> > > 静岡中央銀行のカードローンを使うには預金口座も必要ですか?

静岡中央銀行のカードローンを使うには預金口座も必要ですか?

銀行のカードローンって金利が低い上に銀行という名前による安心感もあって人気というのは、まあ分かります。でも、銀行のカードローンで不便に思う事が一つあるのです。

それは、カードローンを利用するなら口座開設も必要という事です。私もお金が無い時だと言うのに親類の葬儀が重なってしまい、カードローンを作って今回は凌ごうと思ったのですが、全国に展開する大手銀行のカードローンからまず確認したところ、カードローンを利用するには預金口座を作り、そこを返済用の引き落とし口座にしなくてはいけない…というルールがありました。銀行口座ってたくさん持っていてもどれか使わないものが出てくるというのは世の常ですよね。

それで使わないままだと勝手に凍結されて、もしもお金が少しでも残っていると没収されるんですよね?だから大手じゃ無くて静岡中央銀行のカードローンにしてみようかなと思いましたが、ここでもやっぱり口座は必要ですか?というか銀行カードローンってみんな同じなのでしょうか?

口座開設不要のところもありますよ

口座の利用者が単純に多い方が銀行としても嬉しいっすし、口座開設のノルマでも課せられているのか、銀行員の知り合いがいると「口座を作るだけで良いから!」と言われて口座開設させられる事もあるっすね。で、カードローンを作ってくれるならついでに預金口座も作ってくれればそのまま利用してもらえるかもしれないし、何より自社口座の方が処理も楽という事もあるかもしれないから、銀行によってはカードローン作成=口座開設となっている事もあるっす。

ただ、全部の銀行で口座開設が強要されるわけでは無いっす。銀行によってはカードローンを作るだけでもOKで、口座開設は不要としてくれているところもあるっすよ。普段メインに使っていて、尚且つ引っ越す予定も無いのなら、口座は増えない方が良いというのは当たり前の話っすね。口座開設が必須のところは低金利で限度額も多めなところが多いっすけど、それも一概には言えないっすし。

静岡中央銀行の場合だと、口座開設は不要になっているっす。もちろんついでに口座も作りたいと言えば喜んで手続きを進めてくれると思うっすけど、もう使っている口座もあるみたいっすし、無理に使う事は無いっすよ。もしも口座があってすでに結構な額の預金を預けていたりすれば、審査に良い影響もあるって言う豆知識も実は存在しているんすけどね。

まあそれもすでに口座を持っていないと意味も無いっすから、無理に口座開設せずに普通にカードローンに申し込めば良いっすよ?。

【参考ページはこちら】
地方銀行カードローンを利用するメリットはある?

静岡中央銀行のカードローン「しずちゅうプレオカード」について

静岡中央銀行は、静岡県沼津市大手町4丁目に本店を置く日本の第ニ地方銀行の一つです。1926年(大正15年)11月12日に伊豆無尽株式会社として創業し、その後何度か商号変更を重ね、静岡中央銀行の名称になったのは1989年(平成元年)8月です。

地域銀行としての役割は、地元経済の発展に貢献することと、地域の皆様のニーズに応える金融商品を提供することです。静岡中央銀行も創業以来、地域密着型の事業経営に努め、県内を中心に神奈川県、東京都にも拠点を開設してきました。2014年3月31日時点の店舗数は45店舗(静岡県29、神奈川県15、東京1)を有しています。規模の大きな金融機関ではありませんが、インターネットで取引を行えるネットバンキングを開設していますので、店舗から離れた地域のお客様にもご利用いただきやすい環境を整えています。

また、近年需要が高まっている商品に「カードローン」がありますが、静岡中央銀行でも、お客様のニーズに応えて「しずちゅうプレオカード」を提供しています。このカードローンの特徴は、来店不要、預金口座不要のカードローンであること、専業主婦・パート・アルバイトの方もご利用可能なこと、電話、WEB、携帯電話でお申し込みが出来ることなどです。これらの点は、他行のカードローンと同等の条件であると言えるでしょう。
(⇒様々な金融機関のカードローンから自分に合ったものを選ぶためには

また、ご利用金額については、極度額が8コース(10万円・30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・300万円)、金利年6.0%~14.5%です。ご利用には当行及び保証会社(株式会社セディナもしくはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の審査があり、審査結果によってご利用上限額と金利が決定します。

カードローンは、すぐに利用する予定が無くても契約することが出来るもので、持っているだけでは維持費は0円です。生活に安心を与えてくれる便利なアイテムと言えるのではないでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ