> > > とりぎんのカードローンは変わった名前でも普通に使えますよね?

とりぎんのカードローンは変わった名前でも普通に使えますよね?

今度の引っ越しの下見として、鳥取に向かった時の事です。鳥取では長く暮らすつもりなので当然銀行の場所なども見ておいたわけですが、そこの銀行でもあるとりぎんのサービスの一つに、ちょっと面白いものがありました。

面白いと言ってもカードローンなのですが、その名前も『らくだスーパーカードローン』なるものです。普通のカードローンならせいぜい自社の銀行名くらいしかつけないと思っていたので、最初はらくだという部分しか見ていなかったのでこれは何だろう?と心底不思議そうに見ていました。それで行員の方に説明してもらってすぐに理解できました。

カードローンの事について聞いているくらいだから、引っ越し先である鳥取の地銀カードローンというのは作っておきたいのですが、このらくだというカードローンは名前にインパクトがありますが、普通に使えますよね?名前が凄くて実は何か変わった機能があったり、或いはとんでもない欠点でもあれば…と思うと不安です。今は元居た場所に戻っていて確かめる術が無いので教えてくれませんか?

名前はともかく普通に使いやすいカードローンです

変わった名前のカードローンが珍しかったご様子でございますが、実はただ単に銀行名を付けただけではないカードローンも、たくさん存在しているのです。例えば野菜や果物の名前であったり、特定の地名や格好良い英語の名前等々…カードローンのネーミングセンスには、その銀行の特徴が出ていると言っても過言ではございませんね。
(⇒自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せばいいの?

しかし、カードローンの名前が体を表すとは限りません。変わった名前だったり、多少悪い言い方にはなりますが変な名前のカードローンだとすると内容も複雑怪奇で使いこなせそうに無いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。一風変わった名前は目立ったりするための方便であり、何も内容まで複雑にしてしまう必要はありません。そんな事をすれば、使える人が少なくなりすぎて利益にはならないのでございます。

とりぎんのらくだスーパーカードローンとて同じ事なのでございます。らくだというのは一見してカードローンの名前に思えず、同時にどんな不思議なプランかと思いきや、中身としては普通の使いやすい銀行カードなのでございます。低金利かつ十分な限度額、ATMよりいつでもお金を借りられる便利さなど、一度作れば後の利用で困る事はございません。

名前のせいでそちらに目を奪われるという商品はとても多いのでございますが、とりぎんのカードローンのように、中身が十分使いやすいかどうかは確認するようにいたしたいものですね。

来店不要で最高500万円融資・とりぎんの「らくだスーパーカードローン」

通称「とりぎん」として知られる鳥取銀行では、住宅ローン、教育ローン、車関連ローンなどの資金の使途にあった個人向けのローン商品を展開しています。そのなかで、もしものときに準備しておきたい使いみち自由のカードローンとしては、「らくだスーパーカードローン」があります。

このローン商品の特徴として、電話・パソコン・ファクシミリなどでかんたんに申し込みができること、最大500万円までの申し込みに対応した大型ローンであること、年4.0%からの低い貸出利率をうたっていること、来店不要での申し込みができること、コンビニATMでも利用できること、鳥取銀行と取引のない人でも申し込みができること、などが挙げられます。

より詳しく見ると、この商品を利用できるのは、申込時の年齢が満20歳以上72歳以下で、保証会社の保証が得られる人となっています。いわゆる総量規制の対象外ですので、年収による申し込みの制限はなく、借入総額が年収の3分の1を超えるような場合であっても申し込みは可能です。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの極度額と年収の関係って?

店頭でのほか、インターネット申込みは24時間受付ですので、必要事項をフォームに入力して送信すると、審査結果の連絡後、承認の場合のみ契約書類が郵送されてきます。契約書と運転免許証の写しなどの必要書類を送付すれば、手続きは完了しますので、まったく店頭に出向くこと無く契約することも可能です。なお、融資金額310万円以上の場合は、源泉徴収票または公的機関の発行する所得証明が必要となります。

融資限度額の最大は500万円ですが、最低は10万円であり、審査により10万円単位で極度額が設定され、専用口座を開設しての融資となります。ただし、契約後6か月すれば、取引状況によっては増枠が認められます。契約期限は1年間です。貸出利率の最低は年4.0%、最高は年14.5%で、専用カードによりCD、ATMより借り入れができ、返済は毎月10日に残高に応じた一定額が引き落とされます。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関から自分に合うカードローンを選ぶ方法

新着記事
カテゴリー
ページトップへ