> > > 帯広信金のカードローンは、個人事業主にも最適ですか

帯広信金のカードローンは、個人事業主にも最適ですか

一応個人事業主をやっていますが、ここ最近は業績が低迷しており、そろそろ融資を受けようと思っています。昔から付き合いのある帯広信金から融資を受ける場合、どのプランが個人事業主には最適なのでしょうか?現在個人的に契約しているのは「おびしんクイックカードローン」なのですが、限度額は限界まで上げても50万円です。

ベストフィルスーパーカードローンがお勧めです

ご希望の融資額にもよりますが、基本的にカードローンのようなスタンダードなプランでは、個人事業主の方には少々心許ないでしょう。個人事業主の方には、ベストフィルスーパーカードローンがお勧めです。営業年数が5年以上の自営業者の方ならば問題なくご契約できますし、気になる融資限度額も、なんと100万円から1,000万円。これなら、思い切った事業拡大にも対応できますね。
(⇒個人事業主向けカードローンの利息はどうなる?

しかし1つ気を付けて頂きたいのが、融資限度額の制限です。これは「ご契約者様の前年年収(税込)」、または「(不動産担保の有効担保価格-他のご融資への担保充当額)×(10/11)」、以上2つの内、低い方が融資限度額の上限となってしまいます。無制限に1000万円の融資が受けられるという訳ではありませんので、ご注意下さい。

希望する融資額に達しないようでしたら、おびしんきゃっするカードローンを契約するという手もあります。こちらの融資限度額は500万円まで。制限がベストフィルスーパーカードローンと異なりますので、ご自身の置かれた状況と照らし合わせ、じっくりと検討しましょう。

【参考ページはこちら】
個人事業主のカードローン審査には何が必要?

帯広信金のカードローンを利用してみたい!

帯広信金のカードローンを利用したいと考えてる人もいらっしゃるかもしれません。カードローンでは申込み条件を満たせばだれでも利用することができますが、まず審査に通過しなければなりません。審査は公に公表されているものではありませんが、申込者の返済能力を知るための属性がチェックされます。

例えば、年齢、年収、勤務先、勤務先の規模、居住形態、居住年数、家族構成、信用情報などがあります。年齢は働き盛りに近い年齢ほど審査には有利になります。勤務先は規模が大きければ大きいほど返済能力が高いと判断されます。居住形態では持ち家に住んでいることが有利になります。借家でも申し込みできますが、安定した家賃の支払いがあることが重要です。家族構成は一人暮らしより家族と住んでるほうが不利になります。

信用情報は、過去の金融事故の履歴、他社からの借入状況がチェックされます。(こちらもご参考に→銀行カードローンが作れたらブラックじゃないってこと?)個人信用情報センターというものがあり、そこに申込者の過去の金融履歴が収められています。帯広信金にしろどこにしろ、カードローンを利用するときは、銀行系か消費者金融系かを見極める必要があります。

銀行系と消費者金融系では特徴が違いますし、メリット・デメリットも違いがあります。銀行系のカードローンのメリットは、信頼性があることと、総量規制の対象外になることです。総量規制では年収の3分の1までしか借入ができませんが、銀行系ならその規制を受けません。また比較的に金利が安く設定されていることも銀行系のメリットです。これは消費者金融系や信販系と比べてみれば一目瞭然です。また銀行系はサービスが充実しており、利用できるATM器の台数も多いのが特徴です。

一方消費者金融系のカードローンは、総量規制の対象になりますが、審査時間は早いというメリットがあります。即日借入も可能ですし、急にお金が必要になる場合は消費者金融系が有利です。ただし借入は年収の3分の1までとなっています。
(⇒ブラックでも借りられる消費者金融のカードローンはある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ