> > > 伊予銀行カードローンの詳しい審査内容が知りたいです

伊予銀行カードローンの詳しい審査内容が知りたいです

伊予銀行カードローンの審査内容について、詳しく教えてくれませんか?

そのカードローンを作ろうとしているのですが、審査内容について詳しく調べて確実に通過したいと思っていても、中々それを見つける事ができません。人に聞かずに出来るだけ自分で調べるように習慣づけるようにしていますが、やっぱり私は金融の専門家というわけではありませんから、自分で考えたり調べたりするには限界がありまして…そこで、皆さんの教えを請いたいと思って質問させてもらっています。

伊予銀行のカードローン審査の詳しい内容、そしてそれに通過する方法を是非知りたいです。これに関わる事ならどんな事でも構いませんから、教えていただけませんか?

詳しい内容や基準は基本的に外からでは分かりません

カードローンの審査内容に関する詳細って、定期的に色んな人が聞いてくるんすよね。それが悪いというわけじゃないんすけど、基本的に毎回同じ答えになってしまうっすから、ちょっと申し訳無いかなーとも思うっす。でも今まで知らなかったみたいっすから、目を通してもらえれば嬉しいっすね。

伊予銀行だけに関わらないんすけど、カードローンの詳しい審査内容っていうのは、基本的に外には漏れないんすよ。所謂社外秘っていうやつっすから、どれだけ頼んでも基本的には教えてくれないっすね。教えられる範囲というのは本当に言葉を濁して伝えられるわけっすから、やっぱりはっきりとは分からないんすよ。カードローン厳しいかもしれないっすけど、これが現実なんすよね。

でも色んなサイトで融資審査の内容が考察されているように、金融業者から与えられた情報、そして通過したり落ちた人の状態から傾向は分かるっす。基本的にカードローン審査では、収入、仕事、融資の利用状況というのが一番大事みたいっすね。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってあるの?)この三つが優れているというよりも、そもそも問題があるかどうか、それを注意深く見ているっす。例えば、利用状況に関しては今もお金を借りているのか、過去に返済に遅れた事は無いか…っていう感じっすね。

そして、こうした融資にてどれくらいまでなら貸せるかというのも、金融業者毎に異なっているっす。他の銀行カードローンではダメだったけど伊予銀行なら借りられたり、またその逆もあり得るっす。どんな部分を重要視しているか分からない以上、さっきも言ったように重要なポイントに問題が無いかどうかを見ていく方が効率的に審査内容を把握できるんじゃないっすかね?

【参考ページはこちら】
銀行と消費者金融、カードローン審査が甘いのはどっち?

伊予銀行のカードローンの特徴と審査内容について

伊予銀行には個人向けのカードローンが有ります。この銀行は、愛媛県の松山市に本店がある大手の地方銀行で、愛媛県を中心とした営業エリアを持っています。また、新宿や東京などにも支店が設けられており、九州エリア、近畿東海エリア、中国・四国エリアなどにも店舗展開を行っています。

伊予銀行のカードローンは、WEBで申し込みが完結すると言う特徴が有ります。書類の記載、書類の郵送、来店不要になっており、このカードローンを利用する人は20万人を超えているとも言われています。月々の返済が2000円(利用残高が10万以下の場合)、金利が年利4.5%~14.5%、利用限度額は最大で500万円、資金使途は自由で、他社からの借り換えが可能、全国にあるコンビニエンスストアのATMでの借り入れが可能になるなどの特徴が有ります。

申込みが可能になるのは、申込時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の人で、主婦やアルバイトの人も可能なのです。(こちらもご参考に→アルバイトでもカードローン審査で勤務先確認はあるの?)また、主婦でも専業主婦の人も配偶者の収入が有る場合は申込みが可能になると言った利点もあります。

申込みを行うと、審査が行われますが、審査の中では個人信用情報を照会しての審査内容になります。また、伊予銀行では年収証明書の提出が不要になっていますので、運転免許証やパスポート、健康保険証と言った本人確認用の書類と個人信用情報の照会が審査内容という事になるのです。

因みに、申込みの流れというのは、伊予銀行のホームページから申し込みを行うと、審査受付と言う形になります。審査が行われ、結果を連絡してくれます。融資が可能と言う審査結果になった場合は、契約を行い、通帳とカードを受け取り利用開始と言う流れになります。審査内容は、全国銀行個人信用情報センターが管理をしている個人信用情報を照会し、金融における事故の情報、申込みが短期間の中で多数行われていないか、お金を貸しても返済をきちんと行えるのかどうかと言った審査を行っているのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ