> > > これから県外に行きますが高知信用金庫はカードローン使える?

これから県外に行きますが高知信用金庫はカードローン使える?

親戚の家に三泊四日で向かう事になりましたので、数年ぶりに高知県外に行きます。高知は生まれたときから今までの25年間暮らしているわけですが、時々は県外というのも行ってみたくなるのですよね。

お金に関しては十分財布に入れているつもりですが、やっぱりせっかくの県外に向かうというのなら、ついつい衝動買いもしてしまうかもしれませんよね?そんな時の為に備えてカードローンも持っていくつもりなのですが、私が持っているカードローンは高知信用金庫のものです。名前の通り高知内での利用なら事欠かない一枚ではありますが、当然県外には支店があるわけでもなく、県外に持って行っても役立つのかな?と疑問に思います。

高知信用金庫のカードローンは、県外でも使えるのでしょうか?

提携金融機関が多いのでおそらく何とかなるでしょう

信用金庫ってその地方毎に違う業者になるから、確かに県外に行く時は不安になるじゃん?高知県外にも支店があるならそもそも高知信用金庫っていう名前は変だし、そんな信用金庫は他にも無いことから、みんな信金のカードローンだと使えるところが少なすぎるって思い込んじゃうんだよねー。

でも、高知信用金庫のカードローンは同じ信金の支店でしか使えないと、正直いって高知内でも不便じゃん?だから、高知信用金庫は提携ATMっていうのもいくつかあるから、それを使って取引もできたりするってわけよ。どんなところが使えるかというと、結構有名どころとも提携してたりするからびっくりするかもよ?

都市銀行、地方銀行の一部と提携しているだけじゃなくて、何と有名なゆうちょ銀行ATMにもきちんと対応しているのは大きいじゃん?ゆうちょ銀行っていうと高知でも見る事があるくらい、全国各地どこでも支店とATMがあるでしょ?仮に県外に行ったとしてもゆうちょなら確実にあるから、高知から出たらゆうちょを探しておけば概ねOKってわけなのよ。もちろんその地方のどんな地銀に対応しているかも知っておけば、さらに便利にカードローンを使っていけるよね?
(⇒ゆうちょ銀行のカードローンってあんまり知られてないの?

信用金庫は高知だけじゃなくて、他の信用金庫も今ではたくさん提携ATMがあるから、実は予想以上に使える県が多いって事なのよ。作るならその地方に住んでいる必要があるけど、一定期間遠出するくらいなら、十分他地方でも活躍してくれるから安心してカードローンも持っていくと良いって思うな。

総合口座に付帯の高知信用金庫「パックカードローン」

高知信用金庫は、高知県高知市に本拠を置く信用金庫で、高知県内の広い範囲にわたって支店や機械化出張所を開設しています。この高知信用金庫の個人向け融資商品としては、乗車ローン、教育ローン、バリュー住宅ローン、福祉プランなどの資金目的に応じたものを多く揃えていますが、カードローンとしては「パックカードローン」とよばれるものがあります。

この商品は、既存の高知信用金庫の総合口座にローン機能を追加してセットするもので、契約後に交付される「パックカード」を使用することによって、高知信用金庫のATMのほか、全国の提携金融機関のATMからローンを利用することができるというものです。出張先や旅先など、居宅から遠く離れた場所であっても、急な入用のときにすぐに対応できる便利なサービスです。

このカードローンの融資限度額は、30万円タイプと50万円タイプの2つから選ぶことができ、信用金庫との取引期間や内容によって、30万円タイプからスタートした場合であっても50万円に引き上げられるようになっています。資金の使い道に関しては、事業資金としては不可であるものの、暮らしに関わる資金であればなんでも自由に使うことができます。しんきん保証基金の保証制度が使えるため、契約にあたって別に担保を要求されたり、保証人を立てたりする必要もありません。

このカードローンの契約期間は原則として3年間ですが、所定の審査によって、その後も自動的に契約が更新されます。融資利率は、年8.000%から年15.000%の範囲内となっており、金融情勢によって変動します。給与振込・年金振込や公共料金自動支払い、積立預金の開設などによるポイント制度があり、このポイントが多くなれば、最大で7%の金利優遇が受けられる特典もあります。

利用できるのは、満20歳以上、満65歳未満の人で、高知信用金庫に口座を開設する人となっています。申込みにあたっては、運転免許証などの本人確認書類とともに、ローン機能をセットする口座の通帳と印鑑が必要となります。

【参考ページはこちら】
愛媛信用金庫のカードローン審査は厳しい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ