> > > エムアイカードはローンカードですがカードローンと違う?

エムアイカードはローンカードですがカードローンと違う?

あんまり他の人は使っていないかもしれませんが…私はエムアイカードというところのローンカードを作ろうと思っています。ここのカードローンを持っている親戚がいて、その親戚の評価が高いというのが決め手になった感じです。

しかしながら、どうしても一点だけ気になることが…この融資方法はカードローンと呼ばれるカードを利用した形式なのでしょうが、ローンカードと明記されていますよね?他の銀行や消費者金融ならカードローンの事はカードローンとはっきり書かれていて、今になってエムアイカードのローンカードというのが「もしかしたらカードローンと違うものでは?」と思うようになりました。しょうも無い悩みでしたらすみません…。

今になって悩む話題でも無いかもしれませんが、もしもカードローンじゃなくて独特のルールでもあって使いにくかったりすると、凄く困ります。ローンカードはカードローンとは違うのかをどうかお教え下さい!

用途はカードローンと全く同じです

カードローンとローンカードにて、全く役目が異なるという場合が無いわけではありません。カードローンはご存じのようにカードで自由にATMからお金を借りられる方法でして、ローンカードの場合は『見せる事で今からローンの手続きを行うカード』みたいな役割がある事もあります。人によって呼び方を変えているだけ、みたいな事もありますし、かなり曖昧な線引きしか無いのが現状です。

というか、正直なところ『金融機関によって呼び方が違うだけ』というケースもいくつもあります。エムアイカードのローンカードというのも実はそれであり、実際のところはカードローンと判定しても全く問題が無いくらい、その存在はカードローンに近しい存在です。こういう場合、見るべきところは一つですね。

用途を見てみるともうお分かりでしょうが、他社のカードローンに比べてみるとほぼ完全に一致するでしょう。他社の特殊すぎるカードローンと当てはめるのは参考になりませんが、大手のスタンダードなカードローンと比較するともう答えは目前です。コンビニATMからでも利用出来る、平均的な金利の値、限度額に借りたお金の使い道等々…これをカードローンと呼ばずして何と呼ぶ、というところです。

だからカードローンと呼んでも差し支えないわけですが、正式名称としてはエムアイカードの場合はローンカードと表明しているので、質問などがある場合は考慮しておいた方が良いかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関を比較して自分に合ったカードローンを選ぶ方法

利用可能額が高いコースほどお得なカードローン「エムアイカード」の秘密

エムアイカードは学業や旅行の他、何か好きなことをしたいといった、自由なお金が必要な時に便利なローンカードです。入会金や年会費は一切かからず、融資の際に保証人や担保が必要ないのも魅力です。

返済時にかかる利率は1年間の実質年率になっており、借り入れた金額ではなく、どのコースを利用するかによって決定されます。各コースへはカードローン利用者の年収を目安に選択できるのが、エムアイカードの特徴です。

年収が300万円以上の人にオススメの、利用可能額50万円までや100万円までの2種類のコースの他に、年収700万円以上の人に最適な利用可能額200万円コース、年収1000万円以上であれば300万円コースと、4つの融資コースが用意されています。

利用可能額が高いコースほど利率が下がりますので、年収が多い人はできるだけ200万円、300万円のコースを選択された方のが、お得に利用できることでしょう。(こちらもご参考に→現在年収500万円、カードローンの限度額はいくら?

返済方法には一回払いと、リボルビング払いの2つが用意されています。毎月の利用額を一回で支払う方法は、利用残高を気にすることがないので、一気に返済できる能力を持っている人に最適なものです。

一方のリボルビング払いは、利用残高に応じて一定の返済金額が決まるという仕組みです。毎月の返済額が少ない分、負担が少なくなりますので、毎月の支払いを軽くしたい人に有効な返済方法といえます。

実際に借りたお金を返済する時には、原則として口座振替となりますが、必要であればエムアイカードのATMか、指定の口座に振り込むかたちで返済することも可能です。

借り入れする時にはエムアイカードATMはもちろんのこと、全国の銀行、郵便局、コンビニなどの提携先ATMから利用することができます。

JR東日本構内のATMでも利用可能ですが、このATMから借りると一回払いの返済でしか受け付けてくれませんので、その点については注意して利用するようにしてください。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ