> > > 碧海信用金庫のカードローンとはどんなものですか?

碧海信用金庫のカードローンとはどんなものですか?

碧海信用金庫のカードローンについて教えてください。わたしは愛知県安城市在住です。将来に備えるためにカードを持とうと思い、いろいろさがしていたのですが、碧海信用金庫にもカードローンがあることがわかりました。カードローンというのは消費者金融や都銀なんかがやっているものだと勝手に思い込んでいたのですが、これは大間違いでした。どこの銀行でもカードローンは当たり前のようにあるのですね。

地元の銀行でもあることですし、できれば碧海信用金庫のカードローンを利用したいと思っています。でも、もしサービスや金利が他よりも極端に悪い条件であれば、他の大手消費者金融のカードローンにしようかとも思っています。

碧海信用金庫のホームページをみて自分なりに検討してはみたのですが、カードローンの経験がないこともあり、結局よくわかりません。カードローンに詳しい方、もしよろしければ、他の金融機関にくらべて、極端に不利なことがあるかないかだけでもお教えいただけないでしょうか。

碧海信用金庫のカードローンは特別に不利なことはありません

碧海信用金庫のカードローンの種類は実に豊富です。借りる人の立場や状況をいろいろと想定して、これだけのラインアップを用意しているのだと思います。碧海信用金庫の営業努力のあらわれでしょう。でも、たしかに、初めてカードローンを始める方にとってみれば、わかりづらくなっているのかもしれませんね。

カードローンの種類も多く、その一つ一つで更に契約限度額などの条件が分かれているので、一概にはいえないのですが、思い切って少々乱暴な総論をすれば、碧海信用金庫のカードローンは他の金融機関とくらべて特別に不利なことはない、といえます。金利についていえば、他よりも若干低めのプランもけっこうあります。地元の碧海信用金庫のカードローンを利用されるのは良いことではないでしょうか。

実際にどのプランを選ぶかを決めるときには、ご自身の状況や、申込む契約限度額などの条件を、それぞれのプランに当てはめて、その上で最も金利の低い有利なプランをさがすのが良いでしょう。もし、碧海信用金庫指定の各種ローンをすでに利用していたり、給与振込先が碧海信用金庫だったりする場合は、非常に有利なカードローンが利用できます。
(⇒自分に合ったカードローン会社を探すポイントってどこ?

このカードローンは魅力的です。契約限度額は、100万円までですが、金利は、大手消費者金融の下限金利並み、もしくはそれ以下です。もし、碧海信用金庫の住宅ローンを組んでいるかたであれば、契約限度額は更に300万円まで広げられます。碧海信用金庫のお得意様向け特別カードローンといったところです。碧海信用金庫のお得意様であれば、このカードローンはおすすめです。うらやましいくらいです。

ただ、この場合の金利は変動金利となっているので、少し注意しておく必要があります。ざっくりといえば、変動金利は、日本銀行の政策によって変わります。日銀が金融緩和しているときは低いですが、金融引き締めということになれば、変動金利は上がってきます。それほど急激に上がるということはないにせよ、気をつけておきたいポイントではあります。

碧海信用金庫の他のカードローンについては、すべて固定金利になっていますので、この心配は不要です。固定金利の値は契約後に変わることはありません。ただし、固定金利にしても、市場動向をみて碧海信用金庫が決めることになっていますので、これから契約する場合の固定金利というのは変わるものです。

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローン審査基準ってどうなってるの?

シンプルな仕組みの碧海信用金庫のカードローンとは

碧海信用金庫は愛知県安城市に本拠を置く信用金庫で、周辺の刈谷市などでは自動車関連産業が盛んであることから、資金量1兆円以上と地元では強固なプレゼンスを持っています。この碧海信用金庫のカードローンにはいくつかのメニューが用意されていますが、そのなかでも「スーパー・サブ」という名称があるカードローンは、シンプルで使いやすい仕組みが魅力の金融商品となっています。

「スーパー・サブ」は、信用金庫の営業地区内に居住または勤務していて、借り入れ時の年齢が満20歳以上65歳未満、継続的に安定した収入のある人であれば、だれでも借り入れの申し込みをすることができます。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業は決まってるの?)保証代行会社が保証するため、借り入れにあたっての保証人や担保の差し入れも必要ありません。借り入れの目的は原則として自由であり、あらゆる用途で利用することができますが、事業用資金の借り入れや別の債務返済のための借り入れのみは認められていません。

このカードローンの特徴として、借入金額が30万円、50万円の2種類しかないという、きわめてシンプルな仕組みになっているということが挙げられます。利用限度額の範囲であれば何度でも利用でき、利用期間も3年と長く、3年ごとに審査の上で自動更新となります。融資利率は固定金利の年14.5%で、月々の返済については、30万円コースが毎月6,000円ずつ、50万円コースが毎月10,000円ずつの定額返済となっていますので、シンプルな分だけ他の金融機関のものよりも返済計画に余裕をもった借り入れができます。

一般にカードローンとは金融機関が発行した専用のカードによってATMなどから借り入れができるようにしたものですが、この碧海信用金庫では、ATMの時間外・休日手数料を平成25年10月から無料とする取扱いを開始するなど、ATMの運用には力を入れています。この取扱いは、所定のキャッシュカードおよびローンカードを信用金庫のATMで使用した場合について適用されますが、あわせて土・日・休日は19時までのATMの時間延長も行っており、利用するにはたいへん便利なものとなっています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ