすすめします。カードローン利用を考えている方は、一度福岡銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ