> > > 種類が多い日本海信用金庫のカードローン、違いって何?

種類が多い日本海信用金庫のカードローン、違いって何?

大手のカードローンを利用することも考えたのですが、地元から遠くに出る予定も今のところないので昔から知っているところのカードローンを利用するほうがいいかな?と思い、日本海信用金庫のカードローンを利用することを考えています。

しかしなんだか種類がとっても多くて…。大抵大手であれば1種類、多くても2種類程度なのに予想より多くて、自分にはどのカードローンがいいのかわからず申し込めないままです。一応口座は持っている状態で、年収もある程度あるので申し込めないということはなさそうですが…。30万円くらい利用できたらいいな、と思っていますので自分にあったカードローンがどれかアドバイスをいただけませんか。全部を見るのはちょっとしんどくて…。

質問者様の場合なら4種類からセレクトするのがよさそうです

見たところ、日本海信用金庫は6種類のカードローン商品を展開しているようですね。確かに種類が多く、自分にとってはどれが合っているのかわからず困ってしまう…ということは容易に想像出来ました。質問者様の場合、この6種類のカードローンの中から4種類利用することが出来ると思いますので、その中から自分にピッタリのものを選んでいただくのがいいように思えます。
(⇒自分に合ったカードローンってどうやって選べばいいの?

除外する2つのカードローンは「給振カードローン」及び「デュエット契約者専用 当座貸越 アシスト」の2つです。なぜこの2つが除外なのかといいますと、まず前者の「給振カードローン」は借り入れの条件として「日本海信用金庫に毎月5万円以上の給与振込みがある場合」となっています。質問者様は給与振込みに日本海信用金庫を利用していないように見受けられますので、こちらは条件に合わないのではないかと思ったからです。

そして後者の「デュエット契約者専用…」ですが、こちらはVISA一体型のカードである「デュエット」を契約した方のみを対象にしています。わざわざカードローンのためにカードを改めて作成するのも手間ですし、30万円借り入れたいという希望を叶えるにはこちらも給与振込が条件になりますので手間などを考えると除外したほうが早いという結論です。

ですので、残りの「カードローン」、「ゆうゆうカードローン」、「小口カードローン ときめき30」、「きゃっする」の中のいずれか、自分に合ったものをセレクトしていただくのがいいという判断になります。いずれも30万円であればコースが用意されていますので好きなものを選んでいただくことが出来ます。

ただ、金利の面から見ると「カードローン」が年13.00%なのに比べ、「ゆうゆうカードローン」および「ときめき30」は年14.60%と少し差があります。「きゃっする」も14.50%ですが他のカードローンに比べ審査の時間が早い、コンビニATMなどでも利用可能という「使いやすさ」という点を考えると一番かもしれないのがこちらのカードローンです。

個人的には「カードローン」もしくは「きゃっする」のどちらかをセレクトするのがいいように思えます。この2つの商品概要などを一度ご自身でしっかりとお読みになって、どちらがいいか決められるのがいいと思いますよ。

【参考ページ】
信用金庫のカードローン審査基準を知りたい方はこちらへ

日本海信用金庫のカードローンの申し込み条件

日本海信用金庫は島根県の浜田市に本店を置く信用金庫であり、1923年に設立されています。日本海信用金庫のカードローンはきゃっするという商品名であり、事業性資金以外であれば自由に利用できる内容です。申し込み条件は、日本海信用金庫の営業地区に住所又は勤務先のある人としています。

この条件を満たした上で、審査申し込み時の年齢が満20歳以上で65歳以下の安定した収入がある人が対象です。安定した収入がある人の中には、アルバイト、パートタイム、専業主婦も含まれています。(こちらもご参考に→専業主婦でもカードローンを利用できるの?)申し込み時に必要となるのは、運転免許証やパスポート、健康保険証等の身分証明書だけですが、希望額が200万円を超える場合には源泉徴収票や給与明細書等の収入証明書類の写しも必要となります。担保や連帯保証人は、準備する必要はありません。

きゃっするの申し込みは、インターネット、フリーダイヤル、FAX、店舗窓口という方法が用意されています。平日の午後3時までの申し込みの場合は即日で結果が判明するというスピード審査が行われており、今日中にお金が必要という差し迫った場合にも対応できる内容となっています。

10万円からの申し込みが可能で、最高で300万円まで利用する事が出来ます。無担保という事で利用開始時は少額からのスタートとなりますが、使用した金額に利息を加えて返済するというルールを守っての利用を積み重ねていく事で信頼が高まり増額させる事が可能となります。

きゃっするの審査は、信用情報機関への照会が中心です。とくに重要視されるのが、他の金融業者からの借入です。他の業者からの借入が多くなるほど審査に通る可能性は低くなっていきます。きゃっするの返済を行う余裕も少なくなると判断されるからです。このために日本海信用金庫のカードローンを利用するためには、他の金融業者からの借入が少ない段階で申し込むのが有効な方法となります。経済的に余裕がある状況と判定されるからです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ