> > > 愛媛銀行のカードローンには所得証明書類が不要って本当?

愛媛銀行のカードローンには所得証明書類が不要って本当?

大手銀行に比べるとあまり目立たないかもしれませんが、都心から離れた地方民からすると、地方銀行って結構支店も多くて便利なんですよね。私の場合は最寄りの銀行が愛媛銀行なのですが、預金や引き落としだけじゃなくてカードローンみたいな融資もしてくれるらしいのでとても便利です。今回、ご祝儀を包まないといけないのでそれで作ろうとしています。

融資を受けるには収入が大事だからその証明書が必要になる…そう思っていましたが、愛媛銀行のカードローンの場合は所得証明書類が不要と聞きました。何でも先に作った友人は要らなかったと言っていましたが…本当なのですか?融資でこちらの収入も確認せずに貸してくれるなんて、ちょっと夢みたいな話でなかなか真に受けられない感じです。

私としても提出書類が少なくなるなら、それに越した事はないのですが…本当に不要なのかを理由とともに教えてくれませんか?

希望限度額が少ないなら不要になりますよ

所得証明が絶対に必要になる金融業者って、消費者金融の方が多いじゃん?それって何でかっていうと、総量規制っていう年収によって貸し付けられる限界が決まっているからなんだよね。だから大抵の場合は提出が必須になっているってわけなんだけど、これって銀行なら決まりとしては適用されないんだよね。(こちらもご参考に→年収確認をしてるとカードローン審査に有利?

だから愛媛銀行は、極端に言えば収入に関係無くいくらでも貸し付けられるってわけじゃん?だから、収入の証明についても消費者金融に比べると緩くできるから、こっちの手間も考えて不要って事にしてるわけよ。でも、収入証明がどんな場合でも不要かっていうと、そうでもないんだよねこれが。

愛媛銀行のカードローンでも、希望限度額が多い場合は所得証明書類が必要になってくるんだよね。目安は300万以下が不要でそれ以上は要るって事になっているから、もしも書類を出すのが嫌だー、っていうのなら、この限度額までで検討すればいいじゃん?でも、300万までカードローンで借りるのって本当にかなり少ないケースだから、大抵の人は収入証明不要の限度額で何とかなるし、だから多くの人が収入証明不要で作れているってわけね。まあ、どうしてもたくさん借りたいなら提出してでも作るべきなんだけどさ。

希望限度額によって所得証明の有無が変わるのは、多くの銀行で共通している事だから、もしも愛媛銀行がダメで他の銀行のカードローンに申し込む時は、収入によって同じく変わると覚えておくと良い感じかもね。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関から自分に合ったカードローンを選ぶ方法

愛媛銀行カードローンの申し込み条件と商品内容

愛媛県の松山市に本店を置く愛媛銀行は、1943年に設立された第二地方銀行です。ブランドの確立を目指しての多様なサービスが提供されています。愛媛銀行の個人向けカードローンとして用意されているのが、ひめぎんクイックカードローンです。申し込み条件は満20歳以上65歳以下の安定した収入がある人であり、事業性資金を除いて自由に利用する事が出来ます。

安定した収入がある人の中には、パートタイムやアルバイト、専業主婦も含まれています。(こちらもご参考に→銀行系カードローンなら専業主婦も借りられる?)ただし、年金受給のみの場合は条件からは外されています。申し込み方法は、銀行窓口、電話、インターネット、郵送、FAXが用意されています。10万円からの申し込みが可能であり、最高で800万円まで用意されています。担保や保守人は不要であり、愛媛銀行の口座を開設しなくても利用する事が出来ます。
(⇒カードローンの申込み方法をもっと詳しく

クイックというネーミングが示すように手続きが簡単で早くお金を借りる事ができるというのが、この商品の特徴となっています。電話、インターネット、郵送、FAXからの申し込みの場合は、契約も郵送で完了できるので来店なしでの利用が可能です。契約時の即日振込が可能であり、急いでいる場合の利用にも向いています。

ひめぎんクイックカードローンは、個人としての利用を目的として用意された商品です。毎月月末までに約定返済金額を返済するというのが利用上のルールであり、ルールを守って利用できる能力があるのかが審査で調査されます。審査は金融業者が加盟して利用履歴等の情報を記録している信用情報機関への照会が中心となります。

特に重視されるのが、他社借り入れ残高です。他社借り入れ残高が多いという事は、返済している金額も多いという事になります。ひめぎんクイックカードローンに返済する余裕が少なくなるという事になるので、他社借り入れ残高が多くなるほど審査に通る可能性は少なくなっていきます。他社借入残高が少ない段階での申し込みが、利用する可能性を高めるためには有効です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ