> > > さがみ信用金庫カードローンで事業資金は借りられるのか

さがみ信用金庫カードローンで事業資金は借りられるのか

42歳の自営業です。このところ、資金のやりくりが厳しくなってきて、ローンを利用しようかと思っております。事業資金を少額でも借りるには、信用金庫のカードローンは向いているのでしょうか。手軽に審査を受けることができるので、急いでいる私にとって、地元のさがみ信用金庫カードローンが魅力的です。事業資金を信用金庫で借りるには、カードローンだとデメリットがあるのでしょうか。

さがみ信用金庫のカードローンは事業資金には不向き

そもそも、カードローンというのは、事業資金の調達には向いていません。たとえ、地元密着型であるさがみ信用金庫であっても、カードローンを事業資金に使うのは危険です。

なぜなら、カードローンというのは、手軽に借りられるというメリットがあるからこそ、金利が高いからです。さがみ信用金庫のカードローンだけではありません。どの信用金庫も、どの銀行もどの消費者金融会社も、カードローンは金利が高いです。もちろん、審査がスピーディーに受けられることや、カード一枚さえあればかんたんにお金を借りられることなど、メリットが非常にたくさんあるのがカードローンですが、そのぶん、やはり金利も高くなっているのです。

個人的に、給料日前のピンチを救うために利用するのならばよいですが、事業資金ともなると、そのお金をもとでにしてお金を稼がなければなりませんから、そんなに高い金利のローンを組んでしまったら、金利の支払いで困ってしまいます。事業資金のローンを組むのなら、もっと金利の低いものにしなければなりません。

そのために、さがみ信用金庫でも、別の目的ローンを用意しています。国のローンでも、個人事業主のためのローンが、低金利で用意されています。カードローンの金利に比べると、10パーセント以上違います。あなたの大切なお仕事とお金を守るためにも、金利の低い、事業資金のためのローンに申し込みするべきでしょう。

【参考ページはこちら】
個人事業主はカードローン審査に通れない?

さがみ信用金庫カードローンの特徴について

さがみ信用金庫と言うのは、神奈川県小田原市に本店が在る信用金庫です。信用金庫の特徴として言える事は、地域に密着した営業スタイルを持っている事です。さがみ信用金庫は、地域住民のための信用金庫として様々なサービスを行っています。個人向けローンの1つにさがみ信用金庫カードローンが有ります。

さがみ信用金庫カードローンは、インターネットとファックスでの申込みが可能になっています。また、申込みを行う事で仮審査受付と言う形になり、審査結果に応じてカードローンを利用する事が出来ます。尚、さがみ信用金庫カードローンの申込み条件と言うのはどのようになっているのでしょうか。

さがみ信用金庫では、この信用金庫の会員、もしくは会員たる資格を保有する人、契約を行う時点で満20歳以上、65歳以下の人,
そして安定した収入がある人などで、これらの条件を全て満たしている人が申込みを行う事が可能になるのです。

尚、信用金庫の会員や会員たる資格を有するというのは、さがみ信用金庫に普通貯金口座を持っているなどになります。この信用金庫に普通貯金口座を持つことが出来るのは、信用金庫の営業エリアの中に住んでいるか、営業エリアの中にある会社に勤めている人などが対象になります。そのため、地域密着型の営業スタイルを持っているのです。

また、安定した収入と言うのは正社員だけではなく、アルバイトやパートをしている人も対象となりますので、パートをしている主婦、アルバイトをしている学生なども年齢の条件を満たしている事でカードローンの申込みが出来るのです。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って決まってるの?

尚、さがみ信用金庫カードローンの利用使途ですが、使い道は原則自由になっていますが、事業性資金としての利用は出来ません。旅行費用、アパートなどを借りる時の敷金、礼金、前家賃、仲介手数料などの支払い、引っ越し費用、入院や通院などの費用、家計の足しなど様々な利用目的で使う事が可能になっているのです。

また、このカードローンの利用限度額は、50万円から10万円単位で、最大500万円までとなります。利用限度額や限度額に応じた金利は審査により決定します。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ