> > > 信用金庫のカードローン審査に通過する特別な方法なんてある?

信用金庫のカードローン審査に通過する特別な方法なんてある?

地元にある信用金庫のカードローンへ申し込もうかと考えているんですが、種類も多くあるし、何か審査に通過しやすくなる特別な方法などはないでしょうか。地元にはあるんですけど、専ら銀行を利用しているので、信用金庫の取引きがどんなものかよくわからないんですよね。

経営規模が銀行よりも小さいことを考えたら…と考えてましょう

仰るとおり、各信用金庫に用意してあるカードローンの種類は銀行の比じゃないですね。それだけ幅広く、多くの人に利用してもらいたいという願望の現われでもあるかのように感じます。

地方銀行などと比べても、信用金庫は営業エリアが限定され、その分対象となる顧客予定者数も減ることになります、その中で同業他社に負けない商品を展開していかなければいけないのですから、それだけ幅広く、しかし確実に返済してくれる優良客を求めていると考えられますよね。

となれば、銀行よりも借りやすくする方法は簡単に見つかりそうな気がしませんか?一番のお勧めは、その信用金庫のお得意様になることです。給与振込は会社指定などの問題で難しい面もあるでしょうから、公共料金の引き落とし口座を作るとか、定額預金を少額でも開設するとか、いろいろな方法で信用金庫にアプローチをすることは可能です。

身近に感じられると安心感も増してくるのは、人付き合いと一緒ですよね?ふだんから贔屓にしてくれているお客さんだし、カードローンの申込みも無下に断れないな…と思ってもらえたらラッキー。日頃のお付き合い次第ではカードローンだけでなく、マイカーローンや住宅ローンの相談にも積極的に乗ってくれる可能性だってあるわけです。

ご自分の収入や働き方に見合ったカードローン選びももちろん大切ですが、こういった伏線を張っておくのも、ひとつの世渡りのコツなのかもしれませんね。

信用金庫カードローン審査通過方法について

信用金庫カードローン審査通過方法は一般的なカードローンの審査と変わりません。金融機関のローンの審査と言えば厳しいと思われがちですが、現在の多くのカードローンは消費者金融と提携していることも珍しくなく、また、消費者金融のノウハウを得ている場合も多いので審査は消費者金融並に簡素化されている場合も多いようです。

信用金庫カードローンの審査は2つのポイントがクリアできれば通過することが多いと言われています。1つは収入の3分の1を越えないこと。もう1つは借入件数が少ないことです。借入額が収入の3分の1を超えないようにしたい理由は消費者金融向けの法的制限に準拠した審査が行われることが多いからです。

消費者金融には総収入の3分の1を超える現金を貸し出してはならない法的制限があります。信用金庫のカードローンは適用しませんが、消費者金融のカードローンを代理販売している場合や保証会社が消費者金融の場合も増えているので信用金庫のカードローンといえども法的制限に当てはまる事も多いようです。また、法的制限には当てはまらなくても社内規程で制限をしていることも多いので収入の3分の1は目安として利用できます。

2つ目のポイントは借入件数を抑えることです。借入件数は借入額とは違い見過ごされがちですが、日々の返済に大きく影響するため、審査時には要チェック項目と言われています。借入件数は多いと生活に影響が出ていると判断されることもあります。例えば100万円を1件で借りて月の返済が3万円の方と100万円を10件で借りて月の返済が10万円の方ではまったく違うということです。そのため、借入件数が多い場合にはローンをまとめられるおまとめローンなどを利用することをオススメします。

おまとめローンはローンをまとめることに注目したローンなので借入件数よりも借入額と収入によって審査が行われるので収入と返済金額によってはカードローンよりも通りやすいと言われています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ