> > > さくらカードとカードローンの違いがあれば教えて下さい

さくらカードとカードローンの違いがあれば教えて下さい

さくらカードを持っています。キャッシング機能もついているのですが、カードローンとの違いって何なのでしょうか。

大きな違いはカードローンでショッピングは出来ない事です

さくらカードは三井住友銀行グループのクレジットカードです。(こちらもご参考にどうぞ→三井住友銀行カードローンに興味がある方にオススメ記事)JCBのショッピングクレジットカードですね。ご存知のようにさくらカードにもキャッシング機能が付いています。さくらカードの特徴はキャンペーンやポイントサービスが充実している事です。ショッピングの度にポイントが付き、プレゼントももらえると言う楽しさがあります。さらにキャッシング機能付きで小口の融資が受けられます。使い方はカードローンと変わらず、ATMでの出金が出来、返済も余裕のある時には月々の返済に加えて一括返済も可能です。カードローンとほとんど同じ条件で利用できるのは便利ですね。

ではさくらカードとカードローンの違いはどこにあるのかと言う事ですよね。一番の違いはカードローンは小口融資専用のカードと言う事です。さくらカードは銀行系であってもクレジットカードで全世界に加盟店を持つJCBブランドのカードです。どこでもショッピングが楽しくでき、ポイントも貯まり1枚あると本当に便利なカードです。ただ、キャッシングの金利については15%~18%と利息制限法に基づいてはいますが多少高めの金利となっています。銀行のカードローンならかなり低めの設定になっていますからそこはどうしても違いが出てしまいますね。

さくらカードのキャッシングはどこでも簡単に出金でき、多少高めの金利と言っても利息制限以内、いざと言う時には充分に強い味方のカードには違いありません。ショッピングとキャッシングを上手く使ってゆとりあるカード生活を充分楽しめるカードと言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
信販系と銀行系、カードローンの違いは何?

さくらカードのカードローンはその親しみやすさから人気

現在は便利な世の中になりました。急な入用や給料日前などのお金が足らない時、カードローンやキャッシングなどを利用すれば、手軽にお金を借りることができためです。大きな買い物をした際の支払いなどに利用するため、銀行系のカードローンを作りたいとお考えの方は多いでしょう。

銀行系なのでいわゆる消費者金融に適用される総量規制対象外であるため、場合によっては年収の3分の1以上の融資を受けることが可能だからです。しかし、銀行系は消費者金融よりも審査が厳しく、しかも融資までに時間がかかるというデメリットもあります。それでも、審査に通れば多額の融資を受けることも可能なので、これから銀行系のカードローンを作りたいとお考えの方も多いでしょう。そんな方さくらカードをおすすめします。

日本の国花であるさくらを名称の一部に利用していることから非常に親しみやすいカードです。さくらカードは実は三井住友銀行グループが運営しているJCBカード・ローン専用カードです。

さくらカードは非常に親しみやすいため、カードローンをはじめて利用される方におすすめです。親しみやすさに加え、最大300万円という高額の融資額が魅力です。金利も8から17.8%、しかも全国15万台以上のCD、ATMで利用が可能と、初心者でも嬉しい設定となっています。

申し込むにはまずインターネットのホームページからのオンライン入会をします。すると後日書類が郵送されてきて、手続きをすることとなっています。(こちらもご参考に→ネットから申込みやすいカードローンと言えばどれ?)銀行系なので高額の融資が可能ですが、反面融資までの時間がかかるというデメリットは否めません。また、キャッシング・リボ払いのみの支払いとなっているというのもデメリットと言えるでしょう。

ただ、これら多数のメリットがあるJCBfirstloan自体の申し込みは現在中止されているので、JCBfirstloanのカードローンのみでの申し込みができないのが残念なところです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ