> > > 栃銀カードローンと大手銀行ならどっちがお薦めですか?

栃銀カードローンと大手銀行ならどっちがお薦めですか?

栃銀のカードローンと大手銀行のカードローンはどっちがお薦めですか?お金を借りようと思っているんですが、銀行のローンで大手か地方かどっちが良いかよくわかりません。

銀行にもよりますし、重視するポイントでも違ってきます

あなたが何を重視するかによっても、異なってきますが、有店舗大手銀行と栃銀の金利を比較した場合、大手銀行が4.5~14.5%前後の金利とすると、栃銀は、4.0~14.8%と、少し幅広い印象の金利になっています。細かく見てみると、250万円(最大限度額の半分)で6.0%となっており、低く、このあたりから金額が上がっていくと金利が低いと感じるようになっていきますね。

逆に、少しだけ借りたい方の場合、大手銀行で借りたほうが金利が低めの場合が多そうです。特に70万までの限度額の場合、金利は14.8%となってしまう栃銀よりも、大手銀行のほうが低いところは多いですね。(こちらもご参考に→銀行系のカードローンにはどんな魅力がある?

審査について、栃銀のカードローンは、審査が早く、最短で当日中のご回答が可能です。状況によっては、2~3営業日かかってしまうこともありますが、銀行としては、割と早いほうですね。ただ、この点については大手銀行も最近、早くなってきている傾向があって、即日融資も可能なところがあるため、比較は難しいですね。

最高限度額については、栃銀は500万ですから、一般的なカードローンらしい金額ですね。ただ、大手銀行の中には、800万、1000万という最高限度額の商品もあります。こうした大金は、誰もが借りられるような金額ではないですし、審査に通る方も少ないと思いますが、あなたがもし、そういう大金を借りたいということであれば、大金を借りられる大手銀行でないと、2社以上利用することになってしまうでしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローン。三井住友などの都市銀系、栃銀などの地銀系など

転職を考えている人は、色々な準備と覚悟が必要です。職場のことだけではありません。家庭のことも同様です。もしあなたが、まだ若い安月給の会社員だったとして、しかも結婚もしていて子供もいるとなると、転職は容易ではありません。独身でもない以上、少なくとも、自分のやりたい仕事ではない、といったレベルで転職するのは、やめておいた方が良いでしょう。

子育ての最中は、実際、お金がかかるものです。転職して給与が倍増するなら良いでしょう。ヘッドハントなどは、現在の給与の倍を保証するのが普通です。しかし、通常は若い人にヘッドハントなどの声はかかりません。ヘッドハントと称する生命保険会社の社員勧誘ぐらいです。

それでももし転職がやむを得ないというのであれば、まず最初にやることは、カードローンの契約です。不思議に思われる人もいるでしょうが、現実として、転職して給与が安定するまでの間は、どうしてもいつもよりも出費が多くなってしまうのです。節約すれば良いと考える人もいるでしょうが、節約ではなんともならない出費があるのです。住民税や健康保険料、年金といった、いわゆる固定費の部分です。固定費は、節約することができません。しかも会社を辞めると、なぜか固定費は上がります。健康保険料を会社が半分払う。ということがなくなるからですね。そのため、出費が多くなるのです。

カードローンを契約しておけば、こうした一時的な出費には対応可能です。限度額の範囲内であれば、必要な時にすぐにお金を引き出すことができます。返済については、次の職場の給与から払っていけば良いのです。出費の中の変動費を節約すれば、返済は無理なく可能です。

カードローンには、様々あります。三井住友などの大手都市銀系アコムなどの消費者金融系、栃銀などの地銀系、そのほかにも信金系や、楽天銀行などのネット系など、実に多くの種類があります。金利や返済方法などをよく比較して、何が市場自分に合いそうかを検討し、退職前に契約を済ませておきましょう。
(⇒様々な金融機関から自分に合ったカードローンを選ぶ方法

新着記事
カテゴリー
ページトップへ