> > > 銀行系カードローンの審査は厳しいのでしょうか?

銀行系カードローンの審査は厳しいのでしょうか?

来月から長期でアメリカ横断の旅に出ようと思います。いろいろお金がかかりそうなのでカードローンで借りようかなと思っていますが銀行系のカードローンの審査ってどんなかんじですか?今考えているのは大手銀行のカードローンです。あまりにも厳しいようなら消費者金融にしようかなと思うのですがどうですか?

以前ほどは厳しくないと思いますよ

銀行系のカードローンは厳しくて高収入でないと通らないと考えている人が今でも多いようですがそんなことはありません。ただし、プレミアムとか、ゴールドとかいう名前のカードローンは一定の収入以上の人を対象にしているので審査は厳しいですが、アルバイトやパートでも借入できますと宣伝しているカードローンなら大丈夫だと思います。近年銀行はカードローン業務のほとんどを保証会社に委託しています。その保証会社というのがアコムやプロミスなどの大手消費者金融です。消費者金融のカードローンのノウハウを銀行は受け継いでいるわけですから審査はそこまで厳しくはないはずです。ただし、審査内容によっては厳しくなる場合もあります。

まずカードローンの審査ですが基本的に年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴を調べます。年収や勤務先は在籍確認を行ってチェックします。審査の中でも最も重視されるのが過去の返済やその他のローンについてです。どちらも個人の信用情報として記録されているので隠すことはできません。この二つの審査に問題があると借入は難しくなると考えてください。

できるだけ審査の緩い銀行系カードローンをお探しでしたらネット銀行がおすすめです。ネット銀行を利用したことのない人はまだまだ多いと思いますが、実店舗を持たないネット銀行は近年増えています。楽天銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBI銀行などがネット銀行です。ネット銀行は都市銀行に比べるとまだまだ利用者が少ないためお客を増やすことに一生懸命です。審査のハードルを下げることでより多くの集客を図っているといえます。

とくに最近注目されているのが楽天銀行です。楽天と言えば楽天イーグルズや楽天市場が有名ですが、楽天銀行のカードローンも審査が緩いことで一部の人の間では有名です。楽天カードローンの金利は14.6%。比較的金利は低めで審査が緩いとなれば人気があるのもうなづけます。楽天銀行の他にも審査の緩いカードローンはあると思うので口コミなどをチェックしてみてください。
(⇒楽天銀行カードローンを利用したい方はこちらもオススメ

銀行系カードローンの審査は二段階で行われます

銀行系カードローンの審査は厳しいと言われることが多いのですが、その理由は審査が二段階で行われるからです。かつては、銀行からお金を借りるためには非常に厳しい審査を受けなければならなかったのですが、現在のところはそうでもありません。消費者金融とあまり違わない場合もあります。
(⇒自分に合ったカードローンってどうすれば見つかる?

なぜかと言いますと、これは保証会社を利用しているからです。銀行は、ここ最近になってから新たにカードローン事業に参入してきましたから、まだ独自でサービスを提供することはできません。そのために保証会社を利用していることが多いのです。保証会社とは、借り入れをした人が返済できなくなった場合に、代わりに銀行に返済をする会社のことを指します。

保証会社は借りた人に代わって返済をするわけですから、借りた人が返済できなければ大きな損失を発生させてしまいます。それを防ぐために、返済能力があるのかどうかを保証会社は判断しなければなりません。ですから、銀行系カードローンに申し込みをすれば、銀行側が独自に行う審査を受けるとともに、保証会社が行う審査を受けなければならないのです。

銀行系カードローンの審査が厳しいと言われる理由は、このように二段階の審査を受けなければならないからです。しかし、実際には銀行側が独自に行う審査はあまり厳しいものではありません。銀行側は申し込みの条件を定めて公開していますが、これに一致しているのかどうかを確認するために審査が行われます。ですから、申し込みの条件に一致していればたいていはこの審査には通ります。

銀行系カードローンの審査の本質的な部分は保証会社が行う審査なのですが、保証会社となっているのは消費者金融や信販会社です。ですから、実質的には消費者金融や信販会社が提供しているカードローンの審査と同じです。ですから、銀行系カードローンの審査は、大手の消費者金融や信販会社と同じような審査の内容であると考えておいて問題はないのです。

【参考ページ】
確実に融資してもらえるカードローンを探している方はこちらへ

新着記事
カテゴリー
ページトップへ