> > > 新生銀行カードローンではおまとめローンも出来ますか

新生銀行カードローンではおまとめローンも出来ますか

新生銀行カードローンは他社での複数借入を一本化するおまとめローンが出来ますか。出来るのなら借り換えしたいと思っています。金利面は高めですか低めですか。

新生銀行レイクは総量規制対象外で借り換えおまとめ可能です

新生銀行の傘下に入り銀行のカードローンとなったレイクは総量規制対象外です。他社での借入を一本化しまとめる事が可能です。複数の借入を一本化する事で月々の返済額を軽減し、利息もより抑えられる事が多いのです。レイクは消費者金融会社と言うイメージが強いのですが、新生銀行カードローンとして年収の3分の1以上であっても借入する事が可能になりました。
(⇒新生銀行系のカードローンはどの消費者金融?

他社で合計200万円の借入があった場合、新生銀行カードローンで200万円借入したとすると月々42000円位の返済額で約6年間の返済期間となります。他社での月々の返済合計と利息の返済シミュレーションでどちらが得になるかを試した上で借り換えられると良いでしょう。新生銀行レイクの金利は4.5%~18.0%なので銀行のカードローンの中では若干高めの金利設定になっているようです。

高めの金利設定ですが、30日間無利息キャンペーンや5万円分が180日間無利息になるキャンペーンなどもあり返済シミュレーションでどれだけ得になるかを確認出来るので試してみて下さい。レイクの返済方法は月々の返済以外にも余裕のある月には追加で返済する事も出来、一括返済ももちろん可能です。複数社で借入があるとなかなか借入残高を把握しにくくなってしまうものです。一社にまとめて、計画的に返済し、出来るだけ早く完済するようにして下さいね。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

新生銀行カードローンのレイクはおまとめローンとしても利用可能

新生銀行にはレイクと呼ばれる新生銀行カードローンが有ります。因みに、レイクと言うのは消費者金融会社の社名でもあり、従来存在していた消費者金融の商号をブランド名にしていると言う特徴が有ります。現在では新生銀行に譲渡が行われており、消費者金融会社のレイクは新生フィナンシャル株式会社と言う社名に変更されています。また、新生フィナンシャル株式会社は新生銀行の傘下にある個人向けローン事業を展開している企業になっているのです。
(⇒新生銀行のカードローンに見られるメリット・デメリット

更に、2011年10月にはレイクの事業の一部を新生銀行の譲渡しており、従来から取引をしている顧客に対しては、新生銀行のレイクのATM、パソコン、携帯電話、コンビニエンスストアーや金融機関などに設置されている、提携ATMやキャッシュディスペンサを利用しての借入れ、返済が可能になっているのです。

新生銀行カードローンのレイクでは、初めて契約をする場合には無利息期間を設けているカードローンを利用する事が可能になっています。無利息期間のサービスは2種類あり、一つは5万円までを180日間無利息にするプラン、もう一つは借入金額に関係なく30日間無利息になるプランの2つが用意されており、何れか1つを選択する事が可能になっているのです。また、180日間無利息が利用できるローン契約額は1万円から最大200万円、30日間無利息になるローン契約額は1万円から500万円までになっています。

更に、満20歳以上70歳以下の人で、本人に安定した収入が有れば誰もが申込みを可能にしており、パート、アルバイト、学生などでも利用可能になっています。また、利用使途は事業性資金としての利用は出来ませんが原則自由となっていますので、おまとめローンとしての利用も可能なのです。

尚、おまとめローンと言うのは、複数の金融機関からの借入を1本化させる目的のローンで、新生銀行カードローンを使っておまとめをすることで返済カ所を1カ所にすることが出来るメリットや、金利が安いローンを利用する事で返済額を減らせると言ったメリットが有るのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ