> > > トマト銀行のカードローンがどうして審査簡単と評判なのだろう

トマト銀行のカードローンがどうして審査簡単と評判なのだろう

トマト銀行のカードローンに申し込もうと思って調べています。そうしたらネットの情報ですが、審査が簡単な点で評判だというのです。ですが、私には銀行のカードローンで審査が簡単になることがよくわかりません。どこがどう簡単なのでしょう?

契約額300万円以下なら所得証明が不要だからだと思われます

トマト銀行のカードローン「Q-Li(キューリ)」は、契約金額(限度額)300万円以下なら収入を証明する書類を提出する必要がありません。多くのカードローンが、100万円以上、200万円以上といったもっと低い限度額から収入証明を求めているのに対して、300万円まで手続きを簡素化しているので「簡単」と評判なのだと思われます。

トマト銀行は岡山県に本店を置く第二地方銀行で、そもそもは1931年(昭和6年)に設立された倉敷無尽からスタートしています。無尽というのは出資した人たちのいわば組合で、みんなが出資したお金をお互いに融通し合う地域金融でした。山陽相互銀行となったあと普通銀行に転換するときに庶民的でありながら世界で親しまれているトマトを銀行名としました。

この地域では中国銀行に次ぐ大手の金融機関であるにもかかわらず、地元の人たちに親しまれているのは、この銀行名によるところも大きいと思います。そしてそのカードローンが「Q-Li(キューリ)」というのもユニークですよね。トマトにキュウリ。八百屋さんのようです。2012年に登場したこのカードローンはQuality of Life(生活の質)という言葉を短縮してQ-Liと名付けたそうです。でも、絶対野菜系の名前にしたかったに違いありませんよね。そのうちナスやニンジンも登場するかもしれません。

申し込みはネット、電話などで可能で、本契約は郵送でできますから、店舗へ行く必要はまったくありません。それでいて限度額の最高は1000万円です。金利は固定で年3.0%~年14.5%と低めになっているのもうれしいところです。延滞金利も年14.5%となっている点も助かる点です。よくある延滞金利は20%ぐらいになっているはずで、うっかり延滞したときも金利が高くなってしまう(返済までの期間です)のですが、それがかなり低く設定されています。

申し込みの条件としては、満20歳以上満68歳以下で安定した収入があること。それでいて専業主婦、パート・アルバイトでも申し込めます。保証会社の保証が受けられることが条件で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社です。これはみなさんもご存じの「プロミス」です。現在社名は変更になりましたが、プロミスのブランドは残していまもテレビCMもプロミスとしてやっています。(こちらもご参考にどうぞ→プロミスは銀行系カードローンなの?

このような点からして、審査が簡単になっているというよりは、申し込み方法が簡単になっているというのが正しい部分でしょう。これだけの使いやすさを実現したカードローンですから、審査面では当然、トマト銀行としての融資基準もクリアしなければなりませんので、「誰でも簡単に借りられる」とは言えないと思います。もちろん、申し込み条件をきちんとクリアしていれば、審査に通る確率はとても高いでしょう。

この限度額の設定は10万円が最低で、そこから10万円単位になります。審査結果で大きく変わる部分です。300万円以下は所得の証明書もいらないのですから、勤務先や勤務形態、過去の借り入れ実績などをきっちり審査されるでしょう。ご自身の信用度が正確に反映されるとも言えます。使いやすいカードローンですから、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

トマト銀行カードローンの審査に必要なものは?

少し変わった名前のトマト銀行ですが、岡山市に本店がある、60の店舗を持ちさまざまな金融サービスを行っている地方銀行です。そしてトマト銀行では、お金を借りるためのローン商品も充実しています。中でもカードローンは、手軽に借り入れができ利息も低いと好評なのです。

代表的なのがQ-Li(キューリ)という商品で、最低10万円から最高は1000万円までの借り入れが可能な、とても利用価値の高いローンなのです。利息もとても低く、年3.0%~と地域に密着した地方銀行ならではの良心的な数字なのです。他にも最高で500万円まで借り入れが可能なカードローンMAXや、最短で即日の融資が可能なスピード王というプランなど、どんな方でも利用しやすい商品が揃っているのです。

しかしお金を借りる際には、決められた審査が必要になります。トマト銀行のカードローンの審査には、どのような物を用意すればよいのでしょうか?どのカードローンの審査においても、まずは運転免許証や健康保険証などの、本人確認書類が必要となります。あるいは、パスポートでも可能です。さらに必要なものとしては、印鑑があります。トマト銀行と取引がある場合は、同じ物を用意する必要があります。

そして契約するプランや借り入れる金額によっては、前年の収入を証明する書類が必要となります。源泉徴収票でもよいですし、住民税などの課税証明書でも可能です。後は所定の申込みフォームに必要事項を打ち込み送信すれば、手続きは終了となります。その後は審査に入る訳ですが、通過する基準は商品によって異なります。年収の金額や勤続年数、そしてこれまでの取引履歴と照らし合わせて、総合的にご利用限度額が設定されます。

そして審査を通過すると、こちらの銀行では最短で即日にお金を借りることができます。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?)スピーディーな対応に魅力があるのです。必要に応じて最大1000万円という大きな金額も借り入れ可能な、トマト銀行のカードローンは、ぜひ頼りにしたい商品が揃っているといえます。

【参考ページはこちら】
様々な金融機関のカードローンから自分に合うものを選ぶためには

新着記事
カテゴリー
ページトップへ