> > > 個人業者カードローンって使っても大丈夫ですか?

個人業者カードローンって使っても大丈夫ですか?

個人業者なんですが、事業資金が足りなくて、融資を受けたいと思っています。ただ、カードローンって、個人業者が使って大丈夫ですか?カードローンだと、すぐに融資してもらえて、ネットでパパッとできそうだし、良さそうなんですけど、もしかして、借りられないってことあるのか気になっています。

事業性ローン可のカードローンもあるにはありますが…

個人業者の方がカードローンを利用するというだけで、事業性資金としての利用でなければ、カードローンは普通に使えます。中には、個人業者はダメというところもありますが、普通は貸してくれます。

ただ、事業性ローンとして利用する場合、貸してくれる金融会社は極端に減ります。多くの銀行、信用金庫はカードローンを事業性ローンとして利用することを禁止しています。銀行の事業者用ローンが利用できる可能性がありますが、これはカードローンではありませんね。

個人的には、個人業者でカードローンを利用するという選択は、急いでいるときや、他で審査に通らないときだけにしたほうが良いと思っています。事業性ローンは、公庫でも借りられる場合がありますし、銀行の事業者用ローンのほうが、消費者金融のカードローンよりも金利は低いですから。

どうしても利用したいのであれば、一部の消費者金融カードローンは、事業性資金での利用を禁止していません。試しに、「事業性ローン可、カードローン」と入れて検索してみてください。いくつか出てくるはずです。中でも、ランキングのような形や、そういうローンを集めました、という種類のサイトであれば、比較しながら申込むことができますから、お急ぎなら、お試しください。

ただ、くれぐれも知らない名前の業者には、ご注意ください。

個人業者カードローンを借りた理由について

個人業者カードローンが人気です。個人業者カードローンは個人事業主や自営業者が利用できるカードローンです。これまでのカードローンは月収制のサラリーマンのためのローンと考えられていました。そのため、個人事業主や自営業者は銀行の融資でしか資金を用意することができないことが多かったようです。

しかし、個人事業主でも利用できるカードローンが増えたこともあり、資金の準備方法が増えたと大変好評です。個人事業向けカードローンは個人の私的な利用にも事業用にも使うことがで切るのが最大の利点です。私的な利用については事業用と分ける場合が多いようです。事業用にカードローンが使えるメリットは計り知れません。銀行など金融機関による融資は一度に必要な金額をまとめて貸してくれますが、返済については分割、繰り上げ返済は一括のみです。

また、繰り上げ返済した後に再度借りられる保証はなく、融資ごとの審査となります。そのため、個人事業主向けの資金としては不安定なものとなり、予備の資金としても利用はしづらいものでした。カードローンはこの点も解消してくれます。カードローンは契約期間内であれば何度完済してもまた利用することが出来ます。

また、借入についても必要な時に必要な金額だけを借りられるので融資がのメリットである金利の安さについても完済をこまめにすることでカードローンが有利な場合も少なくないようです。なによりも契約期間内であれば借入限度額内で好きな金額を借りられるメリットは大変ありがたいと好評です。融資はまとまった資金が必要な際に利用すればよく、普段の予備の資金としてはカードローンが適しています。

また、融資とは違い、決算書等の提出も必要なく、借りる対象者の収入と借入状況だめで審査される点も好評です。個人事業主の場合事業の状態が刻々と変化するため年度によっては審査が不利になることもあるようです。個人事業主向けカードローンは予備資金として最適です。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ