> > > 三菱ufjとアコムのカードローンはやっぱり違いますか?

三菱ufjとアコムのカードローンはやっぱり違いますか?

アコムのサイトを良く見てみると、三菱東京UFJグループである旨が大きく書かれていますよね?つまりそれは、アコムで借りても三菱東京UFJから借りている事と同じなのでしょうか?

どこの消費者金融なのか詳しい事は忘れましたが、名前こそ昔の消費者金融のままなのですが、今では銀行からの融資みたいな判定になっているカードローンがあって、そうなると消費者金融でも銀行の名前を記載しているという事は銀行カードローンと同じ?みたいな風に思っているのですが、間違っていますか?

三菱ufjとアコムのカードローンはそれとも違うものなのですか?私にはどうしても同じにしか見えません。実際に持ってみれば分かるかもしれませんが、お試しで持つものでもないと思うので、誰か知っている人は違うかどうか教えて下さい。

もちろんカードローンとしては別です

三菱東京UFJ銀行とアコムのカードローンというのはグループ企業ということで確かに関係しており、そうなると銀行カードローンだと思うのも無理はございません。今まで同じに見えていたという事なら多少驚きもあるかもしれませんが、アコムと三菱ufjは別であるという事は今回のご説明でご理解いただきたく思います。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローン審査に必ず通る方法

特にカードローンの発行に関してですが、三菱東京UFJ銀行に申し込むのとアコムに申し込むのとでは、全く別のカードローンが作られる事になります。質問者様が仰ったように名前だけは消費者金融のまま、発行しているのは銀行なので結局は銀行カードローンである…という物もございますが、アコムと三菱ufjでは違っているというのを間違わないようにお願いいたします。

両者のカードローンの特徴を見ていただきますとお分かりですが、アコムの場合はクレジットカードとしても使えるカードローンという、非常に珍しいカードを取り扱っております。(こちらもご参考に→アコムのカードローンは銀行よりも限度額低い?)これはバラエティ豊かな消費者金融だからこそ作れているカードローンともいえる商品でして、三菱東京UFJ銀行には無いものと言えます。三菱東京UFJ銀行にもキャッシュカードと一体化した、独自のカードローンもあるので一概にどちらが優れているとも申し上げられません。

どちらも同じグループに属していたとしても、社名の違いと同様にカードローンにも違いがあり、自分が欲しいカードローンというのは何なのかを見極めてどちらに申し込むかを決めてくださいませ。見れば見るほどお互い特徴のあるカードローンなのです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

三菱東京ufj銀行のカードローンの審査はアコムがしています

最近三菱東京ufj銀行のカードローンの人気が高まっています。銀行の企画するこの手の商品としては異例なほど柔軟な対応をしているため、入り口が広いためです。通常他の銀行で同様の商品を申し込む場合は、その銀行の普通預金口座を持っている必要がありますが、三菱東京ufj銀行の場合返済方法としてコンビニATMを指定することができるため、預金口座をあえて持っている必要がないのです。

これはこのカードローンの審査を、実際には傘下の信販会社であるアコムがしているためです。つまり、事実上アコムの商品を三菱東京ufj銀行の窓口で販売しているようなものなのです。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?)もっとも、そこは銀行と信販会社なのでまったく同様の審査内容ではありません。銀行の方が審査は厳しいです。しかしその厳しい理由は、両社が回収可能性をどこまで重視しているかの差であり、回収可能性が高いことを銀行側にアピールすることができれば、銀行も柔軟な対応をしてくれます。

カードローン自体の商品内容はほぼ同一の2社ですが、両社の差として無できないのがコンビニATMの手数料です。三菱東京ufj銀行の場合は無料であるのに対し、アコムの場合は有料です。それぞれの店舗に設置してあるATMだけ利用していれば問題はありませんが、コンビニATMはその設置台数が全然違いますから結構大きな差になります。できるだけ三菱東京ufj銀行で申込をした方がいいのです。

銀行の融資を有利に進めるためにはコツがあります。難しい話ではなく、回収可能性が高い顧客だと銀行側に理解してもらうことが大切です。そのためには銀行の口座を持ち、そこに自分の給与が振り込まれていればかなりのアピールポイントになります。そのような口座をカードローンの返済口座にしていれば銀行の審査が有利になることは間違いありません。アルバイトや派遣の仕事の方は銀行融資で不利になりがちですが、このような対策を取ることで結果が変わってくるのです。
(⇒カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ