> > > 中央労金のカードローンのここがすごいと言う所ありますか

中央労金のカードローンのここがすごいと言う所ありますか

カードローンに申込みを考えていますが、どこが良いのか迷っています。中央労金のカードローンはどういう特徴があるのでしょうか。ここが特にすごいと言う所があれば教えて下さい。

労金カードローンの一番の特徴は低金利です!

カードローン会社には銀行の他、銀行系、消費者金融といろいろありますね。どこにしようかと迷ってしまいます。まずどの位の金額を借りたいのか、返済期間や返済額はどの位が良いのかを計画して、各ホームページで自分に一番合ったカードローン会社を選ぶのが良いと思います。そしてそこで一番確認して欲しいのが金利です。どの位の実質年利がかかるのかは重要な目安です。

中央労金のカードローンのもっとも大きな特徴はその金利設定の低さにあります。労金なので団体会員と団体会員以外の差はありますが、団体会員は3.875%~7.075%会員以外でも5.275%~8.475%の実質年利です。これは銀行のカードローンに比べても大変低い設定と言えます。団体会員は500万円まで融資可能ですが、会員以外は100万円までとなっています。

労金のカードローンはまたマイプラン金利引き下げ制度があり、取引内容によって最大で3.2%の金利引き下げの適応もあるのです。詳細はホームページで確認して下さい。申込み方法も簡単で、インターネットで仮審査申込み審査後連絡があり本申込みと言う手続きになります。届いたカードは全国の金融機関、コンビニのATMで使用でき、使用手数料は後日キャッシュバックされるというサービスもあります。低金利で安心安全な労金のカードローン、計画的に使用していざと言うときに備えて下さい。そしてゆとりの暮らしを楽しんで下さいね。
(⇒カードローンを選ぶ前には審査基準にも注目!

ひそかに人気の中央労金のカードローンとは?

労働金庫はもともと労働者のための金融機関ですので、実は非常に低金利で住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどを取り扱っています。その中でもカードローンは、消費者金融や銀行などに比べて破格の低金利ですので、ひそかに人気のカードローンとなっています。

労働金庫そのものは各地域によって多少金利や条件などが違いますので、自分の地域の労金、あるいは勤務先がどこの労金に所属しているかを調べてカードローンをチェックしてみることが必要です。中央労金の場合には関東1都7県(茨木、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)で展開している労金になります。

団体会員、組合員とその生計同一家族、一般勤労者の3つにわかれていて、それぞれ金利や借り入れ可能限度額がかわります。また、金利に関しては、給与口座指定、公共料金、財形などいくつかの項目で利用していれば最大3.2%も引き下げてもらえます。非常に有利ですし項目もたくさんありますので、利用する場合は事前にきちんと調べて自分に当てはまることがないかチェックします。また同時に手続きできる項目があれば、しておくほうが得です。

その最大優遇を加えると金利は、団体会員は3.875%から7.075%、組合員及びその家族の場合には4.275%から7.475%、一般の勤労者でも5.275%から8.475%という低金利になります。借り入れ最大限度額は団体会員は500万円ですが、そのほかは100万円までとなります。また返済は借入額によって決まっている定例返済金額になりますので、家計管理もしやすいです。

また労金の場合、全国の金融機関やコンビニのATMで引き出せますが、その手数料はキャッシュバックしてもらえます。ですので実質どこから引き出しても手数料0で利用できるのです。中央労金はかなり良心的なローン展開をしていますし、金利面も含めて借りやすいですので、サイトなどで調べて借り入れを検討してみるのもよいでしょう。

【参考ページはこちら】
農業を支援しているJAのカードローンに見られる特徴とは

新着記事
カテゴリー
ページトップへ