> > > カードローン契約だと銀行系は厳しいと聞いています

カードローン契約だと銀行系は厳しいと聞いています

銀行系のカードローンを希望しているのですが、カードローンで銀行系は厳しいというのはどこまでが本当なのでしょうか?

正確には複数の契約があると厳しいだけです

このような噂や口コミについては多く存在しますが、正確には「複数のカードローン契約がある」場合に厳しいだけです。つまり、新しく○○銀行でカードローン契約をされるのであれば厳しくはありません。また、銀行系では審査が厳しいとされていますが、次のようなシステムになっているので厳しかったりもします。

まず、銀行のカードローンについては「複数の金融商品」を取り揃えています。つまり、それらについても利用できるかどうかが判定されているのです。サラリーマン金融では、特殊なプランを除くとカードローンの審査しかありません。金額にして1~50万円で利用できるローンばかりとなっていますので、年収200万円からで借りられるカードローンが多いというわけです。

しかし、銀行では100~1,000万円までのカードローンが用意されています。○○カードローンのように、1つずつで名称も仕組みも違っているのですが、銀行でカードローン審査をするというのは、それらのプランを全て利用できる状態で審査をしているのと変わりません。つまり、1,000万円ほどのローン利用ができる状態で審査通過するケースもあるので、年齢によっては厳しいカードローンもあったりするのです。銀行は特に年齢には厳しいところがありますので、勤務年数が短い人や担保を用意できないケースでは審査通過が無理なケースが多いです。

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローン審査基準ってどうなってるの?

低金利が魅力のカードローン銀行系は厳しい審査がある

カードローンには消費者金融系や銀行系、信販系などがありますが、それぞれに特徴があります。

銀行系は金利が低いことが最大のメリットですが、これに伴ってカードローン銀行系は厳しい審査を設けています。もちろん借入額が少なく、仕事も公務員や大手企業に就職をしていたり、また他社からの借り入れもない場合などは、全く問題はありません。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンを利用しやすい職業って決まっているの?

問題となるのが、当然のことながら無職であったり、主婦や学生、またフリーアルバイターなども審査に落ちることが多くあります。またそのほかには過去に借り入れを行っていたが、返済期間内に返しておらず、滞納したことがある方や、複数の企業から借り入れている方などが審査に通りにくくなります。

特にカードローン銀行系では、収入額の多さよりも長期間にわたり安定した収入があることの方が高評価となります。ですので自営業で高収入の方が審査に通ったとしても、収入の低い公務員の方の方が借り入れ金額が多く設定されたりしてしまいます。

銀行系は無担保で借りられる代わりに、住居形態や保証人の勤め先などが審査の基準に加えられてきます。住居形態は持家が評価が高く、その中でもローンを完済していれば一番良いです。

これは他に借り入れがないということだけでなく、過去にしっかりと返済をしているので、返済能力が高いと判断ができるからです。もちろんローン返済中でも借り入れることはできますし、マンションやアパートであっても必ず審査に落ちるというわけではありません。

審査に落ちやすくなる場合は住居を転々としている方です。あまり住まいが変わってしまうと業者が手間が掛かってしまいますし、夜逃げなどの危険もあるとされていまいます。

もちろん審査が厳しい代わりに、金利が安く大抵の銀行系では借入額の5%~15%に設定されていることが多いですが、消費者金融系は8%~18%に設定されていることが多いです。ですので場合によっては10%以上もの差が生まれることもあります。

もちろん、どちらで借り入れる場合でも、計画的に借り入れるようにしてください。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ