> > > フラット35sって何ですか?カードローンとは違いますか?

フラット35sって何ですか?カードローンとは違いますか?

フラット35sというとてもお得な融資があると聞いたのですが…これはカードローンというわけでは無いのですか?

今私が探しているのは、他ならぬカードローンです。今度転勤が決まったので慣れないうちは色々とお金がかかる事も見越してカードローンを作ろうと思ったのですが、今まで現金融資なんて使った事が無いので、どんな物が良いのか検討が尽きません。四苦八苦しながら情報を集めていると、フラット35sというとても金利がお得な融資があると聞いたのです。名前と金利についてしか語られていなかったので詳細は分かりませんが、カードローンだとしたら見過ごせない情報です。

このフラット35sはカードローンですか?それとも違うのですか?カードローンの事もろくに知らないうちの質問ですが、お手数でも教えてもらえると大変助かりますのでよろしくお願いします。

フラット35sは住宅ローンの事ですね

カードローンの事をさっぱりなうちに、商品名だけ出されてしまうと一体どれが自分が探している物なのか、検討も尽きませんよね。カードローンの中には風変わりとも言える名前が付けられている事もよくありますので、地名とか果物の名前と勘違いしてしまう事もあるかもしれません。これって実話ですからね。

で、フラット35sの事を現段階では『とても金利が安いお金を借りる方法』と思われていて、これがカードローンだったら嬉しい…という感じですよね?フラット35sの金利が安いというのは事実ですが、残念ながらカードローンではありません。さらに言えば、現金融資とも離れているので詳細についてご説明していきます。

フラット35sというのは、住宅ローンの事です。35という名称は35年で支払う事を視野に入れたローン分割方法の事を指しており、sというのは特定の条件に合った人にさらに低金利にする事を意味しています。住宅ローンというのは当たり前ですが、現金を借りる為では無く家を買う時にしか使えない融資方法です。カードローンの代わりになるわけではありませんので、この融資方法の事は実際に住宅ローンを組むまではさほど意識しなくて良いでしょう。

ちょっとだけ蛇足かもしれませんが、金利が安いカードローンをお探しというのなら、最初は銀行カードローン辺りから探していくのが無難です。特に普段から取引がある銀行のカードローンに申し込むと、こちらの相談や要望も聞いてくれやすくなりますので、普段使っている銀行を中心に話を聞いてみてはどうでしょうか?

【参考ページはこちら】
様々な金融機関から自分に合ったカードローンを探す方法

カードローンを利用していてもフラット35sは利用できます

今年の4月から消費税が8%になり、消費税の増税は平成9年に3%が5%になってから17年ぶりのことです。増税前の駆け込み需要と、増税後の反動減が心配されていましたが、住宅のような高額な買い物については税制面で負担の軽減が図られています。具体的には、住宅ローン控除の拡充で、消費税の税負担が増えた分、所得税と住民税の減免を増やしています。

景気は回復基調にありますが、現時点では金利は未だ歴史的低水準にあり、住宅購入を後押ししています。住宅ローン金利は、民間金融機関の変動金利や、3年程度の比較的低機関の固定金利は1%を切るものもありますが、返済が長期にわたる住宅ローンでは、その間ずっと”歴史的な低金利”が続くとは限らないため、今は変動より多少割高でも、ずっと変わらない安心のフラット35も魅力的です。フラット35の中でも、建物が一定の要件を満たした場合、フラット35sはさらに金利が優遇されます。

ところで、住宅を購入したい・住宅ローンを組みたいが、カードローンを利用している、そんな場合は借入ができるかが気になります。一般的に借り入れの条件、借入可能額や期間、金利などは借り手の返済能力と信用、そしてそれと対極の関係にある貸手のリスクで決まります。借り手の返済能力や信用が高いほど、より多くの金額を、より長期間、低金利で借りることができます。

住宅ローンの審査は、借り手の年収に対して返済負担割合をかけて、年間いくらまでなら返済できるかを計算します。カードローンや自動車ローンなどの他社借り入れがある場合、それを引いた残りが住宅ローンの返済に充てられるとみなされます。そのため、年収が十分にあればカードローンを利用していても問題ないこともあるし、または、カードローンの完済を住宅ローンの条件にすることもあり得ます。
(⇒銀行カードローンに年収は関係ないってホント?

たとえば、4000万円の家を買うために頭金400万円を貯めた、一方でローンが100万円あるという場合、そのまま3600万円を借りるよりも、ローンを先に完済して、残りの300万円を頭金に、3700万円を住宅ローンにしたほうが、返済期間が長い分、収入に対するトータルの返済負担割合は低くなります。カードローン完済を条件にする場合も、そのまま併用する場合も、それまで延滞することなく返済してきた履歴は、本人の信用情報(クレジットヒストリー、または略してクレヒスとも言います)として残っています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ