> > > 銀行のカードローンを申し込んだときに信用される方法を教えて!

銀行のカードローンを申し込んだときに信用される方法を教えて!

やっと就職できて3ヶ月ほど経った社会人です。就職に伴い実家を出て、一人暮らしをしているのですが出費が多かった月に家賃が払えなくなってしまい、近くの銀行でカードローンを申し込んのですが借りることが出来ませんでした。まわりの意見などを聞いたら信用が問題なのでは?という話でした。信用される方法って何なのでしょうか?

信用とは信用情報のことでローン利用歴や年収などが関わっている

せっかくカードローンを申し込んでも審査に通過できずに使うことができないという話は珍しいことではありません。特に最近では銀行系カードローンもパートやアルバイト、専業主婦などもプランを選ぶことでカードローンの審査にも通過できるようになり、非常に多くのひとが利用しています。

さて、銀行に限らずカードローンの申し込みをするときには「信用」がつきものであると言えます。この「信用」というのは「信用情報」というもののことでキャッシングの申し込みには大きく関わってきているのです。では、このあまり耳馴染みの薄い「信用情報」とは何なのか説明しましょう。

信用情報とは、わたしたちひとりひとりが関わってきたお金の支払い状況などのことを言います。クレジットカードの申し込みや利用、キャッシングの申し込みと利用などの、お金の支払いの状態が主です。最近では携帯電話の本体代も分割で支払うようなシステムになってきたので、これも信用情報のひとつになります。また、他にも個人名、住所、年齢と個人情報に関することや就職先、収入、勤続年数も信用情報として登録されています。

銀行のカードローンの申し込みをしたとき、この信用情報を申し込み書類などと照らし合わせたりクレジットやキャッシングの支払い状況などを確認して、「お金を貸しても問題ないか」また「定期的な返済が出来るか」を判断するのです。これらの信用情報は「信用情報機関」が管理していて、銀行や消費者金融にキャッシングを申し込まれたとき必ず照会し確認することが決められています。

また、申し込んだひとはキャッシングの契約書に「信用情報を銀行側に見せても良いか」という項目に承諾する必要があります。見せることを拒否すれば借り入れの許可が下りませんが、勝手に見られてしまうということはありません。

信用情報の確認などを行った結果、審査に通過できなかったというふうになってしまうケースはいくつかありますが、その原因として考えられるのは勤続年数であると言えます。就職したばかりではキャッシングの申し込みはできても審査に通過することはできません。(こちらもご参考に→何故か分からないけれどカードローン審査が通らないとき)また、クレジットカードの利用などが全くないという場合も、信用情報を意図的に変えたのではないかという可能性も考えられるため審査に通過できない場合があります。

信用情報は信用情報機関に問い合わせることで、自身の登録内容を確認できます。気になることがあったり、クレジットカードやキャッシングの申し込みをするという予定がある場合には、事前に確認しておくと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

銀行カードローンは信用つくのかと言うとつきます

銀行の取り扱っているカードローンは、他の金融機関と同様に、申込者が申し込みを行うと、定められた審査を行います。そして、審査に通ることで初めてカードローンを利用することができるようになります。(こちらもご参考にどうぞ→銀行系カードローンの魅力ってどんなところ?

ここで注目すべきは、審査があると言うことです。銀行カードローンは信用つくのかと言う疑問をお持ちの方に対しては、この審査に通ることで信用がつくとお答えできます。

どうしてかと言うと、銀行カードローンに審査がある理由は、申し込みをしてきた人にお金を融資する際に、きちんと返済してくれるかな、と言うことを確認するためにあるのです。

例えば公務員や企業のサラリーマンのような、勤務先があって、毎月決まった収入がある人ならば、お金を融資しても返済が滞る心配は少ないと見做せますから、銀行としてもお金を融資しても大丈夫と判断します。勿論、収入も高い方が申込者の信用力は増します。

銀行カードローンの審査は、申込書に記入された情報に基づいて行われます。上述した収入の他にも、勤務先や勤続年数といった、収入にかかわる事柄の他にも、居住形態や居住年数、それに既婚かどうかと言ったことも審査されます。

勤務先や勤続年数は、申込者がどこの企業にどれだけの期間勤務しているかを知ることによって、その申込者がコロコロと仕事を変えずに、まじめに仕事を続けているということが判断できます。現在の勤務先への勤続年数が極端に短いと、審査に通らない可能性が高くなります。

居住形態や居住年数に関しては、住所がコロコロと変わることなく、一定の住居に長く住んでいる方が信用されますし、持ち家であれば、借家に住んでいる人よりも信用されます。また、結婚していれば、家族を養うために生活を安定させる必要がありますので、独身の人よりも信用されるのです。

銀行カードローンを契約できるということは、このような審査項目をパスすることで、申込者が信用できる人物であるということを意味しますし、特に大手の銀行カードローンを契約すれば、そのような大きな銀行に信用されているという証になりますので、更に信用がつきます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ