> > > 八十二銀行のカードローンは仕事を退職したら使えなくなる?

八十二銀行のカードローンは仕事を退職したら使えなくなる?

近々仕事を辞めようかと考えています。今私が働いている職場は悪名高い外食産業なのですが、本当に正社員待遇とは思えない給与に手当としゃれになりません。これでは離職率が高い業界というのも納得できますよホント…アルバイトでやっていた頃はそこそこ楽しかったんですけどね。

次の仕事は決まっていないものの、ある程度の蓄えもあるし最悪カードローンもあるから大丈夫…と思っていたのですが、八十二銀行のカードローンって、仕事を退職しても使えるのでしょうか?この職場に勤めている事を申告してカードローンが完成したわけなのですが、仕事が無くなるという事は収入も無くなると思われて、やっぱり使えなくなったりするのでしょうか…。

次の仕事を見つけておかないと、カードローンは停止させられてしまいますか?いざという時にカードローンが使えないのは困ります。

退職した事を申告すれば停止されるでしょうね

仕事を辞めたり転職する前にカードローンは作っておくべきと良く言われているっすけど、収入の事を実際に考えると「あれ?カードローン使っても良いの?」って思うのは自然っすよね。収入が無くなってカードローンを使って凌いで、でも返済日までに仕事も見つけられなかったら返済できなくなってしまうのだから、それは銀行側からすればどうなの?って感じの疑問がわき起こるっす。

銀行側からすれば、仕事が変わったり無くなったりすればその旨を報告する事をお願いしているっす。当たり前の話かもしれないっすけど、仕事が変われば収入の額も変わる事がほとんどっすし、仕事が無くなればそもそも収入が無くなって返済能力が無くなるわけっすからね。銀行側がこの事実を把握していないと、その人の状況に合わせた融資が出来なくなるから、仕事が変わっても報告しないというのはルール違反とも言えるっすね。

で、仕事が無くなった事を素直に申告した場合、八十二銀行の正しい対応としては利用の停止となるっすよね。まあこれは当然と言えば当然なんすけど、最悪の場合を考えてカードローンを持っておきたいという人にとっては、残酷な現実かもしれないっす。返せない人に貸し付ける義務は銀行側には無いのだから、仕方ないんすけどね。ただ、契約自体が解除にならない限り、新しく仕事を見つけて収入を得られるようになれば、また復帰する可能性はあるっす。

仕事が無くなってもカードローンを持っておき、仕事が見つかった時にはまた利用再開したいというのであれば、相談してみる価値はあるっす。銀行としても、今までが優良顧客だったなら手放して欲しいとまでは思わないっすからね。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って決まってる?

退職したら作ろうと思われているなら八十二カードローンはいかがでしょう

八十二銀行は、長野県長野市大字大字中御所字岡田というところに本店を置く日本の地方銀行です。住所表記だけをみると、他県の方はよほど田舎の小さな銀行なのかと思われるかも知れませんが、長野県内をはじめ国内店舗数154、店舗外ATM204か所、コンビニATMはローソン共同とセブン銀行にそれぞれ1万か所以上を設置し、海外にも拠点を持つ有力な地方銀行です。1931年(昭和6年)8月1日に創業されて以来、地元密着型の経営を進めながら他県にも営業エリアを広げてきました。堅実な経営が実を結び、2013年3月末の信用格付けはR&Iから「A+」、S&Pから「A」を付与されています。

長野県にお勤めの方は、給与振込口座や公共料金の引き落とし口座として、八十二銀行をご利用の方が多いのではないでしょうか。県下の市町村の多くが指定金融機関として利用している金融機関ですので、安心してご利用いただける銀行だと言えるでしょう。
当行には、八十二カードローンとして2つのタイプのものがあります。いざという時に持っていると安心な「ニューマイティー」は、必要な時に必要な金額を銀行やコンビニのATMなどでお借入れ出来ます。もう一つは、お申込みからご利用まで一切来店不要で手続きが出来る「はちにのかん太くんカード」です。

キャッシング専用のカードの利点は、持っているだけでは維持費はタダなこと、いざと言う時に必要なお金を身近なコンビニATM等で借入れ出来ること、また、契約時の上限金額以内であればコンビニATMなどから何度でも借入れと返済が繰り返し行えることなどです。企業にお勤めの方で、退職したらカードローンを持とうかとお考えの方がいらっしゃれば、退職を待たずにカードローンを作られてもよろしいのではないかと思います。

カードローンには審査があり、所得証明書などの提出が求められます。もちろん退職されてからでも作ることはできますが、利用できる上限額が等に大きな差も出てきます。直ぐに使う予定が無くても、一枚持っていると生活に安心がプラスされるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ