> > > かぎんカードローンは再発行にも審査が必要ですか?

かぎんカードローンは再発行にも審査が必要ですか?

鹿児島銀行のかぎんカードローンを持っていたのですが…この前折ってしまって使えなくなってしまったのです…。おしりのポケットに入れたまま忘れて座ってしまったのが原因なのですが、やっぱりカード形式だと大事に扱わないとダメですね。今回の失敗は勉強だと前向きになりたいです。

それでカードローンをちょくちょく使いたいから再発行する予定なのですが、再発行には審査とかあるのでしょうか?カードローンは最初の発行を行う時には当然審査があるわけですが、その審査に少し手間取って時間がかかった記憶があり、それが面倒でして…また同じような事があると考えると、いっそ欲しくなるまでは再発行しないのも手かな…なんて思うようになりました。面倒くさがりですみません…。

かぎんカードローンは再発行にも審査はあるのかを教えてもらえませんか?

再審査は無いですが手数料が発生します

おしりのポケットに入れる物っていうのは、基本的に壊れない物にしておかないといけないわよね。私は女だから荷物は鞄に入れる事の方が多いんだけど、男はこういう時に大変ね。特にカードなんて精密機械みたいなものだから、もっと大切に扱うようにしておく事ね。

再発行といってもまたカードローンを作ると考えると審査の一つでもありそうだけど、そもそもカードが無いという状態は自分自身にしか把握されていないという事で、向こうとしてはカードが無くなったという事実だけじゃなく、それから仕事などはどうしているかも伝わっていないという事よね。それなら登録情報については随時変えているわけでも無く、それならカードだけを発行すれば終わりだから審査は無いというのがほとんどの銀行で共通しているわよ。

でも、タダでカードを発行してくれるというわけじゃないわ。カードのみの再発行を希望した場合、発行手数料が発生するはかぎんカードローンの場合は1080円となっていて、カードローンを便利に使っているならそこまで高すぎるとも思わない額でしょうね。最初は手数料なんて無かったのに…と思うかもしれないけど、最初の一回はサービスみたいなものだから、カード発行にも銀行側に負担が発生していると考えると、仕方の無い事ね。

再発行は本人が希望すればそれで終わりだから、難しい事でも無いし審査落ちしてしまうなんて事もまず無いわよ。お金さえ用意できるというのであれば、安心して手続きを進めなさい。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せばいい?

鹿児島銀行の「かぎんカードローン」の審査について

鹿児島銀行は、鹿児島県鹿児島市金生町町に本店を構える日本の地方銀行の一つです。1879年(明治12年)10月9日の創業以来、地方銀行の役割として地域経済の発展に努めてきました。2014年3月末時点で、鹿児島県内を中心に155か店(本支店・出張所・代理店)の店舗と、386か所に店舗外ATMを設置しています。地域密着型の経営により、地元では「かぎん」の愛称で親しまれている金融機関です。

鹿児島銀行でも、個人のお客様のニーズに応え、キャッシング用のカードサービスを提供しています。カードローンは、近年需要が急増しているローン商品ですが、来店不要型のローンが増えたことも要因のひとつにあるあのではないでしょうか。鹿児島銀行で提供しているのは商品名を「かぎんカードローン」といいます。設計はとてもシンプルで、ご利用極度額10万円~500万円(10万円単位)、金利年4.5%~14.5%の設定です。金利は変動金利で、金融情勢によって変わりますが、上限は14.8%と定められていますので、それ以上の金利になることはありません。

また、地方銀行ならではの審査条件になりますが、お住まい又はお勤め先が、鹿児島県、宮崎県、熊本市内、福岡市内であることが審査申込みの条件になっています。ご利用には、当行及び保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)の審査があります。審査結果によってご利用上限額と金利が設定します。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

「かぎんカードローン」の概要を見ると、ご利用極度額や金利設定は、他行同等商品と比べて遜色の無いものではないかと思います。ただし、10万円のお借入れの際の返済額が2,000円と少額なのが特徴です。30万円以下のご利用でも5,000円が毎月の約定返済額ですので、返済しやすい金額設定だと思います。お申し込みは、鹿児島銀行のホームページから出来ますので、一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ