> > > 銀行系カードローン地獄もあるって聞いたのですが本当ですか?

銀行系カードローン地獄もあるって聞いたのですが本当ですか?

カードローンを考えています。今すぐ必要というわけではないですが、よくコマーシャルなどで見て思いつきました。蓄えがあるわけではないので、確かにいざという時助かると思います。

ただ、やはり消費者金融からお金を借りるのは不安なので銀行系ならば大丈夫かと思っています。しかし、ローンをするという行為自体に不安が多少なりともあります。銀行系でもやはり借金地獄になるような事はあるのでしょうか。

使い方によっては銀行系でもカードローン地獄に陥ります

蓄えがある程度ある人ならば、急な出費が発生しても困ることはないでしょうが、蓄えがさほどない人からすれば、まとまったお金が急に必要になった時、どうしたらいいのか困ることはあります。そんな時は、お金を銀行や消費者金融会社から借りるのは一つの手です。人によっては身内から借りるのも躊躇う人もいますので、そういう人こそ助かることでしょう。

しかし、借りる先が銀行だろうが消費者金融だろうが、借金と言う事になります。借りる先が変わろうと同じです。金利や借り入れ額、返済方法などの違いからその人その人で負担は違えども、自分のお金ではないのです。借りているのです。当たり前の事ですが、それを忘れてしまう人が中にはいます。

人によってはお金を借りているという事実を忘れて、借りているうちに感覚がマヒしてしまうのでしょう。自分のお金と勘違いしたまま限度額いっぱいに借りたり、他社から新たに借り入れをしてしまうなど。審査に通らなければ借り入れ額が増えることはないかもしれませんが、場合によっては審査が通って複数の銀行や消費者金融から借り入れをするようになる可能性もあります。

大抵のカードローンは返済がリボ払いになっているので、お金を借りている事実をあまり気にしないことが多いかもしれません。気づけば、限度額いっぱいまで借りているのに後で気づくかもしれません。それでも返済出来る場合はまだいいでしょう。複数社から借り入れしている場合など、返済できなくなってしまってから気づくこともあるかもしれません。いつの間にか返済のために別のカードローンからお金を借りている、となっている時にはすでに手遅れになっていると思っていいでしょう。

そうなると、もはやカードローン地獄と言っていいでしょう。負のスパイラルに陥ってどうしようもなって初めて気づく人は多いかもしれません。

ではカードローン地獄に陥ったらどうするのか。まずは、複数社から借り入れがある場合は一旦整理することをおススメします。自分でどこにどれだけ借り入れしているのを把握するのは必要です。わかったらおまとめローンなどを使って一つにまとめましょう。そうすると金利などを考えても負担はかなり少なくなるはずです。おまとめローンは消費者金融会社でも銀行であります。

ただ、おまとめローンはやはり金額が大きくなることから審査がその分厳しくなります。これも当然、返済が見込まれないような方は審査に通り難くなります。できれば手の打ちようがなくなるような状態になる前に対策した方がいいでしょう。あまりにもあちこちからの借り入れが多く金額も大きいようでしたら、おまとめローンも使えなくなります。

そうなると最後の手段に債務整理と言う形になっていきます。が、これはもはや自分一人ではどうにもならないので、司法書士や弁護士に相談と言う形になっていきます。そこまで行くとかなり大変な事だというのはわかると思います。

できれば、借金地獄に陥る前に、自分で考えて地獄に落ちないように考えて借り入れするようにしましょう。

【参考ページはこちら】
ブラックでもOKなカードローンってあるの?

銀行系カードローン地獄に陥らないようにするために守るべきこと

銀行系カードローン地獄に陥って、返済ばかりしている人は多くいるようです。カードローン地獄と言えば、かつては消費者金融から借り入れをしたことが原因となる場合が多かったのですが、現在では銀行系カードローンでも同じように返済に追われる毎日を過ごしている人もいます。逆に、消費者金融系カードローンでは、返済に追われてしまうことは少なくなっているようです。

なぜこのような事になったのかと言えば、法律による規制が変わったからです。消費者金融などの貸金業者から借り入れをした場合には総量規制が適用されますから、借入金額には制限があります。この制限があるために、借りすぎてしまう事を防ぐことができるようになったのです。ですから、規制自体は成功したものだと言っても良いでしょう。

しかしながら、総量規制は貸金業者に対するものでしかなく、銀行には適用されません。ですから、銀行系カードローンで借り入れをした場合には、法律による制限がなく、借り入れをしすぎてしまうこともあるのです。これが銀行系カードローン地獄に陥りやすい原因の一つだと言えるでしょう。

ただ、銀行系カードローンは金利が低いという傾向がありますから、普通に借り入れをして普通に返済をしていれば、返済できなくなってしまう可能性は低いです。銀行側も返済されなくなると困りますから、審査を行って返済できると判断できるくらいの金額しか貸し付けを行ってくれません。それを考えれば、借りすぎてしまう可能性は低いと考えられます。

それにもかかわらず銀行系カードローン地獄に陥ってしまうのは遅延金利が適用されるからです。返済が遅れると、通常の金利よりも高い遅延金利が適用され、それによって利息が高くなります。借入金額が大きければ利息も大きくなりますから、たくさん借りている状態で返済が遅れると、銀行系カードローン地獄に陥ってしまう可能性が高くなります。そうならないように、返済はきちんと行いましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ