> > > 信用金庫のカードローンの審査って厳しいんですか?

信用金庫のカードローンの審査って厳しいんですか?

カードローンを利用したいと思いいろいろ調べています。カードローンには消費者金融、銀行、カード会社などがありますか信用金庫でもカードローンってありますよね。信用金庫のカードローンってどうなんでしょうか。なんだか審査が厳しそうというイメージがあるのですが、、、

そうですね、わりと厳しいと思います

そもそも信用金庫というものがなにかご存知ですか。信用金庫とは信用金庫法に基づいて経営している金融機関のことです。設立された目的は地域の中小企業と個人へお金を還元し、地域を活性化するためです。通常、信用金庫は営業エリアというものが決められていて、営業エリア内に勤務、もしくは居住していないと利用できない場合が多いと思います。信用金庫のカードローンといってもそれぞれ特徴がありますので、審査の厳しさというのも各信用金庫によると思います。(こちらもご参考にどうぞ→信用金庫のカードローン審査基準について教えて!

たとえば東京信用金庫のカードローンを見てみましょう。信用金庫のカードローンの申込資格ですが前述のとおり営業エリアに居住、勤務している必要があります。また一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けられる方に限ります。借入金の使い道は基本的には自由ですが事業資金や借金の返済には利用することができません。気になる金利ですが年間11.5%と低金利で、しかもこの中に保証料も含まれます。

利用金額は10万円コース、30万円コース、50万円コース、100万円コースの4種類があります。毎月の返済日は10日で、借入残高に応じて返済額が決まる仕組みです。たとえば10万円コースを利用している場合は5千円、30万円コースを利用している場合は1万円となります。返済は口座引き落としとなります。また臨時返済も受け付けています。

借入に際して必要なのが信用金庫の口座の通帳と届け印、そして運転免許証です。信用金庫のカードローンを利用するためには信用金庫に口座を持っていることが前提となります。100万円コースの場合のみ収入を証明する書類が必要になります。別に契約時の印紙代が必要になります。借入と返済は信用金庫のATMまたは提携ATMを利用することができますので便利です。

信用金庫の審査ですが基本的には年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴など銀行とそれほど違いはありません。会社員で勤続年数が1年以上、過去の借入に問題がなく、現在その他に借金がなければ審査に通るのはそれほど難しくないと思います。まずはホームページから行うことのできる仮審査を受けてみましょう。審査に通るかどうかは個人差が大きいのでなんとも言えません。
(⇒カードローンの仮審査に関するオススメ記事はこちら

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすいと言われている職業ってある?

信用金庫のカードローン審査に必要なものは

初めてのカードローンをどこから借りようかと悩んでいる方があれば、信用金庫に申し込むことをおすすめします。信用金庫は地域密着企業として、昔からあるところなので信用できますから、長期で利用したいときには頼りになります。カードローンに申し込むと審査が行われますが、20歳以上~65歳前後の方であれば、どなたでも利用することが出来ます。

ただし仕事をしていて、安定した収入がなければならないので、正社員でなくても良いですから、仕事に就いた後で申し込んでください。パートやアルバイト、自営業でもOKですし、収入証明書も求められないことが多いため、誰でも気軽に利用することが出来ます。

申し込みは窓口や電話、インターネットなどから出来ますが、WEBからの申し込みなら、24時間365日いつでも繋がるので便利です。早朝でも深夜でも、メンテナンスをしていない限りは、必ず繋がるので、時間を選ばずに申し込むことが出来ます。

カードローンの賢い利用法は、必要な分の少しだけ借りて、次の給料が出たらすぐ返し、それでまたお金が必要になったら申し込むという事です。その方が一度にたくさん借りるよりは、返済しやすいので、覚えておくようにしたいですね。

信用金庫は消費者金融に比べると低金利で借りられるところが多いので、長期で借りても、それほどたくさんの利息に苦しめられることはありません。カードローンの審査には本人確認書類が必要となりますが、これは運転免許証や保険証のコピーになるので、用意しておくようにしましょう。この書類がなければ、信用金庫は審査を行うことが出来ないので、準備しておいてください。

他社にたくさん借り入れがあったり、返済が滞っている会社でもない限りは、ほとんどの方が審査に合格することが出来ます。信用金庫は消費者金融よりは審査が厳しくなっていますが、それは信頼性が高い会社ということの証明でもあります。名前を聞いたことがないような怪しい会社を利用するよりは、信頼出来る会社を利用した方が良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ