> > > 広島信用金庫のカードローンはどんなことに利用できるか気になる

広島信用金庫のカードローンはどんなことに利用できるか気になる

子育てに追われている専業主婦です。先日ママ友に子供の教育資金の相談をしてみたところ、広島信用金庫のカードローンをオススメされました。あまり信用金庫のカードローンなど利用したことがないので詳しく知りたいです。広島信用金庫のカードローンはどんなことに使えるのですか?

カードローンは用途を限定されないローンなので子育て資金にも可

信用金庫と言えば、銀行と同じ融資業務や資産運用などのお金に関わることのエキスパートとして地域に密着している金融機関のひとつです。(こちらもご参考に→信用金庫のカードローン審査って厳しいの?)全国それぞれの地域で展開している信用金庫は、その土地や地域にある信用金庫ならではの、お金にまつわるいろいろなマネープランを用意しています。

「ひろしん」の愛称で親しまれている広島信用金庫のカードローンも、いろいろなプランがある信用金庫のひとつで中でもカードローンの種類は特に豊富に揃っています。

まずは「ひろしんカードローン」。このカードローンは普通預金を持っているひとが使えるキャッシングプラン。口座に限度額を設定することで、例え残高不足でも残高以上のお金を引き出せるシステムになっています。担保や保証人を用意する必要がないので非常に手軽に使えます。返済がいつでも出来るという点も嬉しいところです。

「ロンタン」というカードローンは、主婦やパート勤めのひとでも利用することが出来るプランです。申し込みは信用金庫の窓口専用で手続きや審査の結果が分かるまでが特に早いというシステム。窓口で申し込むという点は対面でのやりとりがあるので初めてのキャッシングでも何かと安心です。

そして子育て環境に適したカードローンもあります。「子育て応援イクちゃんカードローン」です。18歳以下の子供がいるひとが対象になっているプランで子育て応援事業のひとつでもあります。必要書類などは他のプランと違い、運転免許証などの他にも親権を所有していることを証明できるものを用意する必要があります。子供を育てるのは労力も、もちろん必要ですがお金も掛かるので子育てママさんやパパさんには助かりどころのカードローンでしょう。

他にも「ダイレクト200」や「いますぐまかせんサイ」などのプランが充実しています。これらは融資限度額が300万円や500万円という借入可能金額が大口になるカードローンでローンの一本化である借り換えや住宅ローンを組んでいるひとに適しています。

用途が限定されていないので、いろいろなことに使うことが出来る広島信用金庫のカードローンならうまく使っていくことで充実した生活を送って行けるキャッシングプランだと言えるでしょう。もちろん返済計画もしっかり立てて使うことが大切です。

【参考ページはこちら】
在籍確認がない銀行系カードローンってあるの?

普通預金にセットするだけ・広島信用金庫の「ひろしんカードローン」

広島信用金庫は、中国地方の政令指定都市として中心的な役割を担っている広島市内に本店を置く信用金庫で、周辺に多数の店舗を展開しています。

この広島信用金庫の個人向けカードローンとしては、窓口申込み専用ながらスピーディーな審査の「ロンタン」、満18歳以下の子供を育てる親世代が対象の「子育て応援イクちゃんカードローン」など、コンセプトがかなりユニークなものを含めていくつかの種類がありますが、そのなかでもっとも基本となっているのが「ひろしんカードローン」と呼ばれているサービスです。

この「ひろしんカードローン」は、手持ちの普通預金口座にローン機能を付与するもので、仮に口座の残高が不足した場合にも自動的に融資されるという特徴をもつ、簡単・便利なカードローンです。

利用することができるのは、契約時の年齢が満20歳以上満65歳までの、信用金庫の地区内に住所があるか、または勤務先がある人となっています。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業って何?)貸越極度額は最大100万円で、10万円単位で設定することができますが、極度額60万円以上の場合は広島信用金庫で住宅ローンを利用している人に限られていますので、実質的には50万円までとなっています。

仮審査については店頭での申込みのほか、インターネットやファクシミリでも申込みをすることができます。その先の契約に際しては、運転免許証、パスポート、健康保険証、顔写真付き住民基本台帳カードのいずれか本人が確認できる公的身分証と、ローン機能をセットする普通預金通帳、届出印が必要となっています。
(⇒カードローン審査の信頼度は?本審査に受かる確率はどのくらい?

契約期間は3年間で、原則として3年ごとに自動更新となっているほか、融資利率は年8.0%から年12.5%までの固定金利で、保証料込みとなっているために、別途保証人を要求されることはありません。返済は契約期間内の随時返済となっており、広島信用金庫のATMからいつでも返済できますが、利息分については毎年2月と8月の決算日翌日に貸越元金に加えられるしくみです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ