> > > 地銀のカードローンは大手や消費者金融に比べて利点はある?

地銀のカードローンは大手や消費者金融に比べて利点はある?

地銀のカードローンは、大手や消費者金融に比べてどうなのでしょうか?何というか、どうしても地味な気がしてなりません。

私の住んでいる場所だと所謂全国展開の大手銀行や消費者金融の支店が無く、あると言えば信用金庫と地方銀行の支店くらいのものなのです。預金口座管理くらいなら別にそれでも問題ないのですが、カードローンを使うとなると話は別ですよね?地銀のカードローンというのはあまり使っている人が居ないせいか、利用者数の関係でもパッとしません。でも、カードローンの取り扱い自体は続いているという事は、利用者は居るんですよね?

仮に敢えて地方銀行のカードローンを選んだという人は、どんな利点を感じて地銀にしたのでしょうか?私も地銀のカードローンにするかもしれませんので、詳細を教えていただけると助かります。

大手に比べて柔軟性が高いとされています

カードローンを初めとした融資というのは、基本的に決められたルールは絶対に守って返していかないといけません。なので毎月の最低返済額がきちんと用意できないという場合、そもそも融資を使うべきで無かった…という話にもなってしまいます。大手銀行というのは日本最大級の規模を持っている為に、こうしたルールも徹底しておかないと多くの利用者を捌ききれません。そして、そこが地銀との違いであり利点に繋がっていると言えます。

地銀からの融資というのは、大手銀行に比べて融通が利きやすいというのが最大の利点と言われていますね。(こちらもご参考に→地方銀行のカードローンを利用するメリットは?)地方銀行というのは名前の通り特定地方のみ展開しており、それだけその地方の人たちを顧客としないと全国規模の銀行に比べて利益も上げにくくなっています。だから、仮に銀行側が提示した最低返済額に足りない場合でも、それまでに十分な信頼があれば相談次第でもう少し返済額を融通してくれる…という事も無いわけではありません。それを期待しすぎるのも良く無いですけどね。

また、金利に関してはばらつきこそ多いものの、安いところは大手よりもさらに低いというところがあります。凄く金利が安いカードローンというのはすでに大きな取引がある人のみに限られていたりしますが、それでも長年同じ地方銀行ばかり使っている人なら比較的簡単に低金利にて貸し付けてもらう事が可能になっています。

但し、最大限度額は大手銀行とは資金力に差がある為か、やや劣る傾向もあります。限度額以外の利点に魅力を感じるなら地方銀行、という選び方でも良いかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
地方銀行のカードローンは審査甘い?

都市銀、地銀、信金、消費者金融など、多くから発行されるカードローン

起業して成功を手に入れたいという若者が増えています。大いに歓迎すべきことです。現在の経済界の重鎮も、その半数は若いときに自分で事業を立ち上げた人たちです。あるいは、最近、連日のように新規上場する会社は、そのほとんどが1代目の起業です。20代、30代で上場まで漕ぎ着けている社長も多くいます。日本経済を変える重要な原動力となりますね。

ところで、起業する人は、それなりに事業の成功に自信があることでしょう。成功するかどうか不安という人が事業を興すことは、まずないでしょう。しかし、自信があるとは言っても、やはり将来に対する漠然とした不安はあるものです。自分の仕事や生活のことも含め、家族のこと、恋人のことなど、考えればきりがありません。これら漠然とした不安との戦いも、起業においては避けられないのです。

会社を設立した当初は、厳しい生活が続くでしょう。それは覚悟の上ですよね。最初から事業がノリノリということは、考えにくいのです。まずは、事業のことを考えながらも、今日の食事、明日の生活という現実と戦わなければなりません。

こうした目先の現実との戦いにおいて、とても重宝されるのが最近話題のカードローンです。カードローンとは、その人の信用力の範囲内で、いつでも、何度でもお金を借り入れることができるといったものです。住宅ローンなどと違って、高額の借入ではありません。今月、生活費の他紙として5万円借りて、これを来月から返済していく、といったイメージです。もちろん希望者には、数百万円という上限額を設定してくれる金融機関もあります。

カードローンは、大手の都市銀行や信用金庫、地銀、信金、消費者金融などから、幅広く出されています。今や金融機関の主軸の商品の一つになりました。

なお、申し込みの際には審査があります。無職の人や、会社を辞めたばかりの人などは審査が厳しいでしょう。よって、起業する人は、まだ会社に在職している間に申し込んでおくことがポイントです。退職してしまうと、事業が軌道に乗るまで審査に落とされる可能性があるからです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ