> > > 瀬戸信用金庫カードローンは上限が多いベンリーすれば良いです?

瀬戸信用金庫カードローンは上限が多いベンリーすれば良いです?

瀬戸信用金庫のカードローンは二枚ありますよね?それならやっぱり条件が良い方を選ぶのが勝ちだと思うので、ベンリーというカードの方を選ぶのが正しい判断って事ですよね?

もう一つのカードローンはセトカという物ですが、こちらを選ばない理由というのは至極明快、限度額が少ないからですね。他の詳しい条件は見ていないのですが、限度額が100万までのセトカと300万までのベンリーだと、三倍もの差が付いているのだからそもそも勝負にならないと思いませんか?というか、もうベンリーだけを提供してくれれば特に利用者も迷わないから良いと思うのですが…。

まさか、限度額にここまで差が付いているセトカを選ぶ理由はありませんよね?とりあえずベンリーを選んでおけば良いのか詳しく教えてくれると良い後押しになりますのでお願いします!

少額融資ならセトカの方が良い場合が多いです

もう質問者さんの頭の中だと完璧にベンリーが上位互換になっちゃっているっすけど…それだと、瀬戸信用金庫が無意味なカードローンをわざわざ提供しているって事にもなりかねないから、それって正直顧客側としてはどうかと思わないっすか?世の中に矛盾はつきものっすけど、お金も関わるような金融業でそんな変な矛盾を作っていると、競合他社にあっという間にシェアを奪われてしまうっすよ。

ベンリーは限度額だけで見ればたくさん借りられる事がある分、セトカよりダントツで上に見えるっすね。でも、たくさん借りるにはより難しい審査に通過しないといけないし、全ての人がそれに通過出来るわけでも無ければ、そもそも少額融資で十分と考えている人も居るっす。そして少額融資でOKという人にとっては、セトカの方が優れている面が多いんすよ。

セトカというのは、金利が必ず10%で固定になっているっす。ベンリーは借りられる限度額で金利が変わるんすけど、例えば必要最低限の枠である10万しか借りない場合、ベンリーだと14%くらい取られる事があるけど、セトカなら10%で固定となっているっす。ベンリーで10万借りるというのなら、むしろセトカに勝っている部分が皆無になってしまうこともあるんすよ。

だから、少額融資を受けるならセトカ、たくさん借りるならベンリーの方が優れているって認識さえ持っておけばOKっす。少額融資には十分な需要があるのだから、セトカとベンリーは二つの選べるプランとして存在しているんすよ。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を知りたい!

瀬戸信用金庫の2つのカードローンについて

瀬戸信用金庫は愛知県全域と岐阜県の一部を営業区域とする信用金庫で、本店は瀬戸市ですが、最も支店数が多いのは名古屋市で32店舗となっています。地元では「せとしん」の愛称で親しまれており、瀬戸市や尾張旭市、長久手市などの指定金融機関にもなっています。

瀬戸信用金庫のカードローンは、融資極度額が10万円から300万円の「ベンリー」と10万円から100万円の「セトカ」で、どちらも使い道は自由です。(事業資金を除く)

「ベンリー」を利用できるのは満20歳以上72歳未満で収入のある人です。融資極度額は10万円以上300万円以内で10万円単位となります。専業主婦も配偶者に収入があれば利用することができますが、融資極度額は100万円以内となります。パート、アルバイト、学生、年金受給者も同様です。(こちらもご参考にどうぞ→学生に人気のカードローンを教えて!

「ベンリー」の利率は変動金利で、利用額ではなく保証会社の審査結果によって決まるのが特徴です。年4.9%、8.9%、14.0%のいずれかになります。金融情勢によって年1回見直しをします。返済額は返済日前日の最終繰越残高によって決まります。5,000円を超え30万円以下である場合は5,000円、200万円を超え300万円以下である場合は4万円で、100万円刻みで変わってきます。ATMからの随時返済も可能です。収入さえあれば比較的幅広い人が利用できるのが特徴となっています。

「セトカ」を利用できるのは満20歳以上65歳未満で安定継続した収入のある人です。極度融資額は10万円以上100万円以内で10万円単位となります。ただしパートやアルバイト、専業主婦の人は50万円を限度とします。
(⇒専業主婦専用のカードローンなんてあるの?

「セトカ」の利率は固定で、年10.0%です。期間中、適用利率の見直しは行いません。返済額は毎月一定で、融資極度額によって決まります。極度額が10万円であれば返済は月5,000円、極度額が60万円~100万円であれば返済は月20,000円となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ