> > > 新生銀行系のカードローンは、どの消費者金融なのですか

新生銀行系のカードローンは、どの消費者金融なのですか

諸事情により、融資を受けようと思っています。ちょうど新生銀行の口座を所持していますので、新生銀行から融資を受けたいのですが、新生銀行系のカードローンは、どの消費者金融なのですか?また、銀行ローンとよばれるものと消費者金融では、何がどう違うのでしょうか?

新生銀行のレイクは、消費者金融ではなく銀行ローンです

CMなどでよく目にするレイクは、2011年10月に営業資産を親会社の新生銀行へ譲渡したことによって、新生銀行傘下になりました。消費者金融時代の印象が強い為、まだまだ勘違いされている方も多いのですが、今のレイクは消費者金融ではなく、れっきとした銀行ローンというわけですね。(こちらもご参考に→レイクは新生銀行のカードローンってホント?

また、消費者金融と銀行ローンの違いを聞いて真っ先に挙がるのは、総量規制の対象か、そうでないかという点です。総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁じる決まりで、対象は消費者金融のみ。よって、個人事業主の方が多額の融資を受けたい場合や、借り換え(債務の一本化)をしたい場合は、消費者金融よりも、レイクをはじめとした銀行ローンの方がベターです。

個人事業主の方でなくても、止むに止まれぬ事情があり、年収の1/3以上の融資を受けたいのならば、銀行ローンしか選択肢は御座いません。審査は一般的な消費者金融よりも多少厳しいというのが通説ですが、他社からの借り入れが無く、真摯な態度で臨みさえすれば、決して理不尽なものではないでしょう。

【参考ページ】
カードローンの審査基準についてもっと知りたい方はこちらもオススメ

レイクは新生銀行系カードローンに生まれ変わり、どう変わったのか

レイクは消費者金融としてその長い歴史を歩んできましたが、新生銀行系カードローンレイクとして生まれ変わりました。今までは消費者金融でしたが、銀行系カードローンとなりましたので、総量規制の対象外となり年収の3分の1ルールは適用されません。銀行系カードローンといえば、やはり審査に時間がかかってしまうというイメージもありますが、レイクの場合は消費者金融として長く営業してきたノウハウがありますので、サービス面でも大変充実しているのが大きな特徴です。

申し込みはインターネットで24時間365日受け付けていますし、審査も大変スピーディで数十分から数時間程度で完了します。営業時間内であれば即日振込サービスを利用すればその日のうちに指定の金融機関の口座に現金を振り込んでもらえます。営業時間外であっても翌日の朝一番には振込が完了していますので、急ぎでお金を借りたいという方にもとても適しています。

また、金利サービスでも銀行系カードローンでは珍しく無利息サービスを採用しています。始めて新生銀行系カードローンレイクを利用する人であれば、借入金額のうちの5万円分を180日間無利息で借りるか、もしくは借入金額全額を30日間無利息で借りるか選べますので、とてもお得に借りることができるのです。新生銀行の提携ATMを利用することも可能であり、さらに利用手数料なども無料なので、大変便利でもあります。

このように、レイクなら申込も24時間OK、さらに借入、返済においても利用手数料が無料でATMを利用出来る上に、金利サービスもとても充実しているので初めてお金を借りる方にもとてもオススメです。ただし、必ず返済シュミレーションなどは行うようにしましょう。レイクのホームページ上にもこのようなツールは充実していますから、是非利用してください。レイクを賢く利用することで、お得にお金を借りることでお金のピンチを上手に乗り切りましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ