> > > 網走信金のカードローンにはどんな種類があるのか知りたいです

網走信金のカードローンにはどんな種類があるのか知りたいです

車が欲しいです。買いたいけどお金がありません。網走信金のカードローンで友達がお金を借りて車を買ったらしいので自分もそうしたいです。網走信金のカードローンにはどんな種類があるんですか?

網走信金のカードローンはオーロラカードローンが一番の商品です

新しいものが高いのは当たり前ですが車と言うのは元々が高額なもの。なので例え選んだものが中古商品でもそれなりのお金は掛かってしまいます。一括を現金で変えるお金があれば問題はありませんが、なかなかそんな大金を貯金するのは大変です。そんなときに利用できるのが、車やバイクなどの購入に使うことが出来るカーローンやオートローンですね。しかし、銀行でも手放しで貸してくれるわけではありませんよね。一般的に車に関するローンは審査が厳しく、なかなか借りることが難しいと言われています。

そこで、どうしたら良いのかと考え出されたのがカードローンで車を買っちゃいましょうという方法。カードローンは審査の基準がカーローンやオートローンより下げてあり、ある程度の金額であればパートやアルバイトでも利用できるという商品です。またその多くがお金の用途の指定がありません。なので車を買うことにも問題なく使えるのです。

網走信金のカードローンである「あばしりしんきんオーロラカードローン」も、そんな困難な車の購入に活躍してくれるカードローンです。特徴は6段階ある借入可能額。まずは小口の20万円から30万円、50万円、そして大口となる100万円、200万円、300万円までの借入額が用意されています。200万円から300万円の借り入れをするには前年の収入が300万円以上であることが条件にはなりますが、これなら高額の品物の購入に十分な金額が用意できます。

申し込みできる年齢は20歳から65歳までのひとで仕事をしていることが条件です。担保や保証人はいりません。カードローンを申し込んでローンカードを作りたいなら、まずは網走信金の窓口に問い合わせてみましょう。窓口の銀行員にいろいろ相談してみればどのくらい借りることが出来るのか、どんな返済計画を立てれば良いかなどが分かります。

インターネットの対応が多い中で網走信金は地元に根付いた金融機関です。生身のひとが対応してくれるという利点をフルに活用して上手にカードローンのシステムと付き合っていきましょう。

【参考ページはこちら】
函館信用金庫のカードローンは他と比べて低金利?

手続き簡単な網走信金のカードローン「しんきんきゃっする300」

網走信用金庫は、北海道網走市に本店のある信用金庫で、網走地区のほか、北見地区、帯広地区などに支店の店舗網を展開しています。この網走信用金庫は地元では「網走信金」の略称で親しまれていて、個人向けの融資商品なども多数取り揃えています。

カードローンに関していえば、保証人が必要なものの50万円から200万円までのやや大口の融資に対応した「えりあカード」など、いくつかの融資商品がありますが、なかでも手続きがより手軽で幅広い借り入れに対応したものとして、「しんきんきゃっする300」があります。

「しんきんきゃっする300」は、融資限度額が10万円からの比較的小口のものから300万円までのやや大口のものまで幅広くカバーすることのできる融資商品であり、契約期間は3年間の自動更新となっています。

この融資商品の申込みをすることができるのは、網走信用金庫の営業区域内に住んでいる個人で、年齢は20歳以上65歳未満の人となっています。また、安定した収入がある人であれば、正社員にかぎらず、アルバイトやパートの人でも申し込みが可能となっています。ただし、専業主婦については、限度額が50万円上限となります。事業用資金としては利用することができませんが、健康で文化的な生活を営むための用途であれば、特に使いみちについては限定されていません。
(⇒カードローンを利用したい専業主婦の方はこちらもご参考に

「しんきんきゃっする300」の申込みは、店舗やフリーダイヤルでのほかに、パソコン、携帯電話、ファクシミリといった方法でも受け付けているため、必要に応じて便利な方法を選ぶことができます。必要書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなど本人確認のできる書類の写しだけで、わずらわしい収入証明書などは必要ありませんし、保証人・担保も同様に必要ありません。

金利は年9.80%から14.6%までの固定金利で、元本と金利部分を毎月7日に定額返済することになります。この場合の返済額は、借り入れの残高が50万円以下であれば10,000円と低く抑えられています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ