> > > 広島銀行のカードローンとフリーローンは返済方式が違うの?

広島銀行のカードローンとフリーローンは返済方式が違うの?

広島県民にとって一番大きな銀行と言えば、やはり広島銀行ですよね。地銀なので県外にはもちろん無いと思いますが、広島地方に住まうならおそらく支店やATMには事欠かないと思います。県民である私も広銀で融資を受けようと思っているのですが、それでお聞きしたい事があります。同じ広島の人で詳しい方に聞きたい事です。

広銀にはカードローンとフリーローン、二種類の融資方法がありますよね?どちらを使うかはまだ決めていませんが、この二つのどちらを選ぶかで返済方法というのは変わってきますか?一応、現状ではカードローンの方が便利と聞いていますので、そちらにしようかと考えていますが…。

返済方法が違うと言ってもどんなものがあるのか分からないので、どちらでどう違うのかを詳しく教えてもらえるとありがたいです。返済方法を知らずに使って遅れるとか避けたいので…。

結構違うので慎重に選びましょう

私も同じ広島県民なので、ちょっとだけ奇遇ですね(笑)。そう言われていると、確かに広島地区で一番目にする銀行と言えば広島銀行ですよね。他にもそこそこ大きく宣伝もしている銀行ってありますが、本店の規模とか考えてみても、広銀がダントツなのは確かだと思います。広銀の口座なら私も持っていますし、広島ならこれ一つあればあまり不自由も無いですよね。
(⇒低金利なひろしんのカードローンはすぐに作れる?

広銀は融資方法とかも豊富なのが利点ですが、その融資方法でカードローンとフリーローンだと使い勝手が変わるように、返済方法も実は違ったりします。返済方法というよりもどちらの借入方法が使いやすいかで決めても良いとは思いますが、その判断材料にもなるかもしれませんのでお教えします。

まずカードローンですが、こちらは借入残高によって返済額というのが変わってきます。当然借りた額が大きいほど毎月あたりの返済額というのは大きくなっていきますから、返済額の変遷については良くチェックしておいて下さい。窓口やATMでの随時返済もできますから、自分の都合に合わせて変えてみたり組み合わせてみたりして良さそうです。

フリーローンの場合、毎月一定額を完済まで返し続けていく事になります。ある意味では最も融資の返済方法らしく、計算が楽なのもこちらでしょう。フリーは金利こそカードローンよりもやや安いですが、限度額が低くいつでもすぐに借りるには適していませんから、使い切りの融資でも良い場合に限られるかもしれませんね。

以上が返済方法の説明となります。同じ広島県民同士、頑張っていきましょう!

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せばいいの?

返済方法が自分で選べる広島銀行のカードローン

広島銀行は、印象派の絵画を収集するひろしま美術館の設立に携わるなど地域の文化活動の後援で名高く、地元の多数の企業と取引があり、広島を代表する地方銀行です。

広島銀行では、さまざまな利用者に合わせた多種多様なカードローンが用意されています。返済方法を、リボルビング払いのカード型と、分割払いの自動口座引き落としの分割返済型のどちらかを選べるカードローンがあるのが特徴です。カード型では借り入れ限度額内であれば、必要な金額を借り入れてATMから引き出すことができ、返済もATMで行うことができます。分割返済型では、必要な金額を一度に借り入れし、口座引き落としで元利均等分割返済を行います。

公務員向けのカードローンがあるのがユニークですし、主婦・主夫・新入社員・パート・アルバイト・年金受給者が利用できるカードローンもあります。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってある?

広島銀行のカードローンは、この銀行に預金口座を持っていることが必要です。近くに支店やATMがない場合にも、インターネットからひろぎんネット支店に申し込むことができます。ひろぎんネット支店の口座では、預金通帳を使用せず、ダイレクトバンキングサービスやATMや電話で取引を行います。キャッシュカード一枚で銀行の取引もローンの利用もできるので便利です。

ATMは、提携銀行ATM、ゆうちょATM、コンビニATMが利用可能です。ひろぎんのATM、提携銀行ATMには手数料無料の時間帯があり、自宅近くや立ち寄り先にこれらのATMがあると手数料を節約できるので利便性が高くなります。提携銀行は、もみじ銀行、広島信用金庫、呉信用金庫、しまなみ信用金庫、広島みどり信用金庫、JAバンク広島、福岡銀行、伊予銀行、トマト銀行、西京銀行、広島市信用組合です。

ひろぎんネット支店の口座開設には、申込書の請求、必要書類を申込書の送付、電話による本人確認、郵送されたカードの受け取り、のステップがあり2週間程度かかるので、時間に余裕を持って申し込むことが必要です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ