> > > 信用金庫のカードローンの審査基準ってどうなっているの?

信用金庫のカードローンの審査基準ってどうなっているの?

大手自動車会社に勤務している40代の男性会社員です。来月に実家の法事でちょっとお金が必要なんです。で、どこかで借りようかと考えています。

そこで消費者金融か信用金庫かで迷っているのですけど、どちらの方が良いでしょうか?もちろん各々に借りるメリットはあると思います。自分としては信用金庫のカードローンの利用を第一に考えているのですが…。そこで信用金庫のカードローンの審査基準についてお聞きしたいのです。よろしくお願いします。

信用金庫のカードローンの審査基準は緩めです

信用金庫のカードローンの審査基準は、そんなに厳しくないと言えます。どちらかと言えば、審査基準は緩めと言ってよいのではないでしょうか。ただし、消費者金融のカードローンの審査基準よりも厳しめになると思いますよ。

まず最初に信用金庫のカードローンの審査基準に共通した点を指摘すれば、継続した一定の安定収入があること、各々の信用金庫の営業エリア内に居住、もしくは勤め先があること、勤続年数が1年以上あること、そして年収については150万円くらいあることといったことでしょうね。

このような申し込みと融資の条件は各々の信用金庫によって多少のバラつきはあると思われますが、このような条件が規定されている点を鑑みれば、信用金庫のカードローンの審査基準は甘めとは言えないと思います。

特に年収制限を設けている場合には、信用金庫のカードローンの審査基準は厳しいと感じられますね。なぜなら、消費者金融はむろんの事、銀行のカードローンの審査基準でも年収制限を設けているところはほとんど無いと言えるからです。

他方、信用金庫は本質的に非営利の協同組織ゆえに、地域の発展や地域住民への奉仕といった点を経営理念に掲げているところが多いので、地元の利用者の場合には審査基準に対して柔軟に対応してくれる可能性もありますね。

また、非営利の協同組織だからこそ低金利ともなっている訳なのです。つまり、銀行や消費者金融とは異なり、融資することで利益を上げることを第一義的にしている訳ではないので、地域住民や地域の発展に貢献するとの名目で先の審査基準をすべて満たせなくても融資してもらえる場合はあるとも思われます。

その意味から言えば、信用金庫のカードローンの審査基準は比較的柔軟性に富んでいると考えてよいかもしれません。加えて、信用金庫のカードローンの審査基準での厳しさや甘さは、カードローン審査の保証会社によって異なる場合があるのです。

信用金庫のカードローンでは、信金保証基金が保証会社につく場合と、信販会社が保証会社となる2つのケースがあるのです。そして、信金保証基金が保証会社となるカードローンの場合は審査基準が厳しめとなる傾向があり、他方で信販会社が保証会社となる場合には審査基準が緩めとなるようなのです。

それゆえ、信販会社の場合には、フリーターやアルバイトといった低い属性であっても審査に通してくれる場合が多いようです。以上のように、いくつかの条件や制限はあるものの、信用金庫のカードローンの審査基準は厳しいと言うよりは、緩めと言ってよいように思われます。

信用金庫のカードローンを利用するときの審査基準は

銀行に比べると、親しみやすく感じるのが信用金庫です。地域に密着し、昔からあるところが多いので、初めてのカードローンは信用金庫を選ぶ方が、安心できるかも知れませんね。信用金庫は消費者金融に比べると、金利が低くなっているところが多く、信頼性が高いので、長期で借りる場合には向いています。スタッフの教育もしっかりしているところばかりですから、わからないことがあるときも非常に丁寧に教えてくれます。若い方から高齢者まで、気軽に利用できる金融機関なので、お金に困ったときにはぜひ利用するようにしましょう。

信用金庫のカードローンに申し込む方法は、直接店舗まで行くことというのが一般的ですが、電話やインターネットからでも申し込めるので、お好きな方法を選ぶと良いでしょう。店舗に行くと、知人に会う可能性があるので心配という方は、パソコンやスマートフォンを利用すれば、誰にも会うことなく申し込めるので便利です。担保や保証人は不要ですし、少額融資であれば収入証明書もいりません。必要なのは身分証明書だけなので、運転免許証や健康保険証のコピーだけは用意しておいてください。

信用金庫のカードローンに申し込むと、審査が行われるので、その審査基準が気になるという方もあるでしょうね。一般的には20歳~65歳前後の方で、毎月一定の収入がある方なら、どなたでも利用できるようになっています。収入があり、返済能力があることが認められさえすれば良いので、それが多い少ないというのはあまり関係ありません。派遣社員、契約社員、パート、アルバイト、自営業などでもOKですし、仕事をしていて、収入のある主婦や学生でも審査に合格することが出来ます。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業について教えて!

審査基準から外れる人というのは、多重債務者だったり、住所不定や無職の方になるので、そうでない方は落ちる心配をする必要はないでしょう。万が一、審査に落ちた場合は、もっと審査の甘い信用金庫を探して、申し込むようにしてください。

【参考ページはこちら】
審査基準が甘いカードローンを利用するときの注意点

新着記事
カテゴリー
ページトップへ